スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『疑いぬく』ということ

 前回→『ちょっぴり安上がりなアイマス』について


 そういえば、普段はテレビを見ない著者が、昨日はたまたまニュースを見ていました。
 その時に感じたのは、事件系のインタビューでほとんど「そういえば」「今にして思えば」という言葉が使われていたということです。
 つまり、予兆(気付くきっかけ)というものはあったんですよね。
 ただ、「あの人がやる訳がない」って感じの信頼という名の決めつけによって、その予兆をスルーしてた訳です。
 改めて固定概念とは恐ろしいと思いました。まあ、こう考える著者は少数派なんでしょうけどね。


 さて、それだけでは話が終わりません。
 ヴァイシュシュヴァルツにおいても同じようなことが言えます。


 例えば、著者が見た中では恥ずかしがり屋 エリーがかなり顕著だったと考えます。
 発売当初、このカードは見向きもされませんでしたね。
 理由を推測すれば、「登場したターンですらバニラ、CXシナジーを使ってようやく7500、それ以外では4000」とまさに産廃とも言える性能だったからでしょう。パッと見で使えません。
 ミルキィホームズにはそもそも安定して6000のパワーを出せる天然少女 シャロ“ミルキィホームズ”コーデリアがいて、1コスト払えばパワー7500とは言わずともパワー7000の“ミルキィホームズ”エリーがいます。ミルキィホームズはレベル3までに手札とストックを確保しなければいけなかったので、相手ターンの高いパワーラインによる前線構築が主流でした。


 しかし全国大会で出場したデッキが使っていたことで、評価は変わりましたね。
 使ってみれば、レベル1で7000が安定するミルキィは逆に言えば7500以上は安定しません。そこでこのカードが登場すると簡単に7500以上のパワーラインを突破することができます。自身のパワーの低さはクライマックスでソウルを上げてサイドアタックしたり、余ったパワーパンプをこのカードに回すことによって解消できます。
 考えてみれば、ノーコストでこれほど容易にパワーパンプできるカードはミルキィホームズでは他になく、またクロック絆も健在で徹底してエコロジーなカードです。また、レベル1での主力である天然少女 シャロは終盤に出番がありませんが、恥ずかしがり屋 エリーは終盤でも使うことができます。


 カード情報は公式サイトでも公開していました。
 つまり、考え至ることさえできれば誰にでも気づく余地があったということです。
 また、その考えに至ることは使えばすぐに分かったはずです。レベル1で容易に7500を突破できるようになるカードであり、クロック絆も健在でしたので、別にむずかしく考えなくても簡単に使いこなせたでしょう。


 パッと見で「使えない」という評価をし、他人に評価を聞くも答えはやはり「使えない」。
 「残念なRRなんだな」という評価を下した後は、カードの存在なんか忘れてしまうのでしょう。
 『大会の上位者が使っていた』
 たったこれだけの現象が起きただけで、これらの人たちの「恥ずかしがり屋 エリー=弱い」という固定概念が崩れたのです。
 多くの人が「弱い」と思ってた割に、あっけなくその考えは覆りましたよね。つまり、ちょっと考えれば、色眼鏡で見なければ、その程度の固定概念だったということです。

 まあ著者もその1人だったんですけどね。ミルキィを買ってないというのが原因の1つでもありますが。


 ……ここまで書いてなんか既視感があるなと思ったら、似たようなことを書いているんでしたね。
 内容は「強いカード全てが高価いとは限らないよ!」とか「全ての強いカードが正当な評価を受けてる訳じゃないよ!」的な感じでした。今回の主題とは似てますが、差異はあるのでまあ問題ないでしょう。


 今回の趣旨は「色眼鏡でカードを評価すると損するよ!」って感じです。
 つまり、デジャブ記事が「他人の評価がカードの本質を表してるとは限らない」というのに対し、今回は「自分の評価がカードの本質を表してるとは限らない」という話ですかね。
 じゃあ何を信じればいいんだよ!という話になるかもしれませんが、著者としては疑いぬくことが大切なんじゃないかなぁとそう思うわけです。

 例えば自分が強いと思うカードにしても、「もっと別な使い道があるんじゃないか」と考え続けたりとか、ですね。
 まあ著者はそれを意識しても実践し切れているとは言い難いのですが。


スポンサーサイト

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 いつも楽しく拝見させて頂いています。今回の記事はものすごく共感できたので、初コメさせていただきます。

 僕も当カードは公開当初は「う~ん、強いのかこれ?」と思っていました。でも、「エリー好きだしとりあえず使ってみるか」と投入すると、凄い働く素晴らしいカードだということが分かり、「人の意見を聞くのもいいけど実際に使ってみないとな。」と思うようになりました。

 「評価はされてないけど使ってみたら・・・」というカードはいくつもありますが、個人的には「決意の江漣」が大好きです。並べることでほかのカードのパワーを上げ、自身はチャンプ&シナジーで回収後、アンコールコストに使えるという素晴らしいカードだと思うのですが・・・

