スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンターについて、あれこれ

 前回→『タイムアドバンテージ』について

@本日のポケモン戦績@
 2勝2敗切断

 orz


 さて、今回はカウンターについて豆知識的なものをテキトーに少し語ります。
 まず1つ目ですが、著者もテキストを勘違いしていたカードを紹介しましょう。


 魔法使い長門&シャミセン<<宇宙人>><<動物>>
 1/0/2000/1(トリガーなし)
 【自】 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたの《宇宙人》のキャラが2枚以上なら、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。
 【起】【カウンター】 助太刀1000 レベル1 [手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000)



 さて、このカードを見てどんなカードだと思ったでしょうか。
 著者は簡略化して覚えるクセがありますので「宇宙人デッキでは2000になる助太刀」という風に認識していました。あなたもそうではないでしょうか?
 ですが、実はそれが大きな間違いなのです。

 テキストをよ~く見てみると、「あなたの《宇宙人》のキャラが2枚以上の時、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000」と書かれています。
 つまり、振り分けることが可能なのです。

 例えば、この効果が最大限に発揮されるのはパワー差500の場所が2ヶ所ある場合です。具体的には7000の待機モード 長門が2枚並んでいる状態で7500の朝が苦手 阿良々木暦を並べてフロントアタックしているような状況ですね。
 パワー1000を2ヶ所に振り分けることで、助太刀1枚で2枚のキャラを守ることができます。パワーを上回れているフロントアタックなのに実質1アドとれちゃいますね。
 また、500差が1カ所の場合でも効果を発揮します。例えば待機モード 長門2枚に対して10500の蟹に行き遭った少女 戦場ヶ原ひたぎを控えた状態で朝が苦手 阿良々木暦がアタックしている状態です。
 まずはパワー差は500なので残りの+1000は余分ですよね。これを蟹に行き遭った少女 戦場ヶ原ひたぎの前の待機モード 長門につけちゃいましょう。そうするとパワー8000になり、+3000カウンターが通るようになります。相手はこれを避ける為にサイドアタックをしたとしたら、アド損を防いだ上でソウルを1下げて……といろいろ都合が良いですよね。

 あとは滅多にないでしょうが、1000差の場所が2ヶ所の場合も相打ちを取ることができます。2:3でアド損してるので、あまり意味はないんですけどね。
 類似カードとして下酷城城主 宇練 銀閣謎に詰め寄るコーデリアがあります。「○○のキャラに~」は選ぶのを迷わないんですが、「○○ならキャラ1体に~」という表記は見逃しやすいですね。


 続いてはまたまたハルヒから~。


 情報連結解除
 2/0/イベント
 【カウンター】あなたは相手のクライマックス置場のクライマックスを1枚選び、控え室に置く。


 クライマックスというのはすでに控え室に行くことが確定しているカードなので、このカードをどうせ使うなら主にCXシナジーにカウンターをして行きたい所です。
 しかしながら、状況によっては単にクライマックスを落としたい・落とさなければいけない時もあると思います。
 ですが実は、クライマックスというのは妨害できるクライマックスとできないクライマックスの2種類あるのです。妨害できないクライマックスにカウンターしてしまえば、空撃ちになってしまって状況が悪化してします。
 そうならない為にもキチンとした知識を身につけましょう。

 とは言っても、見分ける方法は簡単です。永続効果なのか、自動効果なのか。これを調べるだけですね。
 『【永】 あなたのキャラすべてに、パワーを+1000し、ソウルを+1』
 『【自】このカードが手札からクライマックス置場に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を、ストック置場に置き、自分のキャラすべてに、そのターン中、ソウルを+1』
 とまあ、こんな具合です。、気づいていたでしょうか?

