スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参戦タイトルレビュー

 コメントの方でまどマギを薦められて見たのですが、感想を書くついでにせっかく他の参戦タイトルも知っているのであらすじなどを記しておこうかと思います。


 ○ソードアートオンライン○

 ――これは、ゲームであっても遊びではない。

 新しく発売したVRMMORPG(簡単に言えばリアルなオンラインゲーム)、ソードアートオンライン。それを起動した1万人プレイヤーがゲームの中へ閉じ込められた。
 犯人、萱場明彦は言う。「ゲーム内での死は現実の死。自発的に脱出方法はアインクラット最上階100階まで到達し、ゲームクリアをすることのみ。諸君の健闘を祈る」
 これは最前線で戦うソロプレイヤー、キリトに焦点をあてた物語である。


 とまあ簡潔に1巻の内容をまとめてるとこんな感じですね。アクセルワールドを含め、絶対にはずせない要素がVRというシステムでしょう。まだまだ開拓し始めたばかりのジャンルなのでマイナーですが、物語の肝となるのでぜひとも理解して欲しいですね。説明としては「リアルなゲーム」としか表現できないのですが^^;
 ヒロイン力の高いアスナさんが重要なのは語るまでもないとして、あえて他にテーマを挙げるとするならば「無秩序となった世界で、好き勝手やることは本当に正しいことなのか。そして正義に意味はあるのか」ということを問うてると思います。PK(他の人のキャラのHPを0にすること)が本当の人殺しになる世界になりますが、これを取り締まる統治機関はありません。つまりレベル制オンラインゲームである以上、自分のレベルが一番になってしまえばそれを止められる人間は誰もいないのです。
 そんな状況下で求められている正義とは一体なんなのでしょうか。基本的には“愛と勇気の物語”なこの小説ですが、このことを頭に置いて読んでみるとちょっとした発見があるかもしれません。


 ○アクセルワールド○

 ――もっと先へ『加速』したくはないか、少年

 デブでノロマでドジで頭も良くなくて……と何かと卑屈な主人公、春雪。彼はイジメを避ける為、昼休みはいつも人気のない場所でゲームのハイスコアを目指す作業にいそしんでいた。
 そのハルユキの並はずれたスコア、そして反応速度に目を付けた学園のアイドル、黒雪姫。彼女にいざなわれてインストールされたゲームは選ばれた者にしか使えない格闘ゲーム、ブレインバーストだった。
 孤独で味方を欲していた黒雪姫にイジメを助けられたハルユキは忠誠を誓い、彼女と共に道を歩む。


 概ね合ってますが、大体間違ってます(笑) AWは3回しか読んでないのでイマイチまとめにくいですねー; 本も貸して手元にありませんし。
 分かりにくいのでもうちょっと補足しますと、ブレインバーストというのはただの格ゲーではなくて、バーストポイントという現実を加速させる(つまり速く動けるようになったりとか)ポイントを賭けて争うゲームなのです。3秒を30分に引き延ばすことができますので、試験もカンニングしながらやっても気づかれませんし、スポーツだって何でもできちゃいます。お金では手に入れることのできない、誰もが欲するポイント……って感じですね。時間の概念的にはまどマギのほむほむとか、ジョジョのDIO様とかの認識で良いと思います。でも世界観は電脳コイルに似てます(キリッ
 この小説の見どころはハルユキの狂おしいほどの卑屈さというか、献身さですかね。ブレインバーストのキャラは個人によって質が異なるのですが、ハルユキ君の初期キャラは非常に貧弱で、他のキャラよりもHPが低いクセして攻撃もパンチとキックとヘッドバッドしかなくて、何の取り得もないようなキャラなんです。それでハルユキ君は「現実では何にも役に立たないからブレインバーストで恩返ししたいのに、ゲームでも誰にも勝てないようなキャラを作っちゃって、黒雪姫先輩の何の役に立てないそんな自分が大っきらいだ」という具合なのです。ことあるごとに自分を卑下し、先輩に捨てられないように必死に献身する態度は非常にいじらしくて、可愛いのではないかと思います。ただ、そばにいてくれるだけで満足な黒雪姫先輩とは想いがすれ違ったりして、またドラマがあったりするんですけどね。

 あ、もちろんハルユキ君はちゃんと活躍しますよ。


 ○魔法少女まどか☆マギカ○

 ――僕は、君たちの願いごとをなんでもひとつ叶えてあげる。僕と契約して、魔法少女になって欲しいんだ

 鹿目まどかは放課後 謎の声に助けを求められ、導かれた先にいたのは夢の中に出てきた白い動物なような生き物、キュゥべえ。そしてそれを襲っているのは同じく夢の中に出てきた転校生、暁見ほむらだった。
 友人、美樹さやかと協力しつつキュゥべえと共に逃げ出すものの、逃げた先は魔女の結界内。魔女の使い魔という化物に囲まれて窮地に陥るが、魔法少女、巴マミに助けられて九死に一生を得る。
 まどか、そして さやかは初めて見る魔法少女を目の当たりにし、続いてキュゥべえに告げられた。
 「僕と契約して、魔法少女になって欲しいんだ」と。


 著者は1回しか見てないので内容は保証しかねます(笑) いやこのアニメ、ネタバレすると楽しめないのでどこまで明かすのかが難しいですね^^;
 著者がまどかマギカを見て思ったのは「社会をよく表してるな」としきり感心したことを覚えています。例えば、まどかが言うことは常に正しいです。間違ったことは決して口にしません。でも、役に立ちません。正しいことをやっているのに失敗します。そういう経験は皆さんにもあるのではないでしょうか。こういうことがまどマギには多く溢れ、大変参考になる作品かと思います。
 少し話が変わりますが、皆さんにはカードトレードの際、「交換する前は同じ価値に見えたけど、後から考えてみれば不当な交換だった!」ということが一度くらいはあったのではないでしょうか。キュゥべえがしきりに口にする“契約”。これが本当に正当なモノなのか? 本当に公平なモノなのか? それを考え続けることが、視聴する上で1つの着眼点になると思います。



 あらすじなどに関してはこんな所でしょうか。後半になるほど紹介文が長くなっているのは、目をつむっていただけると助かりますw
 著者的にはどれもイチ押しです。ガチシリアス大好きな著者の好みど真ん中でした。
 逆に日常や生徒会の一存などのコメディを愛する方には向かないかもしれません。濃いシナリオが好きな方が視聴してナンボだと思います。ただしSAOとAWのアニメは保証しかねますw
スポンサーサイト

