スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆アンコール

 前回→みくるエンジン

 今回は若干、タイトル迷いました。絆ビートはすでに単語あるけど、ただのギミックだしニュアンスが違う……。、という感じなので、造語 作っちまったぜw
 要は絆と手札アンコールを組み合わせるだけなんですけどね。

 【自】 絆/「対応キャラ」 [①] (このカードがプレイされて舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「対応キャラ」を1枚選び、手札に戻す)

 【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠にレストして置く)


 一言でいうと「1コストアンコールができるようになります」ってことです。
 ギミック的には、

 1、アンコールキャラを場に出す。
   ↓
 2、絆キャラを場に出して、絆発動。対応キャラを回収する。
   ↓
 3、アンコールキャラが控え室に行った時に、回収した対応キャラをアンコールコストにする。
   ↓
 4、全体的にみると、手札はプラスマイナス0で1コストだけ使っていないのに、キャラがアンコールできてる。

 となります。絆キャラを引き続ける限り、疑似的に1コストアンコールができる訳です、そして1コストは1アタックで補うことができるので、自ターンから次の自ターンまでに2回たおされない限りはこのギミックが使えます
 その性質上、アンコールキャラは片方のターンがパワーアップする雪風のタバサIndex-Librorum-Prohibitorumのようなカードが相性 良いですね。
 また絆アンコールが突破されても、絆で得た豊富な手札でその時々に応じたプレイがしやすいのが長所です。

 短所としては、必ず前列に穴が空いてしまうことです。絆キャラは総じてパワーが低いので仕方ないのですが、相手のアドを削れないとなると余裕を取らせてしまいます。
 また絆キャラを引き続けなければならないので、必然的にデッキの枠が少なくなってしまいます。絆キャラを削ることもできますが、そうすると成功率が下がるので注意が必要ですね。

 まとめると、

 長所
 ・疑似的に1コストアンコールキャラとなる為、場持ちが良い。その性質上、アンコールキャラは片方パンプがついているキャラは相性が良い。
 ・絆による優秀な手札補充によって、手札アドが取りやすい。状況に合わせた戦術が取りやすくなる。
 ・ギミックに後衛は必要ないので、自由に選べる。
 ・絆とアンコールキャラさえいれば、どのタイトルのネオスタンでもできる為、構築自体は幅広い。

 短所
 ・絆持ちは総じてパワーが低いので前列に穴が開きやすい。
 ・ギミックを続ける為には絆キャラを引き続ける必要があるので、確実に発動させるならデッキにかなりの数の絆キャラが必要。
 ・自ターンから次の自ターンまでにアンコールキャラが2回 控え室に送られると、戦線が崩されやすい。


 こんな感じになります。
 2回 倒されてはいけないので、カウンターに注意しましょう。ネオスタンならタイトルで出せるカウンターが決まっているので、覚えていればそれを参考に立ちまわれます。

 いかがだったでしょうか?
 昨日のランキング赤編を見直してみたんですが、コンテンツとしては内容が薄いような気がしました。やはり寝不足はいけませんね。今日もやってしまったので、十分な睡眠をとるよう気をつけようと思います。

 次回→耳掃除チェンジ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。