スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニマスのここが残念

 前回→『アニマス』について

 次記事ないかも……と言っておきながらこの体たらく。どうも、ビークルです。
 今回は「アニマスで真剣にデッキ構築を考えた結果、これは無理」となった理由をお話したいと思います。

 ※今回に限った話ではありませんが、『前後に数字のついてるコスト』は消費ストックの事です。独立した『コスト』は能力発動する為の代償です。


 というか理由はひとつしかないんですが……主役カードがない
 正直、これオンリーです。実際に使わないと分からないかもしれませんが、見た感じ使いたいカードがないって言うか使いようがないカードばっかりなんですよね。
 一見主役っぽそうでビミョーなカード達を紹介します。


 全力アイドル! 真美<<音楽>><<双子>>
 1/1/6000/1(トリガーなし)
 【永】 記憶 あなたのターン中、あなたの思い出置場に「衣装変更」があるなら、このカードのパワーを+2000。
 【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠に【レスト】して置く)


 まー、真っ先に挙げるとしたらコイツです。前回も紹介しましたね。
 カードの能力は文句なく、間違いなく強カードです。ですが問題は衣装変更の方で……。
 コストが重過ぎるんですよね。1つは2コスト、もう1つは1クロック1ハンド。

 まず2コストですね。言うまでもなく重いです。
 なんでって真美を出したらコスト3ですよね。2枚目を出す時は4コスト。つまりどんなに頑張っても、2ターン目に2枚目以上並べるのは不可能ってことです。ここは念頭に置いてください。
 もう1つは1クロック1ハンド。クロックは無視するとしても問題は1ハンドです。つまりは真美を出すのに1コストと自身含めてハンド2枚使う訳です。
 いや、んなことするなら1/1/7500に応援つければ良いじゃない。確かにこっちだとアンコールもついてないし瞬間火力も出ないけど、安定性はこっちの方が格段に高い訳で……。

 なんでコストが重いとダメかって言うと、消耗戦を強いるカードだからです。
 上から殴ります。上から殴られます。自ターンパンプにアンコールがつくっていうのはそういうことなんです。
 そういう戦いで何が大事かって言うとアドバンテージで相手より上に行くことです。なぜなら消耗戦では場を維持できなくなった方が負けだからですね。
 戦う前から相手より1枚手札消費が多いのがどれだけキツいかは簡単に分かると思います。
 あとは相手に負担をかけるため、複数展開が望ましいでしょう。なので複数展開しにくい2コストの衣装変更は論外ということになります(もちろん全力アイドル! 真美との組み合わせの話であり、このカード自体は優秀です)。



 OFFタイム あずさ<<音楽>><<愛>>
 2/2/9000/2(トリガー+1)
 【自】[手札のキャラを1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしないなら、このカードを控え室に置く。
 【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠に【レスト】して置く)


 不死鳥の歌姫 千早の下位互換。いやホントこれは真面目な話。
 不死鳥の歌姫 千早は手札からの登場時にマーカーを乗せ、これがなくならない限り毎ターン1ストック消費します。9500アンコール。
 まずリアニメイトで出す場合、互いに違うのはパワーだけですから不死鳥9500、あずさ9000で下位互換であることが分かります。

 そして素出しについてですが、一見 毎ターンにコストを払う不死鳥がすごくおいしくないように見えます。
 ですがこのマーカー、アンコールの際に落ちます。つまりこのカードが倒されたらアンコールするだけで気付いたらマーカーはないのです。
 じゃあ倒されなかったらどうするのかって? いやいや、倒されなかったってことはその時点で1アド取ってるわけですよね。1コストで1アド取れるなら安いもんです(無敵ロボット サーズデイかけがえのない仲間達を見て分かる通り、能動的に1コストで1アド取るのはかなり難しい)。

 同じ理屈で登場時コストを比べて見ても不死鳥は1コスト、あずさの1ハンドでは比べるまでもなく前者の方が優秀です。
 不死鳥が優秀であるかどうかはさておき、あずさより強いことは分かっていただけたでしょう。