テーマ : チラシの裏
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

まどまぎ

まどまぎがうけたようで良かったです。

きゅうべえはネタセリフの宝庫ですので、聞いたことがあるセリフを言ったかもしれませんねww

「僕と契約して~」とか「わけがわからないよ」とかですね。

有名なセリフが物語の中心になることを顕著に表した作品だと思います。みなさん、セリフに見覚えがあったら見てみるのも悪くないですよw

合言葉は「1歩引いて見る」ことです。じゃないとガチシリアスに飲み込まれます

No title

先日の更新でカムバックの情報出てましたね。
カード次第ではタイトルもっている人には良さそうですね。
交換率もよいみたいですし。

SAO&AWでの敗北は、何らかの形でのゲームからの脱落を意味しているので(AWはペナルティやや軽めですが)WSにくる時は思い出行きのカードが多そうな予感が。

Re: No title

 >toaruhantouさん

 最近のアニメはラノベぱくった奴ばっかりだったんで、オリジナルアニメってのはやっぱ良いと感じました。小説でできることをアニメでやるのはコストや表現の難易度で劣化だと思ってますしね。魔女の結界は感心しました。

 のめり込むのも面白い……というか著者はそんな感じですかねー。純粋な気分で見るのは2週目じゃできませんから……。まあ先の展開を推理して見ていくのも面白そうではあるんですけどね。

 >小鳥遊水さん

 金券の相場が1500円って考えるとかなりお得ではありますね。まあ公開するカード次第なんですがw
 そしてレベル3コロニーがようやく出てくるようで安心しました。ただまあプロモなんでオタクみたいな扱いになりそうですが……。

 SAOは負けたら脱落ですが、アスナ以外では主要キャラが負けてないことを考えるとサブキャラはともかくメインで思い出に行くのは難しくないですか? まあだからと言って他の能力を推測できる訳ではないんですが。キリトとアスナのネームとかあるかもしれませんね。
 アニメがどこまで入るか分からないですが、フェアリーまであるのならアスナやシーエンはウンディーネですし青で回復って感じがしますよね。逆に速攻系のシルフは黄かもしれません。サラマンダーは素直に赤だとして、ケットシーが緑……ってまあ感覚で話してるのですがw
 あ、そういえばモンスターがカードになるかどうかって重要な気がします。BOSS級のモンスターも大事って言えば大事ですし、ピナもいますからね……。ヴォーパルストライクとかのスキルはイベントになるのか、クライマックスになるのか……。いろいろ想像できますねw

大会行ってきました。

こんばんは。
市外に出る都合があったので、帰りにまどマギTDのショップ大会にでてみました。
家庭用のカードゲーとはやっぱり勝手が違いますね。
緊張の雨あられ。
対戦者の方に恵まれたおかげか、勝っても負けても面白かったです。

Re: 大会行ってきました。

 遅れました、こんにちはw

 大会乙です。まあ大会は慣れないと緊張しますよね。3ヶ月も通えば身内げーと大差ないんですが……w
 勝っても負けても面白いってのは一番良いですよね。

あと


1週間…( ̄▽ ̄)


>まど☆マギ

見終わるの早っ!w
反応を見る限り全然大丈夫だったぽいですね。うーん、俺がキャラに感情移入し過ぎなのか…^^;
他のキャラはまだ良いとして、さやかちゃんの扱いが正直可哀相過ぎる気がしたのでアレをもうちょっと何とか出来なかったのかなー…って思いが抜けきれず。
いやま、5人の中ではまどかに次いで好感度低いキャラなんですけど^^;

>>まどかが言うことは常に正しい
『力なき正義に意味は無し』。まどかの台詞は実にこれをよく表していたと思います。
個人的に一番達観してると思ったのがまどかのお袋さん。この人が言うコトは全て真理です(笑)
最終的には神をも凌駕する力を得たコトで結局自分の我が侭を貫き通したまどかちゃんですが…^^;


劇場版では全員ハッピーになれるENDが良いなぁ…
欲を言えばドラマCD2巻みたいなノリが出来る展開(&結末)が理想。本編では出番の無かったティロ・ボレーやロスト・ファンタズマも出してくれるなら言う事無しw
5人揃えば地力でワルプルギスに勝てるかもしれませんし。電磁砲みたいなクロスオーバーでおりこやキリカも参戦出来るなら更に勝率UP(笑)


そして今月予想以上に金欠過ぎてシングルが買えない予感…
どうしたもんかなぁ。電気カーペット買わなかったのが裏目に出たかorz

Re: あと

 そういえば後1週間ですね。正直 買う資金はないですw

 さやかちゃんの扱いは確かにヒドかったですね。マミさんの時の誤解がなければ、ほむほむの助けを借りられてもうちょっとマシな展開になったかも。まあ悲劇のヒロインを意識されてるから仕方ないと言えば仕方ないんですかねー;
 著者もさやかちゃんはそんな好きじゃないです……いや嫌いって訳じゃないんですけど。ただ、最期は自暴自棄になって、捨て身で討伐して破滅しちゃったってのが……。境遇的には仕方ないとは思うんですけどね。

 まどかは確かに力なき正義って感じもしますね。お母さんは……経験ですよねw
 まどかのラストですが……QBの契約の穴をついたって感じですか。例えば「魔女にならない身体へ」という願いを乞われた場合、願いが成就すれば魔女にならない魔法少女が出来上がってしまい、願いが成就できなければ魔法少女にすることは叶わず。最終話まで見たので結果論ではありますが、QBとしては『魔女は魔法少女のなれの果て』という事実を何がなんでも隠匿すべきでした。それを明かしてしまったことで今回の結末を呼んでしまった気がします。

 劇場版はどうなるのやら……。映画化したものをあまり見ないので、楽しみなようなそうでないような、と言った感じですw

 そういえば1つ疑問に思ったんですが、マミさんが死んだ時になんでまどかが願いで復活させるかどうかを考える描写がないんでしょうかね。「亡き人を生き返らせたい」ってのは王道的な願いの1つだと思うのですが。
 QBもまどかを魔法少女にさせたいんだったら、そうやって唆しても良かったと思うんですよね。シナリオの都合的には「戦う人生なんて嫌だ」とかなんか理由をつけてならない道を選らばなければいけないんですけど。

No title

どうも、お久しぶりです。

自分が思うには、魔法少女=死みたいなイメージを植え付けられてしまったというか…。
「願いはないけど魔法少女になりたい」というのが、マミさんが目の前で死んで「願い(マミさんを生き返らせたい)はあるけど魔法少女にはなりたくない」という考えに…とは言わないまでも、近い気持ちになってしまったのかなと。
人間、恐怖には敵いません。よって、願いも叶いません(ドヤァ
…失礼しました。

