スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ndをピックアップ @その他

 回復メタェ……。
 Rwriteだけでおとなしくしてるかと思いきや、リトバスに登場しちゃってるじゃないですかーやだー!
 しかもリトバスって普通に後列除去があるんですよね。これでリトバス天下になっても著者は全然嬉しくないんですけどぉ……。

 今回で2nd紹介記事は最後になります。



 守るべきもの シグナム<<魔法>><<武器>>
 3/2/10000/2(トリガー+1
 【永】 あなたのターン中、他のあなたの《魔法》のキャラ1枚につき、このカードのパワーを+500。
 【自】 この能力は1ターンにつき1回まで発動する。このカードが手札から舞台に置かれたターン中、このカードの与えたダメージがキャンセルされた時、あなたは相手に1ダメージを与えてよい。(ダメージキャンセルは発生する)
 【自】 このカードのバトル相手が【リバース】した時、あなたはそのキャラを思い出にしてよい。



 CIPショット持ち、攻撃値12000で思い出飛ばし内蔵とマルチな能力を持っています。著者的にはちょっと器用貧乏なイメージ。
 自ターンパンプと思い出飛ばしの相性は悪くないですし、ショットも弱くはないのですが、いかんせんこのカード1枚をポンと出したところで大した戦力にならないんですよね。
 『バーンと回復』についてでも述べましたが、追加ダメージは1点ぐらい与えたからって大した意味はありません。2点、3点と追加していくことこそ追加ダメージの強みを発揮できます。
 そうなると並べて戦いたい所ですが、なのは(タイトル)にはかけがえのない仲間達のような優良回収イベントがないので難しいところです。

 つまりこのカードを使う際に焦点になるのは「回収が少ないカードプールの中で、いかに並べて戦わせるか」というところでしょう。
 また、攻撃値と詰め能力が高いということなので、後上がりが有利です。と、なると早くからダメージレースを意識する必要があると思います。
 それらを満たすデッキ……となると例えばなのはデッキが該当するでしょうか。レベル1はアリサ・バニングスを中心にストックを集められますし、なんと言ってもレベル2にはソウル2でCXシナジー持ちの全力全開なのはが使えますからね。
 ソウルもありますし、回収できるので相性は悪くないと思います。


 ……ちなみに後列はなのは&フェイトが相性良いかもしれません。思い出送りがあるので自ターン中に上回れば、防御値はあまり気にしなくていいですからね。



 戦闘態勢 リンディ<<魔法>><<お茶>>
 2/1/7500/1(トリガー+1)
 【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、そのターン中、このカードのパワーを+3000。



 登場ターンに10500になります。それだけ。
 ですが、このカードは“無条件”で“1万越える”という点が強いと思います。

 例えば同じ2/1である理想の家族 フェイトは“魔法キャラが2枚以上なければならない”という条件を持ちながら“パワー10000”です。
 他にも管理局員シグナムとかも“魔法を追加で出す”という条件を持ちながらやはり“パワー10000どまり”です。
 他にも“1クロック”でパワー12000出せるフェイト with バルディッシュ・アサルトや、“対応クライマックスがあれば”パワー12000になる武人 シグナムやらありますが、やはり無条件で越えるカードはありませんね(まぁ後半は条件というよりはコストですが)。

 攻撃値がすごく高いカードはすなわちクアットロとの相性がかなり良いということなのです(断言)
 相打ちメインで組むと相手の早出しに困ってしまうので、早出しを確実に狩れるとは言わないまでも打ち負かすことができるのは結構重要ではないでしょうか。



 別れの時間 リインフォース<<魔法>><<本>>
 2/1/10000/1(トリガー+1)
 【自】 あなたのドローフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置いてよい。そうしないなら、このカードを思い出にする。



 このカードも戦闘態勢 リンディと同じように、汎用性の高いレベル2パワー1万です。
 戦闘態勢 リンディが「レベル3に攻撃できるカード」なら、別れの時間 リインフォースは「レベル2に有利を取るためのカード」でしょうか。