 ゲットだぜ! 響<<音楽>><<動物>>
 1/1/1500/1(トリガー+1)
 【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、次の能力を与える。『【自】 バトル中のこのカードが【リバース】した時、あなたのストックが相手のストックより少ないなら、あなたはこのカードをストック置場に置いてよい。』
 【起】[(4) このカードを【レスト】する] あなたは自分の控え室の自分のレベル以下のレベルのキャラを1枚選び、舞台の好きな枠に置く。


 夏服の葉留佳と同じ応援です。では何がダメなのか? それには2つ理由があります。
 そもそも前提をお話しておきますが、このカードを使う時に相手キャラを積極的に倒してはいけません。
 何故か?
 相手が場を整えようとしてストックを使うからです。このカードを使ってみるとすぐに分かりますが、相手のストックが6枚以上ないと最大限の力を発揮できません。これを頭に置いて、説明を進めましょう。

 相手キャラを倒してはいけない……ということはですよ? こちらのキャラが弱ければ弱いほど良いということになりますよね。極端な話、アタッカーのパワーが500でもなんら問題はありません。
 それを知った上で2つ目の能力を見てください。「使用コストが4と重い代わりにリアニメイトするカードを無償降臨」と書いてあります。
 見事にアンチシナジーですよね。弱いカードを使うってことはコスト0キャラを積めってことですから、コストを無視しても良い事はゼロ。逆に葉留佳は2コストサーチです。超優秀なことが分かりますね。
 つまり2つ目の能力が完全に無意味な訳です。

 もう1つ……というか、こちらの方が重要です。葉留佳には超優秀なカード、華麗なる剣聖 唯湖という相方がいます。序盤はダイレクト枠を作ってダメージ増やしたり、終盤は確定ダメージを作ったりと最初から最後までお世話になるカードです。
 で、ここまで言えば分かると思いますが……

 アイマスには自身が控え室に送られた時、又は自身がリバースした時に発動する能力を持っているコスト0のキャラがいません!!!
 ΩΩΩ<な、なんだってー

 いや、まあ、本当はいるんですけどね。明るい親子 愛&舞いつもオドオド 雪歩ってカードなんですけれど。まあ言いたいことは分かりますよね?
 著者も調べてから驚愕したのですが、相性の良いカードが1枚もないんです。
 これではゲットだぜ! 響が強い弱い以前にデッキの組みようがないっていう(´・ω・`)
 (あとでCIPも相性良いことに気付きましたが、アイマスのCIPはトップチェックか回収サーチかなのでまあ関係ないですね)


 生っすか!?サンデー 春香<<音楽>><<お菓子>>
 2/1/5000/1(トリガー+1)
 【起】[(3) あなたの舞台のレベル2以上のキャラを1枚とこのカードを控え室に置く] あなたは自分の山札を見て「全員集合!765プロ」を3枚まで選び、前列の別々の枠に置き、自分の控え室の「全員集合!765プロ」を3枚まで選び、前列の別々の枠に置く。その山札をシャッフルする。


 持ってくる対象は2/1/7500、シナジーで相手ターンまで+3000。多分もう1個は使いどころがありません。
 これの残念な所は次々と出てきますが、とりあえずこのカード自体が無力なことが挙げられます。まあ当たり前っちゃ当たり前ですが。まあ問題は能力の方です。

 まずコスト。普通にやればレベル2はコスト1かかるのでコストはハンド2コスト5となります。先ほど紹介した衣装変更など比較にならないほど重いです。またコストを節約する手段として1/0をレベルパンプする方法も無くはないのですが、現状気高い女王 伊織しかおらず、コスト1節約するためだけにこのカードを採用するのは考えられません。
 それでやることが2/1/7500の3体召喚。実質2コスト払って1アド。
 んん?????????
 え、秘密の歌姫 小鳥(9500、CIPデメリット)3体召喚とかじゃなくて??????
 秘密の歌姫 小鳥3体召喚ですらやる価値があるかどうか分からないのに、7500の3体召喚ってちょっと何言ってるか分からないです^q^