Re: No title

 お久しぶりですー。

 なるほど……。
 ただ、QBが誘導しなかった理由にはならないんですよねー。まあ地球外生物の思考なんか分からないよ、で説明はできてしまう訳ですが……。知的生命体ということで納得できる理由が作中で明かされれば良かったんですけどね。

マミさん

こんばんは。

>マミさんが死んだ時~
①1話冒頭「まどかの夢」
②11話冒頭「QBの仮説」
③11話後半「人魚の魔女からの展開」
このあたりがヒントなんじゃないかなぁと思います。

キャンペーンのまどマギスリーブとマットがイマイチですね。もう少し何とかして欲しかったなぁ。

No title


返答を考察含みで書いてたらかなりの量になってしまった…orz


>>マミさんの時の誤解がなければ、ほむほむの助けを借りられてもうちょっとマシな展開になったかも

これ最初は俺も思ったんですけど、推測する限り無理っぽいんですよね…

ほむらが転生を繰り返してく中でさやかを救えなかった描写が何度も出て来ますが、最後のアルティメットまどかが宇宙を創造し直した後でさえ『あの場面で』倒れる結末は変わらなかった。
つまりこれは「例えまどかが因果を塗り替えた後でも、運命の流れそのものは変わらない」、と言うコトを意味します。
そう考えると、もしさやかの運命を変えようとするならまどかの時と同じ…或いはそれ以上の回数を転生して可能性を探らない限り、さやかが「生き残る」と言う運命に辿り着けないかもしれません。
まどかの時でさえあの運命へ辿り着くのに相当な回数転生を繰り返してる筈なので(しかも結局まどか本人は救えていない)、さやかの為にそれをやるとなると…って感じはしますね^^;

因みにこの理屈でいくと「それならマミさんの運命は?」となりますが、マミさんがあそこで退場した次元は作中の描写を見る限り本編の次元のみ。
他の描写を観る限り大半の次元ではその時点で既にまどかが仲間になっており、ループに入ってからはほむらも一緒だった事を考えるとマミさんが『あの時点で』退場してしまう次元の方が稀有な場合だったと推測出来ます。
(上記の状況を鑑みるにマミさん退場のフラグはあの時点でまどかが覚醒していない&ほむらの行動が縛られている状況…即ちマミさんがソロでシャルロッテに挑んでしまう様な場合)

そう考えるとマミさんがソロで退場し、且つ魔女化したさやかと杏子が相討ちになる…と言う結末は幾多の次元の中でもかなり珍しい例だったのかもしれません。
ほむらの台詞聴く限りは、マミさんがソロで退場する運命にも何度か逢ったコトあるっぽい様な感じでしたけどね。。。


>>自暴自棄になって、捨て身で討伐して破滅

本当ですよね~。さやかがもうちょい、あとほんのちょっとだけ素直になれていれば…って気はしましたorz
自業自得と言えばそれまでなんでしょうが…俺はさやかちゃんに其処まで冷たい台詞吐けませんorz

皆達観し過ぎてて忘れがちですが、こんな子達も元は普通の中学生(杏子除く)。
思春期特有の悩みも多かっただろうに…と考えると、ある意味さやかが1番人間臭かった気がします。。。
…まぁ別の作品には9歳で核を越える威力の砲撃したり、3歳にして世の中のコトを真剣に考え出したりする娘達も居ますけどwww


>>「魔女にならない身体へ」という願いを乞われた場合、願いが成就すれば魔女にならない魔法少女が出来上がってしまい、願いが成就できなければ魔法少女にすることは叶わず

これに関しては普通に叶えられそうな気もします。…が、そうするとその娘は魔女にな『れ』ない為ずっと闘いの運命に縛られ続けるコトになりますね。
こうなってしまうと下手すればほむらちゃんより苦しい運命を歩む気が…(ーー;)

魔女化が無くなるとそれに伴うエントロピーの発生も無くなるのでキュゥべえ達からすればデメリットしか有りませんが、彼等からすればそれすら「人類の可能性の1つ」「興味深い対象」として受け入れられ重宝される様になるかもしれませんね^^;
(「同一時間軸を生き続ける」と言う意味で「並行次元を渡り歩く」ほむらちゃんとは対極に位置する魔法少女になりますが)

魔女化はある意味に置いて魔法少女になった後の唯一の救済措置と言えるので、其処を自ら封印してまで闘いの道を歩み続けるコトに耐えられる子が居るかどうか…と言うのが焦点になりますね。
魔法少女になった場合の境遇や運命を全て受け入れてまで「魔女化しない魔法少女に」と願うことの出来る娘はそうそう居ないと思います^^;

…此処まで書いてきてふと思いましたが、魔法少女になった後の(肉体的な)年齢ってどうなるんでしょう…?
歳とらなくなるのかな~。転生繰り返してたほむらちゃんは良いとして、他の魔法少女って(魔女化しなければ)一体どれぐらい生きられるんだろう…?
キュゥべえの話を聞く限り「魂を物質化した」とあるので、肉体はもう歳をとらない様な気はしますが(ヴァルキリープロファイルやバスタードで言うアストラル体みたいなイメージ)w


>>QBとしては『魔女は魔法少女のなれの果て』という事実を何がなんでも隠匿すべきでした。それを明かしてしまったことで今回の結末を呼んでしまった気がします。

その通りです。本編の次元でそれバラしたのはほむらちゃんでしたけどw
恐らくですが、インキュベーター側としてはこの部分がバレるコトについてある程度仕方ないと思ってる節があると思うんですよ。
作中では見滝原が舞台になってるので余り語られませんでしたが、他の場所でも共闘してる魔法少女達って結構多いと思うんですよね。
そうすると今回のさやかみたいに何かをきっかけに魔女化してしまう子達を他の子が見てしまう可能性は十分にある訳で…
またキュゥべえの振る舞いを観る限り、「自ら詳細を話すコトはないが訊かれた場合は答える」と言うスタンスを取っているので、もし魔女化について訊かれたとしても普通に教えてしまいそうな気がします^^;