そうなのか~


俺は逆に本好きの方が微妙に思ってましたw
ストックブーストにチェンジ…確かに強いけど、うーん?みたいなw
こっちは速攻4枚集めたんですが、本好きの方はスルーしてたら値段がどんどん上がってしまい…
ハロウィン共々手が出し辛くなってましたorz


あと今回の記事で思いましたが、緑ってやたらRR&CRシナジーの組み合わせ多くないですか?^^;
気の所為なら良いんですが、ふと思い浮かべたのが殆どその組み合わせだったのでw
CRの方はゴミ値同然のコトも多々有るので別に良いんですが、対応がRRとなるとやはりと言うか何と言うか…

更にどうでも良いですが、白サイドはバウンス・黒サイドは扉がCRに圧倒的に多い気がしますw
回収能力を持つキャラの多さや扱い易さを鑑みても、トコトン黒サイドって不遇だなぁ…と、こうゆう処でも思ってしまいますorz

返信遅れました

 >ぺっくるさん

 初めまして、ビークルです。ご愛読ありがとうございます。

 やっぱりパッと見の評価は低いんですよね~。
 そういう体験があると、疑いやすくなっていいと思います。

 [決意の江漣]は自バウンスですか……使いやすそうですね。
 個人的には[アリカ・ユメミヤ]なんかもオススメです。値段の安さ、自ターンのパワーラインなど様々な面で優秀です。


 >SAIさん

 著者としては[ハロウィンナイト エリー]って単体としては強くないと思います。いやまあ、CIP回復の11500の時点で強いと言えば強いのですが……。
 少なくとも、チェンジなしなら[けなげでひたむき シャロ]の方が圧倒的に強いかなと。著者はそれくらい[本好きなエリー]を評価しています。


 気になったので探してみました。

 猿に願った少女 神原駿河、“初めてのデート”ルチア、“精神感応”春上、影の支配者! 律子、アースラのNo.3 エイミィ、真希波・マリ・イラストリアス、聖堂騎士 リーズバイフェ、恥ずかしがり屋 エリー、妖精の尻尾の魔導士 ルーシィ……。

 これ以上はダルいので割愛しますが、確かに多いですねw 確かにここまで多いと問題かもしれません。


 風は面倒だったので扉だけ集計しましたが、6:11で黒の方が扉CRが多いようですw
 言われてみれば不遇な気もしますが、アイマスもミルキィも黒なんですよねー。


 そういえば、おふの件ですが……すいません、行けなさそうです。ちょっと先が見えないので何とも言えないのですが、2、3ヶ月はちょっと難しそうです……;;

No title

ビークルさん、こういうどんなカードがどの作品にあるのかを調べるとき、デッキレシピ作成ツールというサイトが役立ちますよ。
<ttp://www.nagato.asia/contents/make/index.php>(←頭に<h>つけてください)

ここによると白サイドの風CRは8枚、黒サイドは10枚らしいです。
枚数が大きく変わるわけではないようですが、確かに扉CRの数の差は大きく変わっていますね。
逆に言えば黒サイドのほうがCR連動が強いともいえるのではないでしょうか?

ただ個人的には、残念なことに扉との相性が悪く、トリガーするときは必ずリフレッシュ直後やデッキの一番下なので、あまり好きではないですw

PS:
もし次にオフ会などするようなことがあれば告知していただけますか?自分八王子近辺に住んでいて、町田でやるのであれば参加してみたいです。

mzsk^^;


>ミルキィとアイマス

あ、そういえば確かに…w
アレですね、扉「以外」の回収能力が高い…ってコトでしょうか。

…とは言っても、イベントや集中等デッキを選ばない使い勝手の良い回収は殆ど白サイドに固まってますけど…w


>オフ会

了解しました。
また今度よろしくお願いします(>_<)b



Salviaさん
>風

あら?こっちも黒サイドの方が多かったですか^^;
白の方が多いと思ったんだけどな~。気の所為だったかw


>八王子

そして近所キタ─O(≧∇≦)O─♪
俺は高幡不動です。機会があれば是非ご一緒しましょう♩

 >Salviaさん

 紹介ありがとうございます。
 存在は知ってたんですが、デッキレシピ自体は見にくいんで敬遠してたんですよねぇ。まさかレアリティで検索できるとはw

 オフに関しては了解しました。
 まあコメントで仄めかして、数日前に記事で告知するってのが毎回の段取りになってます。


 >SAIさん

 まあ著者は普段ヴァイスサイド使ってるので、あんまり実感はないんですけどね~。
 小タイトルは不遇っぽいでしょうかw

No title

>>SAIさん
そうですね。自分は八王子みなみ野なんで電車一本でというわけにはいきませんが、機会があればぜひ。

>>ビークルさん
使い道が参考になったようなら何よりです。
プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。