 CXシナジーすれば10500になるじゃないか、ですと? 実はですね……専用CXはなんですよ。
 ということはCXシナジー使うとハンド切るって事になるんです。もちろん+1000+1のパンプは入りますが、ハンド3コスト5……とつまりアドすら取れなくなりました。
 呼んでくるカードによってはワンチャンあったんですけど(デメリットアタッカーとか2/2とか)、これはちゃんとテストプレイしたんですか?っていうレベルの悲惨さ。


 走る!花嫁 あずさ<<音楽>><<愛>>
 3/2/10000/2(トリガー+1)
 【自】 このカードがフロントアタックされた時、あなたは自分の山札を上から1枚見て、山札の上か控え室に置く。
 【起】[(1) あなたの思い出置場の「寄り道」を1枚控え室に置く] あなたは自分のクロック置場のレベル2以下の《音楽》のキャラを1枚選び、舞台の好きな枠に置く。あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


 ブシに1つ言っておきます。
 相手ターンに発動する効果を持ったレベル3にはパンプを入れとけ。悪い事は言わないから。
 サンタっ娘ハルヒ&キョン(笑)とか誰も使ってないでしょうが。ほむほむは良かったでしょうに。アイドル復帰! 律子と能力を交換すれば丁度良かったですよね。

 まあ愚痴はさておき。
 とは言え、このカードの全ては上記で話した通りです。相手ターンに発動する効果がなのにパンプがない
 ということはこのカード、事実上レベル3にフロントアタックできません。それどころか下手するとレベル2にすらアタックできません。

 さらに言えば2つ目の能力も噛み合ってないんですよね。
 あずさでレベル3が殴れない……ということは、取り巻きで処理しなければなりません。
 しかし呼べる取り巻きはレベル2まで。レベル3が勝てないカードにレベル2が勝てる訳がありません。結果、レベル3を出されただけで詰みます\(^o^)/ナンテコッタイ
 手持ちのL3でどうにかしろ? いや他のL3で処理するなら組ませるのは格下に完封能力のあるソウル-1でしょう。そうするとあずさの存在意義がないんですよね^^;



 今回は以上です。

 一言目「面白い」
 二言目「弱過ぎワロタ」

 アニマスの主力カード(?)ってこんな感じですかねー。


 次回→『ゲットだぜ! 響』について
スポンサーサイト

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アイマスよりアニマスの方が勝ってる所は……キャラが可愛い所ですね(^ω^)
今回の記事は納得ですね、たしかに実際使ってみても強くないです!特にL3あずさは微妙でした、同効果持ちのナツの方が遥かに強いです!
まぁ、自分も諦めが悪いのでまだまだ試行錯誤して足掻いてみせますw
今回もとても勉強になりました!
カード一枚の強弱の判断が出来ると見方がかわってきますね!
ありがとうございました。

 コメントありがとうございます。確かにイラストは良いと思いますw

 あずさは……もしかしたら「レベル2は[気まぐれな美希]、レベル3は[走る!花嫁 あずさ]で無駄なく[寄り道]が使えます!」というメッセージなのかもしれません。実用性は皆無ですがw

 それにしてもあえて修羅の道を行きますか……著者は道半ばで降りますが、頑張ってくださいw

突然ですが、「覚醒する天才美希」って以外と優秀じゃないですか?
CIPの2ドロー1ディスで対応CXを引き込める可能性ありますし、登場コス含め4コスあればスタンド効果使えますし。
対応CXも自動効果なのでなくなっても効果続きますし。
デメリットは「みんなのお姉さんやよい」とは違ってリバースしたら効果が使えない、CX絡みで安定しない!
に対してコストが安い、アタック順番が制限されない、で勝ってると思います!
よかったら意見ください。

 コメントありがとうございます。

 むしろ比べるべきは対応CXかと。
 一見、CX効果は「置かれた時」なので相性が良いように見えます。しかしアタックを2回すると考えてもソウル上昇値はたったの2です。
 その点、やよいは+1000+1なので合計ソウル上昇値は4。終盤の打点力を鑑みると「う~ん……」ってなっちゃいます。

 何故ここまでソウルを気にするかって言うと、打点が最も重要なレベルだからです。
 なぜ回復が使われているのか? なぜバーンが使われているのか? それを考えれば分かると思います。
 終盤、ソウルが多い分にはサイドアタックで調節できます。しかしソウルが低いと大敗濃厚の場面をひっくり返せません。
 だから弱いって訳じゃないんですけど……エースを任せるには不安があるなーと思います。