寧ろ個人的に失敗と思ったのは、まどかに今までの魔法少女の歴史を見せてしまったコトです。
この行動によりまどかは今までの魔法少女の運命を知ってしまい、あの願いに至るまでの境地に達してしまった。
キュゥべえ自身も述べていた通り「人類に自分等の行動を理解してもらう為」に取った行動だとは思いますが、「人は理屈では無く感情で動くもの」と言うコトをキュゥべえ自身が理解し切れていなかった様ですw
この辺りは「個々の感情を持ちえない」インキュベーターだからこそ有り得た反応だと思いますが、それが完全に裏目に出てしまった感じですかね~。


>>劇場版はどうなるのやら……。映画化したものをあまり見ないので

おろ?と言うコトはヱヴァやなのはも観てらっしゃらない?w
個人的には映画の方が下手なアニメより全然出来が良いと思える場合が多いので、劇場版には結構期待してますけどね~♩
(俺の中では既に上記2作の評価はTV版の遥か上をいってます)


>>マミさんが死んだ時になんでまどかが願いで復活させるかどうかを考える描写がないんでしょうかね。「亡き人を生き返らせたい」ってのは王道的な願いの1つ

うーん…こればっかりは何とも言えませんが、マミさんが魔法少女になった時の願い事を既にまどかが聞いていた…からじゃないでしょうか。
一度は失い欠けた命を奇跡で再び呼び戻し、それを魔女との闘いで失う…
これを呼び戻すと言うコトはマミさんに対して「再び魔女との闘いに戻って(=また魔女との闘いで死んで)」と言うのと同義なので、それを懸念した可能性が有ります。
その上今度は自分がその立場に立たないといけなくなる。それもまどかにとってかなりキツい制約になります。

後はマミさんから「他人の為に祈るのがどうゆう事か」と言うのを聞かされていたのも大きかったかもしれません。
自らの境遇をマミさんと同じ位置に立ててまで他人の復活を望むだけの覚悟と思いが、この時点でのまどかには無かったのかもしれませんね。。。

また、この時点でのまどかはキュゥべえから「自分が如何にヤバい存在なのか」と言うのを(本格的に)聞かされていないので、ひょっとしたら其処までの考えに至るコトが出来なかったのかも…?
さやかが自暴自棄になった時は「さやかを元に戻したい!」と言う様な願いを明確に見せる描写もあったので、あの時点で自身のヤバさに気付いていれば或いはマミさんの復活を望んだかもしれませんね。。。

キュゥべえがまどかにその願いをけしかけなかった理由は不明ですが、あの状態のまどか(&さやか)を観て「今の状態だと無理だなこりゃ」とサジを投げたか…
或いは魔法少女か魔女に反転する際に発生するエントロピーの量は元の願いに比例するものなのか…
これは推測が立てづらいかなりの難題ですねw
研究題材に含めておこう…(ぉ

因みにドラマCD1巻でまどかがほむらとあった最初(?)の次元で叶えた願いが明らかになりますが、コレを知るとほむらがまどかに入れ込んだ理由とOPでの1シーンの理由が明らかになりますw
逆の見方をするとこの願いを叶えたのに何故さやかやマミさんにはその様な行動を…?と疑問に抱く部分も出てくるので、ある意味ではまどかの思考における矛盾点の開始ポイントとして考察する価値がある処かもしれませんw


ではでは、長くなってしまいましたがこんな処で。
ヴァイスと全く関係無い長文失礼しました。。。

Re: No title

 >小鳥遊水さん

 遅くなりました、こんばんは^^;
 一応セリフを見返してみたんですが、ピンと来ないんですよねぇ……。

 スリーブはともかくマットは悪くないと思いますよ。……昔の作品と比べれば、という言葉がつきますがw

 >SAIさん

 長文お疲れ様です。大変参考になりましたm(_ _)m


 >さやかちゃん魔女化

 確定的な結末、ということですか。異なる時間軸同士は干渉し合わないので立証たりえない……と言いたい所ですが、まどか概念化後を含め3回の実証例を出されれば認めざるを得ませんね。確かにマミさんの件で誤解していなくても魔女化は避けられなかった、というのが開発スタッフの意図って結論で良さそうです。
 SAIさんの説明に補足しますと、「確定的な事象がある」と定義すれば「マミさんの死亡は確定的な事象ではない」と説明づけることでマミさんとさやかちゃんの例とは区別できます。SAIさんの言う通り、本編での時間軸は希有な例だったかもしれませんね。


 >年齢設定

 あ、そういえばそうでしたねー。年齢設定はよく忘れますw
 そう言われて気づきましたが、自分達との価値観は違うんですよね。物語を考察する上で、年齢が合わない私達にはここら辺は注意しないとダメですねw


 >魔女にならない魔法少女

 もしできるとしたら、インキュベータサイドとしてはかなり不利な内容になるはずなんですよねぇー。

 インキュベータとしては最初に魔女さえ発生してしまえば、それを討伐するにはそれより上位の魔法少女が必要になり、それが魔女になればまた上位の魔女が……という具合に無限ループして人類が滅亡するまで搾取し続けることができます。
 ただし、その無限ループを抜け出す数少ない1つの手段が『魔女にならない魔法少女』の存在です。「その魔法少女より上位の魔女が存在しない」という前提に限り、この魔法少女が魔女を狩りつくすことによって無限ループを崩すことができます。
 ってのを、どっかの時間軸でワルプルギスをアッサリ倒したまどかに「最強の魔法少女になり、最悪の魔女になる」という話を聞いて漠然と考えたことです。絶望を抱えて魔女になるか、闘争に明け暮れる魔法少女を永劫やるか、どっちが幸せになれるかってのは価値観の問題なりますが……。

 見た目の年齢についてはどうなんでしょうね。この手の話は年を取らないのが相場になってますが……はてさてw


 >魔法少女が魔女のなれの果てという事実の隠匿

 確認してみたら、魔法少女の負の部分を見せたかったほむらが明かし、魔法少女になってもらうために(結果的には失敗したが)キュゥベェが詳細を話したみたいですね。後者の部分が印象的だったのでキュゥベェが最初に話したと勘違いしていましたが、SAIさんが言った通りほむらが明かした後になら弁明するつもりもないよう。

 改めて考えてみると「過去の魔法少女の末路」を語ったのも確かに致命的な悪手だったように思えてきました。
 『今』を考えることしかできないまどかに、『過去』と『未来』を教えた結果があの願いになったのですから、ちょっと皮肉な感じがしますね。


 >映画化

 なのはは良かったんですか……見てようかな。エヴァは原作を途中までしか見てないんですよねーw


 >マミさん蘇生伝々

 なるほど……。深い考察ですね。
 ただ、これまでの話を聞いても「まどかが考えもしなかった」かつ「キュゥベェがけしかけなかった」という事象の説明にはピンと来ないんですよね。いやまあビークルが勝手に悩んでろよって話でもありますが……w