 情報連結解除で妨害できるのは永続効果の方です。
 なぜ、このようなことが起きるのか。基本的なことですが、少し説明いたしましょう。

 まず永続効果ですが、これは全ての能力に「このカードが舞台に存在し続ける限り」という省略されたテキストがあります。
 なぜかと言えば、そりゃあ「動物にパワー+500」なんてテキストが山札から控え室からストックから発動するようでは困りますからね。『永続』と銘打っていますが、無制限ではないってことです。
 舞台に存在し続ける限り……逆説的に言えば、舞台からなくなってしまえば効果は消えるということです。情報連結解除で妨害できる理由はこれです。
 
 反対に自動効果ですが、この効果は瞬間的に発動し、すぐにカードの効力は消えます。効力の消えたカードを動かした所で、発動した効果になんら影響はないのです。
 例えるならば自動効果を飲み物、カードをペットボトルとして、飲み物を飲ませるのを妨害しようとペットボトルを捨てたけど、そのペットボトルは飲み終わった後だった……みたいな感じでしょうか。飲み終わった後にペットボトルを捨てたからと言って飲んだ事実が消えないように、使い終わったカードをどうのこうのしたとしても使った効果は消えないってことです。
 ……分かりづらいですかね?w


 最後にKOFのカウンターカードを1枚。


 紫炎と緑炎
 1/1/イベント
 【カウンター】 あなたは自分のキャラを1枚選び、手札に戻す。そうしたら、相手は自分のキャラを1枚選び、手札に戻す。



 このカードはカウンターで撃つといろいろと面白いことになります。
 まずは自キャラのバウンス……つまり疑似アンコールのようなものがつきます。登場コストはかかってしまうものの、登場時の効果をもう1回使えることができます。
 レベル1で使えば登場コストのないキャラは豊富ですし、終盤で使えばCIP回復のキャラを回収することができます。そうした意味でいろいろと融通が効くのではないでしょうか。

 続いて、1回目のアタックで使った場合は相手に面白い選択肢を突き付けることが可能です。
 アタック中にキャラを手札に戻した場合、ダメージステップでキャラがいない(=ソウルがない)のでダメージそのものが発生しません。もちろんバトルステップでもキャラがいない(=パワーがない)のでバトルも発生しません。
 前列の他のキャラを戻せば、キャラがいなくなるのでアタックそのものがなくなります。アタック中のキャラを戻した場合と違い、こちらの場合はトリガーチェックも発動しないのでストックが増えません。
 後列を戻せばパワーが下がります。それでパワーが逆転したり、また次のこちらのターンで逆転が容易になりますね。

 あとは相性の良いカードとして身構える沙耶“エクスタシーモード”沙耶が挙げられます。
 バトルしてリバースしたりしても、キャラの移動はほとんどありません。なので普通は身構える沙耶が3枚並んでいたとしたら、普通は7500で戦うことを前提に場を調整しないでしょうか?
 そうして8000のキャラが並ぶとします。そしたらこのカードを使うことによって返り討ちにすることができるのです。これは朝比奈 みくるなどで場を調整した時にはない利点ですよね。もちろん2度目は効きませんけど、奇襲するには面白いカードだと思います。

 一番良い状態は相手の後列がいないことです。あらかじめWASなどで削っておくと嫌な顔をされるかもしれませんね。


 今日はこんな所でしょうか。寝不足で寝てしまいましたので、更新が朝になってしまいました^^;
 ちなみにカウンターでソウル2のキャラ……なんてのもいるんですよ。“がんばり担当”クドってカードです。プロモですし、コスト2で使い勝手が悪いので見かけることはないと思いますがw
 あとは登場コストと助太刀コストが違うカード……なんてのも存在します。神凪 いつきですね。登場は1コストですが、助太刀は0コストです。

 カウンターにもいろいろな効果がありますから、こうやっていろいろと見ていくと面白い発見とかあるかもしれませんね。
 今日はこれにて失礼します。

 次回→『テンプレハルヒのマイナー改造』について
スポンサーサイト

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

No title

紫炎と緑炎はオープンで黄色を入れる一番の理由と言っても過言じゃないですねw

一つ屋根の下 美琴&黒子やミルヒオーレ・フィリアンノ・ビスコッティや蟹に行き遭った少女 戦場ヶ原ひたぎといったリバーストリガーの能力を発動させなく出来るのでw

みこくろは効果が先払いなので能力使用を躊躇わせる事も出来ますw

Re: No title

 うわぁ……また露骨な宣伝がww
 こういう広告って他のブログにもあるんですかねー。それとも著者がアフィリエイトをやってたのが仇になってるのか……w

 >国士さん

 なるほど、そういう考え方もありますねw
 スタンは大会がないのでガチで組まないんですよねー。[“頑張り屋さん”クド]みたいにほぼネタデッキでしか使わないので……。ただ、店舗大会はオープンが多いのでガチスタンで組むのはそれはそれで面白そうですね。
プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。