 例えばレベル2で中心のカードというと"ミルキィホームズ”シャロのようなパワー9000のキャラが多いです。コスト2のキャラはほとんど見かけませんね。
 という訳で、これらを一方的に攻撃できるカードでもありますし、倒されるにも一苦労するカードなんです。
 維持コストが1クロックとかなり重いので1ターンしか寿命がないですが、性能は十分でしょう。その性能を利用して「無理すれば倒せるけど、どうせ次のターンに死ぬならレベル0で適当にアタックしておこう」などと相手が思ってくれたらさらに良いですね。



 闇の書の覚醒
 3/2/イベント
 このカードは、あなたのカード名に「はやて」を含むキャラがいないなら、手札からプレイできない。
あなたは自分の控え室の「将の宣言 シグナム」を1枚までと「屋上の邂逅 ヴィータ」を1枚までと「サポート役 シャマル」を1枚までと「突貫 ザフィーラ」を1枚まで選び、舞台の別々の枠に置く。



 個人的にはちょっと物足りないカードですね。
 まず、レベル3というタイミングで出てくるカードがレベル1以下と固定。
 次にという色も固定。
 続いて後衛のパンプ値が+500で能力も地味、普通の運用にもイマイチ性能が低い。
 そして将の宣言 シグナム屋上の邂逅 ヴィータは魔法参照なのに突貫 ザフィーラは魔法を持っておらず、またはやても魔法を持っていないことが多いのでイマイチ能力が噛み合ってない。

 ということを乗り越えたられれば、2コストで3アド取れるという破格のハンドアドをとることができます。ここがセールスポイントでしょう。
 過去、ここまで低いコストでここまでのアドを取れるカードはなかったはずです(多分)。なので、このカードを使いこなすならこの性能を活かすのが重要でしょう。

 具体的には……ソウルビート?
 一応早朝訓練というコスト0のソウルパンプもあるので、そういうのもアリなんでしょうか。
 イマイチ、イメージしづらいです(笑)



 ここからは駆け足気味に。


 あふれ出す激情 リインフォースは登場時に魔法3体以上いれば登場した次のターンまで6000になるキャラです。このカードは査定的にちょっと、いやかなり弱いです。
 例えば夢見るレディー さくらですが、こちらも魔法3体以上いれば永続でパワー6000になります。一応2面返り討ちに合うとあふれ出す激情 リインフォースの方が一瞬だけ強くなるのですが、正直2面たおされるならその片方は夢見るレディー さくらな気がするのでこの優位性はあんまりなさそう。
 それからパジャマのマミは登場ターン+2000なので一見互換のように見えるのですが、こちらは魔法のキャラ2枚以上で発動します。効果が互換なのに条件が互換じゃないのはかなり不思議ですね。
 正直この効果なら、元のパワー4500でも良いので6500にならないと割に合わないと思います。


 査定が不思議と言えば、お寝坊さん シャマルの査定もおかしかったり。
 森の妖精 ティファニアも1コスト1ハンドで魔法をサーチする訳ですが、パワーやコストが変わらないのにシャマルははやてもサーチできるのでこっちの方が少しだけ範囲広いです(笑)
 一応ティファニアは虚無を持っているので、無意識の力 ルイズの回収対象になったり、虚無の力のトリガーになったりできますが、基本的に特徴の有無で差異はないはずなのであんまり関係ないですね。
 あ、シャマル自体はふつうに強いです。


 感謝の気持ち アルフは記憶2枚で3500助太刀になります。はっきり言って白限などになると経験で発動するドロシー役のシャナの方が優秀に見えます(笑)
 それで肝心のネオスタンの方ですが……、記憶発動する機会は割と増えたので効果自体は良いでしょう。しかし問題は特徴で……。
 特徴は使い魔、動物です。そして今回のブースターで使い魔および動物の回収サーチは収録されてません(ナンダッテー
 一応 過去作品で動物と使い魔の回収サーチはあるんですが、とてもじゃないですけど実用範囲内じゃないんですよね(というか全て色が違うという)。
 という訳で、性能はそこそこなんですけど回収サーチで報われないかなと思います。