 ……ちなみにここまで話しといてなんですが、「スタッフが発想に至らなかった」とか「尺の都合てカットされた」とかっていうメタ的な理由はあるんですかねー。そうであって欲しくはないですが……w

やばいまずい強い

まどまぎはやばいまずい強い、強すぎる。レベル応援に絆、回復にチェンジ絆。
ネタカードばっかりだと思っていたら、いつの間にかなんでもできるタイトルにww

バーン以外は色んなことができそうですね~ 2/1シフトほむほむの対応が宝なのも強いですし。


トライアルが微妙なのはこれの布石だったんですかねwww

さすがまどまぎです。人気と期待と気合いが違うw

Re: やばいまずい強い

 まどマギはチェックしてなかったんですが、そんなにやばいんですか……。
 まあ見公開カードもあるので、発売してからチェックしてみるとしますw

No title

初めまして、ベルです。
ヴァイスのことでお聞きしたいのですが、
今、ハルヒの長門関連のカードや、とあるのカードを持っているのですが、
ちょっとの間ヴァイスを離れていていまいちわからないのですが、
ハルヒや制限をくらったとあるでも全然公認や公式大会の
ネオスタンを戦っていけるでしょうか。

あと今、どんなタイトルが強いかも教えてください。

Re: No title

 初めましてー、ビークルです。

 ちょっと離れて……といってもどれくらいか分かりませんが、ハルヒととあるは現役だと思いますよ。
 宇宙人はテンプレを参考に、とあるもテンプレ軸で良いと思います。

 まどマギはさておき、強いタイトルと言えばアイマスや化物語ではないかと思っています。あとはエンジェルビーツも最近は人気が出始めましたね。安定してると思います。
 まあ何が強いかっていうのは意見が分かれる所かもしれませんけどね。参考になったでしょうか。

No title

返信有り難うございます。

ヴァイスに詳しくなくて、テンプレとか載ってるサイトが
分からないのですけど、
よければヴァイスに関するオススメのサイトを
紹介してもらえないでしょうか?

強いタイトルに関して助かりました。
有り難うございます。

Re: No title

 ヴァイスのオススメのサイトはないですね……。
 元々このブログは「ヴァイスの解説サイトがない!」ということで立てたものなので。とは言え、最近は更新も疎らになってしまいましたが……。

 テンプレハルヒ
 http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-207.html

 テンプレ超能力
 http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-206.html

 テンプレハルヒは[朝比奈 みくる]以外の緑を抜いた構築が基本構築になります。
 テンプレ超能力はURL先にはレシピはないです。公式を探せばあるかもしれませんが……。
 レベル0は[お姉さまへの憧れ 黒子][春上 襟衣][浴衣の初春]、レベル1は[常盤台のお嬢様 黒子]、後半は[一つ屋根の下 美琴&黒子][水着の初春][“多重能力者”木山]、カウンターは[水辺の初春][ビックスパイダー]を軸に組むのが一般的です。

No title

返信有り難うございます。

私も探したのですけど、このサイトしか見当たらず、
このサイトにはすごく助けられています。
有り難うございます。

ハルヒの超能力とは長門ばかりのデッキのことでしょうか?
公式で一度みてそれに似たデッキなら使ってたのですけど、
古くてあれ強いかなとわからなくて質問させてもらったのですが、
まだ使えるの全然知らなかったですw

とあるは制限くらう前のテンプレパーツはあるので、
ビックスパイダー以外は持っていると思います。
一回作ってみて公認でも行ってみようと思います。

有り難うございました。

Re: No title

 ご贔屓にしていただきありがとうございます。
 うーん、早めに再開した方が良いですよね……どうしたものやら。

 超能力っていうのはとあるの方ですね。ハルヒの超能力だと古泉君になりますが……w
 テンプレハルヒは今でもトップメタだと思いますよ。とは言っても著者個人の思想になりますけどね。

No title

長門って超能力ってイメージあって勘違いしてましたw

さっきハルヒの方見てたんですが、
残り2週間の夜×2
夏祭りの長門×1
温泉のハルヒ×3
が足りなかったんですけど、これでもデッキはちゃんと機能しますか?

ヴァイスってうちの周りだけかもしれないですけど、古いのどんどん
なくなっててハルヒとか手に入れるのがしんどくなってるので、
なくても機能するなら助かるのですが・・・

とあるはだいたい組めました。
チェンジ使う初春と美琴&黒子をフィニッシャーにして作っときました。
助かりました。

Re: No title

 足りないカードはどれもほぼ必須ですね……。
 テンプレはレベル2になったら[夏祭りの長門]を2枚並べてのCXシナジーを目指します。なので長門が落ちると機能しなくなる2枚、[残り2週間の夜]はサーチ回収が効かないので自力で引くとなるとそうとう厳しいです。
 唯一[温泉のハルヒ]は宇宙人に寄せることでどうにかなるかもですが、そうすると事故った時の保険はかけられないですね。

 まあ結局、供給ってのは流行ってるか流行ってないかって話ですね。
 流行ってれば古くてもお店に並びます。並べば売れるんですから。
 そういうのは個人でどうにかなることはできませんし、廃れるとどうしようもないですねー……。

No title

必要ですか(汗

多少高いでしょうけど、シングル探してみようと思います。

何度もすいませんでした。

助かりました、有り難うございました。

Re: No title

 どういたしまして。お早い返信、お疲れ様でした。

宇宙人(長門)と聞いて

いやあ、コメントもかなり間があいてますね~

毎日来てますけどwww


さて、長門についてですが、普通にシングル扱いのあるカードショップでシングル買いするのが一番安いですよ。パーツがだいぶそろってるようなので、パック買いはやめた方がいいですね。

とくに温泉ハルヒはブースターのRなので、1BOXに1枚以下ですから、シングルが結果的に安いですよ。他もですが。

ちなみに超能力の方は長門よりバリエーションがあるので、シングル買いだと調整がききにくいかもしれません。しかし、エキスパンションが2つあるので、結局シングル安定ですww


最近エンジェルビーツの安定性が憎い。宇宙人なんて夏祭りが出せないと負け戦ですからね…

さて、明日のテストが終わればフリーなので、トリオカーニバルのデッキ調整でもしますかね~ 今日当落メールが来ました(^-^ゞ

Re: 宇宙人(長門)と聞いて

 更新も空いてしまってますしね……。申し訳ない;;
 忙しいって訳でもないんですが、やる機会とかなくなっちゃってモチベーションの問題だったり……。

 個人的にはパックは安定しないんでCUとかも全部シングルで揃えちゃいますねー。
 パックで買うと1枚33円(270円/8枚)ですが、下手なCUはそれ以下で売ってますし。まあカードプール揃えるのは面倒ですがw

