スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持ってて損のないカードトップテン黄編

 前回→持ってて損のないカードトップテン緑編

 ようやく上がりました、黄色編。上げた理由は上位10枚が固まったからではなく、「これ以上は優秀なカードないだろ」って思ったからですがw
 いやー、いっつもカードリストと睨めっこしてるんですが。友達もこれ以上は挙げられないみたいですし。
 というわけで、早速 紹介します。
 ※ピン→1枚でも強い! 複数→多いければ多いほど強い!
 ※著者の偏見が混じっています。ご注意ください。

 10位:使い魔 リニス(ピン)
 コメント:黄色ながら相手ターンに強いキャラで相手にフロントアタックさせづらい為に生存時間は長い。初見で戯れるフェイト&アルフが入ってるかどうかはまず見破られないので、別に入っていなくとも十分に活躍できます。ただし手札にないのがバレるとただの貧弱キャラなので、普通のプレイングとは違うプレイを要求されます。

 9位:部室の長門&小泉(ピン)
 コメント:助太刀性能は多少低いものの、チェンジや回収へのメタやダメージ率の上昇などの幅広い戦術が可能。使用コストは手札1枚と安くはないもののCXなどを捨てるのができたり、特徴の超能力もそこそこ優秀。ただし、下降補正が地味に痛い。

 8位:“前向きマジック”小毬(ピン)
 コメント:唯一応援でアンタッチャブルが付与できるキャラ。パワー補正がない為に使いにくくはあるものの、チェンジ等のバウンスを防げたりと特に黄を相手に力を発揮しやすい。しかしながら、パワー補正無しを後列の1枠に埋めるのは正直キツいので、不必要だと思ったらレベル置き場における判断力も必要です。

 7位:“気ぐるみ”佐々美
 コメント:前回でも紹介した天才魔法剣士と同等のパンプ値で実質ノーコストパンプでは優秀。パワーも標準を維持しており、特徴も動物とスポーツと優秀。ただし、レベル2で出すと前列に穴ができるので注意。

 6位:贅沢な悩み(ピン)
 コメント:一番汎用性が高いアンコール封じ。CXが必要なく、必要レベルは最低で、前提条件も必要なし。ただしイベントは回収しづらく、握っておかないと必要ある時にない、というのもありえるので注意。

 5位:結弦の心臓 かなで(ピン)
 コメント:標準のレベル3キャラにアンコール封じがついたキャラ。飛んで行く場所が思い出の為、再利用もほぼ不可能というダメ押しっぷり。ただしあくまで標準なので、“最強無敵の電撃姫”美琴のようなオーバースペックキャラは苦手です。

 4位:キョン&小泉(複数)
 コメント:黄色ながらに疑似相討ちとアンコール封じを持ち合わせたカード。青変で紹介した長門 有希などのキャラを軒並み封じ、更に“優秀なスパイ?”沙耶などの相討ちメタキャラにも有効。ただし、ストックの1番下を覚える必要があったり、レベルパンプされると無意味になるので注意。

 3位:守護者セイバー(ピン)
 コメント:デメリットアタッカーにアンコール封じとCXシナジーで後列除去がついたハイスペックキャラ。コスト0の中ではパワーが高いのでかなり制圧力を有し、アンコールさせないので一時的にパワーが跳ね上がる専用CXとも相性○。チャンプアタックには若干 弱いものの、制圧力が高いと考えれば無問題。
 「相手の後列をキャラで倒したい」というあなたに

 2位:雪原の妖精 白レン(複数)
 コメント:使うプレイヤーがどうでもいいと思うデメリットを詰め込んだ高性能パワーデメリットアタッカー。そのパワーなんと1/2バニラにまで達してしまうほど。それほどのパワーを考えれば代償にしたトリガー+1とレベル置き場にレベル2カードを置くことなど些細なことに違いないでしょう。
 「早くから高パワーで場を制圧したい」というあなたに

 1位:雪風のタバサ(複数)
 コメント:自ターン中にバニラを一方的に倒せる3500になってしかもアンコールがついた攻撃型の安定アタッカー。アドの損失を防ぐ保守的な長門 有希とは対極に位置し、こちらは逆に相手のキャラを減らして行ってダメージを抑える積極的なキャラと言えます。相手ターンは1500と貧弱ですが、アンコールがあるのでこちらのターンで返り討ちにできます。
 「序盤から安定して攻撃したい」というあなたに

 ……ふぅ、ようやっと終わりました。なんか達成感があります。
 著者は全てのエキスパンションに精通している訳ではないので、1枚1枚のカードを見るのがまず大変でしたね(それでも全部は見てませんが)。
 次回からは何か著者が書きたいと思う記事がない限り、検索の誤爆から更新しようと思ってます。それとも用語集はさっさと埋めた方が良いのなかぁ……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

黄色なら

紫炎と緑炎、“契約の鍵” 主人公、ディスペル・マジック

も優秀ですよww

Re: No title

 コメントありがとうございます。

> 黄色なら
> 紫炎と緑炎、“契約の鍵” 主人公、ディスペル・マジック
> も優秀ですよww

 黄はやっぱり癖が強いんですよねぇ。
 紫炎と緑炎は倒されたキャラを回収できる代わりに相手もチャンプアタック要員を回収できる訳で……。そうするとアドは0:1で損なんですよ。使い時が相手の場が完成してる時に限られる……と考えると悩みますよねぇー。
 “契約の鍵”主人公は7000にパワー+2000CXを張られるとなすすべがないっていうのと、チャンプアタックで味方を巻き込むのがなぁーって感じです。
 ディスペルマジック当たれば強いんですが当たらなきゃ微妙ってのはゼロ魔では周知の事実なんですが、やはり3枚集中っていうのは使い時は難しいんですよね。圧縮率を上げたと言っても手札1枚とストック1つを使ってやるもんでもないですし……。

 部室の長門&小泉は友人と共通認識で「微妙」という印象です。広い範囲でメタれるんですけど、手札1枚がでかいんですよねぇ。せめて補正が3000か、コストが1だったら文句はなかったんですが……。
 使い魔 リニスが友人は反対みたいです。個人的には「“黄”で相手ターンが強いキャラ」っていうのは優秀かと思ったんですが、友人はそうは思ってないようで。

 総合して、今回は微妙だったかなぁ……?というのが、著者読者様の共通の認識かと思います。中途半端なのを上げて申し訳ないです……;;
プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。