 補助魔法のエキスパート シャマルは登場時2コスト1点回復です。八神機動六課部隊長のレベル1版ですね。
 回復するのは普通のレベル3CIPと同じ2コストですが、こちらは序盤に引いてもアタッカーとして戦える点で優秀です。まぁパワーは高くないので戦線を支えにくいと考えると、扱いは難しいかもしれませんが。
 2枚のカードはどちらも登場時2コスト1点回復の査定は-1000なので基本スペックに差はありません。ですが八神機動六課部隊長は色拘束がないので、採用範囲が広いという意味ではあちらの方が優位です。
 しかしあちらはプロモなので入手難度は圧倒的に補助魔法のエキスパート シャマルは分があります。というか八神機動六課部隊長が修正されて再録されたって考えた方が良いんですかね。
 しかし机上論で考えるなら入手難度を考慮してはいけないので、ブログやってる身からすると難しいカードですね。八神機動六課部隊長を考慮しなければ悪くないカードだと思います。



 今回はここまで。
 次回は未定です。リトバスにはちょっと早いんですよね……。そういえばヴィータビートはまだ掲載してないんでしたか。著者がまだ2ndを買ってないので書くとしても机上論レシピですね……。
 それか初心者の方用にデッキ作りFAQとかまとめたら良いかもしれません。……以前にも似たようなもの書きましたっけ?
 まぁそんな感じで未定です。





 
スポンサーサイト

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

リトバスで回復メタが出て複雑な気持ちですが、それはさておき

さらば諭吉ぃっ!! カード化嬉しいですw しかも普通に使えるカードですね。前記事のコメント見て、リトバスはストックたまるのに、使いたいイベントがないなぁと考えていた矢先で驚きました。一般的にはエクスタシー沙耶が使いやすくなったという感じですかね。沙耶もさらば諭吉ぃっ!!も回復メタ関わらないですしw

問題は緑が使いにくいことですかね?デッキ構築とか考えてないですが個人的にはストックためられるし、アニバスTDの理樹も居るので十分回復メタの色は満足です。周りの反応は聞くところによると黄or赤が良かったみたいですが。

ちょっと特徴に不安がありますが、昨日のカードはどれも満足してます。今日のカードは微妙だったので見なかったことにしましたが。

とにかく発売日が待ち遠しいです。リトバス記事楽しみに待ってますw

>>toaruhantouさん

 コメントありがとうございます。

 さらば諭吉ぃっ!のカード化は確かに良いですねw(ネタ的に)
 個人的に1コスト増やしてジャックブラザーズなら言うことはなかったんですが、ホラーは苦手ですが……。著者は使ったことないのでなんとも言えないんですけど、なんでも初期のヴァイスはホラーは苦手ゲーだったそうで、デッキを探せば使いどころがありそうですね。

 言われてみればリトバスは回復メタ関係ないカード多いですね。ロイヤルプリンセスパフェとか手を取る佳奈多とか……。
 私的には中央パンプの小毬とか良いですね。回収メタもそうですが、並べて大活躍をおけばそれだけで16000の越えられない壁になったり。いやダメ軽減とかないとネタになってしまうんですけど、そういうのも面白いかなとw

 あ、パンプと言えばtoaruhantouさんにはお気に召さなかったみたいですが、私はL3美魚くらい尖ってる方が好きですかね(早出しと絆はともかく)。尖ってるカードはちゃんとフォローしてあげれば強くなる可能性も秘めてますので……いや具体的な考えはまだないんですけれどもw