 ABは安定しますねー。オペトレが強すぎますw
 アンコールついた7500だとか、早出し10000とか。

 トリカニって普通のネオスタンとは違うんですかね。よく見てないので何とも言えませんが……。

トリオカーニバル

トリオカーニバルは普通にネオスタンのチーム戦です。トリオサバイバルがサイド限とスタンだったので、参加しにくかったのですが、トリオカーニバルはいちいち専用デッキを作らなくてすむので楽です

Re: トリオカーニバル

 ありがとうございます。
 なるほど、こういうイベントは参加してなかったので詳細は知りませんでした。

アクセル

こんばんは。
アニメ版アクセル放映日決まったみたいです。
4月中からとのことなので1・2話くらい見て様子見ようかなぁとか。他にもWSに関係のある作品の予定が色々ハッキリしてきたので楽しみですね。

イベントが関東以南のみなので凄く残念。
近くなら見学ぐらいはしたかったんですけど。

そういえば23日ころにやってました「おぎやはぎのめがねびいき」お聞きになりましたでしょうか。まどまぎ特集ということで随分評判になったとのことで、私は後から聞きました。
ニコ「オギカ」で検索103分のやつが件のものです。
もしお聞きになったら、ニコ静「オギカ」検索してみると面白いかとー。(既にご存知でしたらすみません)

デッキ仮組みしても対戦するためのカードプールが足りないと困りますよね。

では。

Re: アクセル

 報告お疲れ様です。
 しかしまあ恐縮ですが、SAOもAWもアニメは見ないでしょうね。俺妹やけんぷの二の轍は絶対に踏みたくないです。

 オギプルギスの夜、ですかね? 知らなかったのでググってみました。
 見てみたいのは山々なんですが、最近はHDDの調子がやばくて重い動作すると強制終了しちゃうんですよねww
 とりあえずマイリストに入れて、パソコンを新調した時にでも見てみるとします。

超長文ですw



凄い亀レスですが…w
前回以上に長くなってしまいました。読むのがダルくなるレベルなので、ウザかったらスルーして下さい^^;


>>「確定的な事象がある」と定義すれば「マミさんの死亡は確定的な事象ではない」と説明づけることでマミさんとさやかちゃんの例とは区別できます。

成る程…。そういった見方もできますね~。
そうするとそれを捻じ曲げたほむらちゃんはやはり相当なイレギュラーだったのか…。キュゥべえからも「極めつけ」とお墨付きを貰ってますしw


>>最初に魔女さえ発生してしまえば、それを討伐するにはそれより上位の魔法少女が必要になり、それが魔女になればまた上位の魔女が……という具合に無限ループして人類が滅亡するまで搾取し続けることができます。 

fmfm…


 >>ただし、その無限ループを抜け出す数少ない1つの手段が『魔女にならない魔法少女』の存在です。「その魔法少女より上位の魔女が存在しない」という前提に限り、この魔法少女が魔女を狩りつくすことによって無限ループを崩すことができます。

これを読んでいて思いましたが、これ正に最後のまどかそのものですねw
自身を「魔女を消滅させる魔法少女」として概念化させたコトにより、本編の次元において魔女は存在出来なくなった。
いや、正確には「存在はしているが、発生した瞬間消滅させられる」…でしょうか。『魔女』として具現化しようとした瞬間円環の理によってその存在を浄化させられる。
そしてその時に発生する筈だったエントロピーを用いて新たな生命を紡ぎ出す…と。何と言う超循環w

そしてこの理は、この理を望んだまどか自身にさえ影響を及ぼす。
まどかの願いは「過去現在未来全ての魔女を消滅させる」コト。
しかしこの願いには『自身が魔女化しない』と言うのは含まれていない。即ち、自身も魔女化してしまう可能性は十分に残っている。
…が、例え自身が魔女化したとしても自身が望んだ概念に浄化させられる。これが最終回で覚醒したアルティメットまどかですね。。。

さやかの名台詞の1つに「誰かの幸せを望んだ分、他の誰かを呪わずにはいられない」と言うのがありますが、個人的に円環の理が存在する世界でもコレは消えていないと思うんですよ。
そうすると「もし魔女化する際に発生する筈だった膨大な(負の)エントロピーの行き先は何処に向かうのか?」と言う疑問が出て来ます。
これに対する1つの解が『円環の理』だと思うんですよね~。

魔女化した際に発生する膨大なエントロピーの受け皿はこの次元において円環の理が担うコトになりますが、それは即ちまどか自身がその受け皿になるコトを意味します。
これは見方を変えるとまどか自身が魔女化するに値する負のエントロピーを受けているに等しい。つまり誰かが魔女化しそうになる度、円環の理(=まどか)によりその子が浄化され、代わりに円環の理(=まどか)が魔女になる…
そして魔女化した自分自身を更に別の自分が滅ぼす…
こう考えると「概念化した神」なんて生易しいものじゃ無いですね。メビウスの輪もびっくりな無限循環です^^;

そしてこの循環により紡ぎ出された生命は言わば「まどかの分身」。
これらの命は全てがまどかであり、まどかではない。
こう考えると人と神の構図に似てますね。まどかは文字通り魔法少女の概念における事実上の《神》と化した訳ですw
イエスが神の子と言うのであれば、まどか(=神)の存在を知覚出来て居るほむらちゃんはあの次元においてさしずめ神の化身と言った処でしょうか。ちょっと飛躍させ過ぎかもしれませんがw
中二病思考すみませんorz


>ほむらちゃんについて

まど☆マギを考察している内に凄い漠然と思ったコトなんですが…
ふと。「ワルプルギスってほむらじゃね?」とw
こっからは結構無茶なこじつけに入るので(笑)、ウザかったら読み飛ばして下さい^^;

確かワルプルギスの属性って「舞台装置の魔女」だった気がするんですが、これほむらちゃんに当てはめると結構しっくり来るんですよねw
(まどかは)助からないと心の片隅では薄々理解しつつ、それを認めたくは無いが故に幾多の次元を渡り歩くほむらの姿は、ソレを理解しているものからすると滑稽なコトこの上ないと思うんですよ。
その姿は見方を変えれば正に道化そのもの。幾多の次元(=舞台)でもがき(=踊り)続けるほむらが魔女化したら、あんな感じになっちゃっても仕方ないかなぁ…って感じを受けました。