 余談、カードショップ行ってきたのでついでにL3の値段見てみました。
 雪歩70円、律子120円、あずさ20円、美希40円、貴音1800円。
 こ れ は ひ ど いw

No title

初カキコです。

やっぱり「ゲーマー」としてみるか「作品のファン」として見るかでだいぶ見方が変わってくるのかなというふうに感じました。

ヴァイスのいいところって「運次第で自分の好きなデッキで勝てる」というところだと思っているので(無論運に頼らない部分での勝率を上げるのがデッキ構築とプレイングでしょうが)、ファンからすればアニマスでメインキャラのレベル3がようやく全員揃ったのは嬉しいことですし(僕の一番好きな小鳥さんにはないけど)、新カードもワクワクしながらデッキ改造してたので、「あぁこんな低評価なのかぁ…」と少し思ってしまいました^^;

それでも花嫁あずさの効果による神キャンで大会優勝したあずさファンの自分としては花嫁あずさ使い続けます!!笑
まぁたしかに竜宮デッキ使ってる身としてはネットで緑=美希or凸凹の話題しか出てこないのは正直なんだかなぁという感じではありますがw


コメ欄のカードショップすごいですねw
自分の活動範囲内はどの店も貴音以外はそこの5~10倍しますよ。

 初めまして、コメントありがとうございます。

 確かに、これはゲーマーの視点であってファンの視点ではないですね。特にアイマスはネームシナジーがないので、そういう部分はファン以外にとって顕著だと思います。ネームシナジーがない場合は比べる所はおのずと効果や数値に限定されるので、名前を比較はしません。

 テキストを考えないで採用するのは俗に言う、「採用理由は愛」という奴ですね。個人でやる分には構わないのですが、仮に著者がファンであったとしても解説サイトに載せるには適切でないと考えます。
 カード性能は客観的な論拠を用いて様々な方に共感してもらうことができますが、『愛』という奴はどんなに頑張っても同じファンにしか共感してもらえません。
 ならば紹介ブログとかファンブログを作った方が賢明かなーと思います。まあ昔にいろいろと載せた著者が言うことじゃありませんが……今は吟味してるということでひとつ。


 凸凹と気まぐれの評価が高いのはしょうがないというか、ブシの設定ミスというか。もちろん使いやすいですし、メタを張ってれば対策はそれほど難しくありませんが……。
 バランスが良すぎた故に、バランスが悪いカードを否定してますね。賛否両論だとは思いますが、それ以外で強いと思ったカードは自分で使っていくしかないでしょうね。


 あのカードショップはすごいと思います、いろいろな意味でw
 レア度はあんまり気にしないで、需要で値段を付ける店ですね。人気ないRRは20円の時もありますし、人気あるUが800円の時もあります。値段を見れば需要がすぐに分かるので、個人的には気に入ってます。著者のマイナー使いっぷりを加速させましたw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 お久しぶりです。コメントありがとうございます。


 >追加パック

 まぁブシが金儲けに走った結果ですよね。売れるか売れないかだけで考えれば、人気タイトルを出した方が売れますし。
 でもゼロ魔が即制限になったことを考えると「何も考えてないなぁ」っていうのが心情でしょうか。買う側としては不安になりますよね。


 >回復メタ

 このカードの最大の問題は「持ってる側が出すか出さないかを選べる」っていう一点に尽きます。
 例えば自分が回復してから出すなり、圧殺して回復するなり。相手が回復中心だと思ったら出せば良いですし、そうじゃないなら出さなくて良い。
 持ってる側が圧倒的に有利過ぎて考えるのも馬鹿らしいというか、そもそもメタの張りようがなくてどうしようもないですね([銀の炎]くらい?)。

 [さやかの願い]に関しては回復メタに特別刺さるかと言うとそうではなく、どのデッキにも刺さるので差異はないでしょう。
 「rewriteが強くないから使われない」なら分かるんですけど、このカード単体で見たら有り得ないほどぶっ壊れカードかと。
プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。