美魚ですが、擬似リフを見た場合レベル3で使いづらいこととコストがかかることが難点だと思います。チェンジで見た場合は2面並べられない、安定した早出しが出来ないことが難点だと思います。

レベル3の美魚ですが、単体で見ると悪くないのです。しかしこの早出し環境でレベル2時点のレベル比例応援込み端13000は無難な程度でインパクトに欠けます。レベル2で並ばないとなると、他のアタッカーを入れる必要もあり枠厳しいような気がします。かと言ってレベル3の時にパワー重視は今更感があります。


と考えて微妙かなぁと思いました。素直にチェンジと擬似リフが分かれてた方が良かったような気がします。まあ、レベル3美魚に関してはまだ運用次第な所はありますが、無理して使うほどリターンが多いとも思えませんし(^_^;)

>>toaruhantouさん

 鹿目まどかとかスーパーレディ真と比較しても使いやすいとは言い難いので、確かにその通りだと思います。
 ただ、リトバスには上位後衛がなかったので、複数に+1500できるカードは初めてなんですよね。カードが出揃ってないので今はなんとも言えませんが、場合によっては使われることもあると思います。もちろん強いとは言いませんが。
 ちょっと考えてみましたが、例えばコマリンマックスで早出しできれば11500を並べられるのでまぁまぁ相性が良いかもしれません。採用されるとしたらその辺りになると思います。

 ちなみにリトバスはレベル2ならなんでも早出しできてしまう耳掃除があるので……、チェンジみたいな普通の2→3早出しは来ないと思いますorz

ホラーは苦手…


懐かしいw
そ言えばまだアッシュデッキに入ってたw


>シャマルの査定

どうなんでしょうねこれ…この手のサーチとしては高くもなく低くもなく、ですが…

同じ効果を持つ小鳥や響は15なんですよね。
響は兎も角、小鳥が出た時点でのプールは今より圧倒的に《魔法》≫《音楽》だった筈なので、その時の査定よりシャマルやティファニアの方が高いと言うのが何とも…w
逆にツグミなんかは25とか「お前本当にサーチキャラかよwww」ってパワーを持ってしまったりしてるんですが^^;
まー此方はレア度が高い&サーチ範囲がほぼネオス限定、と言う縛りがあるのでそうなっただけかもしれませんがw

個人的にははやてが評価されなかったみたいで複雑な心境ですが、その所為で弱くなるのは避けられた!と好意的に捉えるコトにします^^
サーチ範囲でコレを上回るカードは居な…いと書こうとしてマトの存在を思い出してしまったorzマトェ…


>さらば諭吉

ホラーは苦手の互換…ですか。リトバスのプールは把握してないので何とも言えませんが、このカード自体は中々強いっすよね。
確かにエクスタシーとの相性は良さそうですw「唯湖&葉留佳」も居ますし、ストックさえあれば打点の調整はし易そうですね♩

後は…夏服の葉留佳なんかも結構良いかもしれません。使用コストが多い&パンプが無い、と言う点で相性は抜群ですよね。実用性があるかは別にして^^;
これでエクスタシーの早出しが出て来たりしたら面白いコトになるんだけどなぁ…(ぉ

>>SAIさん

 コメントありがとうございます。

 サーチカードを一通り見てみましたが、サーチの査定は極端に狭い範囲でなければ同一評価のような気がします。それよりも決定的なのが発売時期かと。
 小鳥とティファニアだと小鳥の方が先に出ました。なのでパワーが低いという感じでしょうか。というよりも初期でパワーを低く設定し過ぎたので慌てて修正してる印象を受けますが……。
 後半のキャラは結構パワー高いですし、なんと言っても初期にある[通信士 アルト&ルキノ]は武器キャラ切って武器キャラしかサーチできないくせにパワー1000しかありません。しかも自身をサーチできないですし、こんな感じで初期のパワーは低いので……。