あともう一つ、この魔女の性質として「無力」と言うのが挙げられますが、これもほむらちゃんが魔法少女になった時の願いを照らし合わせると納得がいきます。
「まどかを助けたい」と言う願いから魔法少女になったほむらですが、何度歴史を繰り返してもまどかを「助ける」と言う運命には辿り付けなかった(この話はほむらちゃん魔女化と言う仮定です。本編の次元とは無関係なのでその辺りはスルーして下さい^^;)。
その絶望の果てに魔女化したのだとしたら、どれだけ足掻いても届かなかった自分の『無力』さを呪ってしまいあぁなってしまった…とも考えられます。
まどかを助けられなかった自分の「無力」が魔女化し反転した結果、まどかを含む全てを『無力』化してしまう存在となってしまったのはとんでもない皮肉と言えますが…
ワルプルギスに倒されるコトが半ば運命と化していたまどかですが、ひょっとしたらこれも願いが叶わなかったほむらちゃんの意志が怨念となりワルプルギスに宿ったからかもしれませんね…
「どのみち救えないのなら、いっそのコト私が…!」的な^^;

後はデザイン。あの歯車っぽい形ですが、個人的に何故か異様な程ほむらの持ってる盾と被るんですよw
機構的に「回す」と言う部分が似通ってる所為か、どうにもあの盾?の部分が歯車化している様な気がしてなりません。これは考え過ぎかもしれませんがw

最後にあの圧倒的なまでのワルプルギスの強さ。そして何度挑んでもほむらが勝てなかった理由。
作中ではまどかを軸に因果が集約した結果ああなった、とのコトですがその因果に真近で触れ続けて来たほむらちゃんの因果が少ないとは到底思えません。
この辺りは後述しますが、ほむら自身にも相当な因果が無ければ時間逆行と言う凄まじい能力を身に付けるまでには至らなかったと考えられます。

そう捉えるとワルプルギスの強さが観えてきます。
つまりワルプルギスは、「その時点でのほむらちゃんが魔女化した存在」…と捉えても良いのではないでしょうか。
別の次元を渡り歩く内にまどかのみならず、自身の中にも強大な因果が溜まっていった。
そしてその強大な因果が魔女化した際爆発した…こうは考えられないでしょうか。

そしてこの考え方でいくと、ほむらちゃんソロでは永遠にワルプルギスに勝てません。
「その時点」の自分が魔女化した存在なのでw
運命を周回する度ほむらちゃんは強くなっていきますが、それ以上にワルプルギスも強くなっていくのでどんなに頑張ろうともほむらちゃん1人では永遠に届かない存在…
それが「ワルプルギスの夜」だと俺は考えます。。。


>魔法少女の「強さ」について

これもほむらちゃんのコトを考察してく仮定で思ったんですが…
作中でキュゥべえが言った「君の願いはエントロピーを凌駕した」との台詞。これに答えが隠されてるのでは無いか?と。
漠然と思ったんですよねw

キュゥべえは魔法少女となる子に対し1つだけ願いを叶えます。
本人(?)曰く「どんな願いでも」と言ってますが、これ多分無理だと思うんですよw
と言うのも、キュゥべえの行う『奇跡』がどの様なメカニズムで行われているかは解りませんが、恐らくこれもエントロピーの行使によって行われているものだと思うんですね。
とすれば、キュゥべえ側の理屈からすると「将来その子が魔女化した際に発生し得るエントロピーの総量」>「その子が魔法少女になった時の願いにより消費するエントロピーの総量」じゃないと損をしてしまうコトになります。
即ちこの場合、その子を魔法少女にするメリットが無い。その子が抱える因果より大きな願いを望んだ場合は、蹴られる可能性も十分有りそうです。。。

そしてこの点を踏まえた上で、各々の魔法少女の強さを観てみると…

マミさん…ランクA/自身の怪我の治癒
ほむら…ランクS/他人の運命改変
まどか…ランク計測不能/全ての魔女の消滅
さやか…ランクB-/他人の怪我の治癒
杏子…ランクA+/親の説法強制催眠

ランクは完全に俺の主観です。ヴァイスの強さではありませんw
「ほむらはザ・ワールド無きゃ弱いだろw」とか「さやかそこまで弱くなくね?」的な突っ込みは多々あるかもしれませんが、スルーして頂けると助かります><

こう見ると、魔法少女になる時に望んだ願い事の影響力が高ければ高い程、その後誕生する魔法少女の強さも上がっています。
自分より他人の為に祈った時の方が影響力が上がり易い分、魔法少女としての強さも上がってるコトが伺えますね。

マミさんとさやかに関しては↑の理屈でいくとさやかの方が強くなりそうですが、望んだのが「死に掛けの命」と「動かない腕」である為この場合は前者の方が影響力高くても余り不自然には感じません。
作中ではキュゥべえにボロクソに言われてたさやかちゃんですがw、(他のキャラに比べ)願い事が慎ましかった分これは仕方なかったのかもしれませんね。。。

…と、此処まで淡々と語ってみたのは良いものの、翌々考えたら作中でキュゥべえが「魔法少女としての強さは、その人が持つ因果の量に比例する」的なコト言ってましたね^^;
これで全て説明出来ますね…長々と無駄な文章すみませんorz


>>見た目の年齢についてはどうなんでしょうね。この手の話は年を取らないのが相場になってますが……はてさてw

これは謎ですね~。
今はコレとキュゥべえがまどかにマミの復活を望まなかった理由の考察をメインに行なってますw


>>ここまで話しといてなんですが、「スタッフが発想に至らなかった」とか「尺の都合てカットされた」とかっていうメタ的な理由はあるんですかねー。そうであって欲しくはないですが……w

これについては恐らく無い…と思いますw
脚本がなのはシリーズと同様完全に1人で行われてるので><

Blu-rayについて来た設定資料(?)っぽいのを読む限り、「この尺(=1クール)に収まったのは奇跡的」みたいなコトが語られてたので、スタッフ側としても纏め方には結構満足してる様です。
まーあくまでインタビューなので、取材に気を使った可能性も十分あるんですが…w


>>なのはは良かったんですか……見てようかな。エヴァは原作を途中までしか見てないんですよねーw

ヱヴァは場面によってはTV版の方が高評価な処も有りますが、なのはは完全に劇場版の方が↑ですね。俺的にはw
A’sやStrikerSと違って無印には無駄な話が多いので、それをトコトンカットしてシャープに纏めた…って印象を受けるのが劇場版です。
TV版ではスルーされ小説版でしか語られなかったプレシアの過去もしっかり描写されていて、単なる「嫌なお袋」ではなくなっている等、話の構成が全体的に良くなっています。

