スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ! 大会に行こう!

 前回→アタックフェイズの流れについて、あれこれ

 ……うん、予告と違う記事を書くのは初心者~でもおなじみの癖ですね(笑
 なんでですかねぇー。なんかその時は「こういう記事内容にしたら楽だな」って考えるんですけど、よくよく考えてみると「この記事むずっ!」っていう感じなんですよねぇー(苦
 早急に「スタン編の格安デッキだせや、コラァ!」っていう方がいましたらお手数ですが、強いけど~の『“頑張り屋さん”クド』にて紹介されています。主要カードの4種+その他で構成されているので、投入金額によっては若干の強化もできますし、お好みのカードを使えます。

 さて、本日の誤爆。「ヴァイスシュバルツ Angel Beats! 大会 デッキ」。
 残念だったな。著者はエンビーのデッキなんて見たことないぜ!w
 アニメ見たけどね推進エンジンを見る度にアニメ見たくなります。あの回はマジでやばい。
 それでエンビーのデッキですが……。しょうがないですね、近日中にアップしましょう。
 最近、専門外の記事ばっかで頭が痛くなりそうです。著者の本領はなのはとか……あとなんだっけ?

 今回は息抜きに簡単な記事です。
 何が簡単ってカードリンク張る作業がないことが簡単です。
 知ってますか? 著者は記事を書くのに3~4時間かけてますが、そのうち1時間はリンク繋げる作業と言っても過言ではないんですよ。
 ……はい、読者さんには関係ないことですね。では、本題に入りたいと思います。

 まあ今回の記事は初めてカード触った人でも「とりあえず、大会に行きましょう」っていう記事です。
 著者的には、カード触って1時間後には大会に参加してるのが一番 望ましいです。
 まあ実際はためらっちゃいますよね。
 大会って聞くとどうしても「強い人が出る」っていう印象が拭えないんですよね。「自分が出てもしょうがないし……」って諦めちゃって、そのまま半年っていうケースは少なくありません。
 友達に誘われて仕方なく行って、それをきっかけに気安く行けるようになった。……でも良いんですが。

 今回は大会に行くメリットや固定概念を打ち崩したりして、皆さんを大会へといざないたいと思います。

 ○ルールを間違えたら周りの人が優しく教えてくれる!
 大会で名前(HN可)言われて、イスに座ります。
 それで開口一番に「今日始めたばっかりの初心者なんですけど、よろしくお願いします!」って言います。
 すると対戦相手が「あぁー、そうなんだ。よろしく」というのはもちろんなんですが、周りの人も「じゃあ分かんなかったら教えてあげるよ」っていう会話になります。

 なんでかっていうと、大会の参加者はほぼ全員が常連で顔見知りだからです。
 「俺、今日の大会は東京の店に行くけど、明日の大会は千葉のとこ行ってくるわー」っていう人はあんまいません。だって、遠いし。
 となると、おのずと同じ店に通いますよね? それは万人共通なんですよ。
 そうするとと、月に何回かは会う訳で。自然と何回かは会話します。んで、顔見知りになるわけです。
 質問する時には手札を見せなきゃいけなかったりします。大会中に対戦相手がそれをするのは困ったことになるわけで。それを知っているので、周りの人はそう声をかけざるを得ないのです。特に対戦相手の友達とかね。

 もしもそうならなかったら、ぶっちゃけ相手は根暗です。「必要以上は関わらないでね」オーラ出してる人。あんまりいませんけど、もしそうなったら棄権するのも手です。初心者未満の方は勝つができても、大会の優勝は難しいから。別に優勝を狙うわけでもありませんし、相手に1勝あげるくらいはなんともないでしょう。
 気を取り直して、2回戦目以降から対戦しましょう。

 本当に優しく教えてくれるの?って懐疑的な方もいると思います。でもご安心ください。ちゃんと教える側にもメリットがあります
 何かっていうと、甘い顔してれば次回もカモが来るってことです。弱い人が次回の大会でも対戦することになれば、楽に1勝が稼げますからね。
 カモられるって言われると気分悪いと思いますが……、でもあなた何も損しませんよね? お金とられる訳でもないし、カードとられる訳でもないし。たかだが1回の対戦結果。それをあげてルールを手取り足取り教えてくれるなら、授業料としては安いと思いますよ。
 繰り返し言いますが、優勝する為に大会に行くのではありませんルールを学ぶ為に大会に行くんです

 ○プロモカードがもらえる!
 プロモカードとはパックやトライアルデッキに入っていないカードを言います。
 初めに言っておきますが、一度逃すと二度と手に入りません
 プロモカードはひと月ごとに変わります。これを過ぎると欲しいと思ったら、200~600円くらい払って店や通販で買うハメになります。
 最初は「あ、これイラネ」と思うかもしれませんが、1年後に欲しくなるかもしれません。というか、欲しい人に交換材料として出すことができます
 最悪、本当にいらなかったら店に売ることもできます。まあすぐ店に売るのは気まずいですけどねw 売値も50円くらいなので、著者的にはオススメできないかな。

 ○人脈が広がる!
 人間はやっぱり持ちつ持たれつの存在で、知り合いは多いに越したことはありません。

 「このカード集めてるんですけど……」→「あ、俺もってるよ。交換しようか?」「それXX店に売ってたよ。~~円だしてくれるなら買って来てあげるけど」
 「デッキ組んでみたけどどうですかね?」→「んー、これはいらないんじゃないかなぁ?」「これなんか入れたら良いんじゃない?」
 「あ、ここのプレイングってどうなんですか?」→「あぁー、…………って感じかなぁ」「あの人ならルール詳しいよ。呼んでこようか?」

 デュエルルームの日常会話です。なんとなく、知り合いが多いと得ってことがわかりましたか?

 ○強くなって地区大会を目指す時の練習になる!
 身内(仲のいい友達)だけで対戦をしてると、どうしても簡略化してしまったりマナーが悪くなったりします
 その状態で大会に行っても、注意などのストレスで思考がまとまらなくて試合に集中できなかったりするものです。
 なので、店舗大会は恰好の練習場所になります。小さい大会でも一応は公認大会なんで、マナー等は自然に気を配りますし。

 高校とかでも言われますよね。「普段から敬語を使いなれてれば、面接の練習は必要ない」って。
 それと一緒です。普段から店舗大会いってれば、地区大会の前に練習する必要はないってことです。変な癖がつく前に、店舗大会で良い癖をつけましょう。


 と、こんな感じでしょうか?
 何にしても大会は行くに越したことはありません。とっとと時間を取って行ってきちゃいましょう
 開催場所や日時については公式ホームページに載っています。
 それ以上は言わない方が良いですよね。なんでもかんでも教えて、未知への挑戦の機会を奪うのも勿体ないことですし。初めてのワクワクは、二度も経験できませんからね。
 どうしても不安なら、メールなんかで受け付けてます。毎日チェックしてる訳ではないので、コメントよりは若干 遅くなるかもしれませんが……。

 次回→持ってて損のない損のないカードトップテン青編
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。