 ホラーは苦手の評価は高いのに、エクレールダムールの花(2/1ソウル-1疑似アンコ)の評価が低いのはなぜなんだぜ……。
 著者は「カウンターはキャラを生き残らせるために使う」という固定概念があるので、実はあんまりしっくり来なかったりするんですよね。先ほどのエクレールもそうですし、ジャックブラザーズとか、ダメ軽減にしてもその辺りの方が使い勝手よく感じてしまいます。
 まぁ評価してる方は多いので、実際は著者の独りよがりな主張なんですけれども。

今日は午後出勤〜


>発売時期

言われてみれば確かに…って気もしましたが、そうすると響の査定がおかしい様な…w
(発売時期はゼロ使F→フォギア)
レア度も小鳥より高いのに…T^T(と言ってもティファニアと同じですけど)

まー《音楽》では先に小鳥が出ちゃってたので、響のパワーだけ上げてしまうとクレームが来そうだから…って理由で低いままだったかもしれませんが^^;
….え?そんなコト言うならネフシュタンの鎧はどうなんだって?だから守護騎士プログラムの逆エラッタをやれとあれ程(ry


>カウンターの役割

基本に忠実ですね。それで良いと思います^^
それ以外の効果を発揮するのは(カウンターとしては)ある意味役割破壊に近いので、そういった効果を活かすとなると変則的な構築が必要になるんですよね〜
個人的には「追いかけっこ」とかも面白いと思ってるタイプなので、カウンターに対しては割と?フランクなタイプです(笑)

エクレの花に関しては…弱いってより使いにくい、ってだけじゃないでしょうか^^;
これ確かゼロ使ですよね?とすると青…ぶっちゃけ青のゼロ使って、パッと浮かんで来るのが姫様しか居ないんですが…(ぉ
F発売以降は殊更赤黄が軸になってしまいましたし…それ以前の構築は知りませんので何とも言えませんけど^^;


処で今更記事に戻りますが、

>なのは(タイトル)にはかけがえのない仲間達のような優良回収イベントがない

「ママ、いい子」があるじゃないっすかー!これ程優秀な回収イベントは無いっ(キリッ
確かにアドは取れませんが、一度に3枚交換は結構強力だと最近思い始めました。と言うのも、この前2回連続ではやての早出しに失敗しまして…(ぁ
何故か手札にリインフォースが来ない!そして毎回控え室に流れる!握れneeee!…いやまープレイングの問題だろ、って言われたらそれまでなんですがorz

そこでどうにか出来ないかなーとプール漁ってみた処、このカードが…!!
はやての贈り物とヴィータをリストラし(笑)、これとアルフを突っ込みましたw
おかげで今は中々良い感じで回ってます。俺みたいに初手CX3枚とか事故り易いタイプの人種にはかなりの神カードです(^∇^)

>>SAIさん

 響のパワーがそのままなのは、完全上位互換を作らないためかと。ティファニア→シャマルだと「特徴が減ってる」と言い張ることもできますが、小鳥→響はそういうのがないので……。
 守護騎士プログラムも「ネームが違う」と言えなくはないですからな(かなり苦しいですが)。本当はとっととミス認めてエラッタ出して欲しいです。

 追いかけっこは「面白いな」と思って早5年くらい。そのうち何かのデッキに入ると思ってましたが、未だに具体的な案は浮かんできません。本格的に相性悪いですねorz
 ゼロ魔の青は確かにあってないようなもんです。ただ、ホラーは苦手はスタンでも使われてた(今はそうでもありませんが)のに対し、エクレは全く見たことありません。そこの評価がちょっと気になったんですよね。

 個人的にママいい子の評価はあんまり高くないです。ヴォルケンリッターヴィータやかけがえのない仲間達などを見ると、「2コスト払うからにはハンドアド取りたい」と思ってしまうんですよね……。
 そういえばリトバスで舞台の色が3種なら2/1の3枚回収の手札交換が出ました。条件は軽くないんですけど、個人的にはこういうカードの方が使いやすいでしょうか。
プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。