ただ、今回は無印だったんで良いんですが次回やる予定のA’s(?)の劇場版については正直不安が残っているのが現状です。
無印とStrikerSは無駄話が多いんで尺は幾らでも削り様があると思うんですが、A’sだけは別です。
アレはヴォルケンやはやての葛藤、ハラオウンの過去やグレアムの贖罪等何一つ削れる話が無いので…^^;

友達ともよく話してましたが、アレだけの話を詰め込んで1クールで収まったのが奇跡の作品です。
元がこんな考えなので、ことA’sに関してだけは劇場版の出来に不安が残る…ってのが今の俺の見解です。
ヱヴァみたいに(良い意味で)原作ブレイクしてくれるのであれば、それはそれで全然有りなんですが…
A’sの出来が良過ぎたが故に結構難しいかな、とも思っています。まーこればっかりは観てみないと何とも言えませんけどね~

あ、劇場版ヱヴァもなのはも両方Blu-ray有りますよ。良ければお貸ししましょうか?( ´ ▽ ` )
エヴァTV版もDVDで良ければ全巻持ってますw
22・23話…だったかな?に内容の追加補正がされた特別版ディスク付きです( ̄▽ ̄)b


>ヴァイスについて

最後の最後に漸くこの話題を(ぁ

金欠を推してまど☆マギ2BOX程買いましたが、当たったのがRRRのマミさんとSRの杏子…orz
俺としてはSPサインのマミさんとRRRの杏子が当たると思ってただけにこの結果は非常に残念でした(ぉ
いやまぁ確率的には妥当なんでしょうけど。サインが無いって時点で納得が行かない(ぁ

他のレアについてはそこそこ当たりだった…のかな?
契約を迫るキュゥべえやアルティメットまどか、揺れ動く気持ちまどか等欲しかった奴は一通り2枚ずつ来てくれたのでそれは良かったっすね♩
あとはRRがマミさん以外全部バラけてくれた処も中々。1番欲しかった銀の魔銃は逃しましたが><;

後は構築なんですが…これ色毎にシナジーが完結し過ぎててヤバいw
緑or赤青(黄はどちらでも)以外に組めるんだろうか…?
個人的にはマミさんと杏子が好きなんで赤黄で行きたい処なんですが、そうするとさやかもほぼ必須と言う…w
いや別にさやかが入るのは良いんですけど。まどかやほむらが入れられなくなるのが辛い^^;

パッと見1番強そうなのはなのは!やっぱ緑かなぁ…集中有りますし、アルティメットまどか居ますし、プール1番多いですし、アルティメットまどか居ますし、レベル比例応援有りますし、アルティメットまどか居ますしね~。。。
絆も多いので安定してそうです。まだ回して無いんで実際は解りませんがw

しかし後列除去が無いのは辛い…うーん。どうしたもんかorz
さやかの願いも強いっちゃあ強いんですけどね~。限定的過ぎて何とも、って感じが否めませんw

そして誰ともシナジーが無いマミさんェ…w
いや解るんです。作中に出て来た魔法少女達は全員マミさんの手解き受けてるので><
(さやかとほむらは別の次元で、杏子は過去に)
つまりこれは誰とも特定シナジーが無い代わりに誰とでも組めると言うコトを意味する…!
流石マミさんベテラン少女!其処に痺れる憧れるぅ♩

とりあえず一通り組んでみるか~。話はそれからだ( ̄▽ ̄)


>>忙しいって訳でもないんですが、やる機会とかなくなっちゃってモチベーションの問題だったり……。

ぇ…えぇ~?!(~_~;)
誘ってくれればお付き合い致しますのに…w

まー確かに歯医者通う様になってからはちょっと時間取り辛くなりましたが、調整は全然効きますよ~。
今はまど☆マギ回したくてウズウズしてます(>_<)


>>最近はHDDの調子がやばくて重い動作すると強制終了しちゃうんですよねww

ビークルさんのはノートでしたっけ?
したらメモリの増設がオススメですよ~。今はノート用だろうと何だろうと8GB(4GB×2枚)が3000円で買える時代ですw

後はHDをSSDに変えるのもオススメですね。こっちはメモリより高く付きますが、その分効果も半端無いですw
昔のPCであればあるほど効果を発揮しますね~。流石にウルトラATAクラスまで遡る様だとどうしようも無くなりますが…^^;

HDは外付けが有るようなら一時的に重要性なデータをそっちに移してクリーンインスコ掛けちゃいましょう!それだけで動作の劇的な改善が見込める筈ですb
デバイスドライバが無い様だとセットアップがキツくなりますが、最近のはデフォでHD内にクリーンアップ用の領域を確保してくれてるモノも少なくないので、BIOSからの再起動でもイケる筈です(勿論確認はする必要が有りますけど)。

後はやっぱり無駄なプリインストールアプリの削除ですね。最近のは無駄に機能詰め込み過ぎてるw
OSがVistaとかだと裏でAeroオンにしてるだけでかなりの負担がPCに掛かるので、それ等を片っ端から切っていくのとかも重要ですb

特にノートはその構造上性能の良いグラボ積み辛いっすからね~。
VRAMもメインメモリと共有するものが殆どなので、グラフィック描写に負担掛けまくるこれ等の機能は余程性能が高く無い限り切っとくのが無難です( ̄▽ ̄)


さてさて、超長くなってしまいましたがこんな処で。
毎回毎回ヴァイスと関係無い長文すみませんm(_ _)m

長いので……

 大体肯定なので、そうじゃない奴を拾っていきますかーw


 >ワルプルギス=ほむら

 可能性の1つとしては考えられる、という感じですかねー。
 決定的な証拠がないのもありますが、そう考えると最初の次元のワルプルギスの存在が説明つかなくなります。
 ただまあ何かの拍子に別次元の魔女が出てくることは考えられなくはないので、やはり可能性の1つですかね。


 >ヴァイス

 まどマギ限定大会でてみましたが、参加者11人中5人が紙束(参加プロモの為にテキトーにデッキを組んで出場する意)というヒドい大会でしたw かく言う著者もその1人ですが。
 紙束としか当たってないので結局まどマギはイマイチ分からなかったんですけど、見た感じはやはり緑が強いですね。
 [さやかの願い]もパッ見はすごい強く感じました。クロック増量要員のさやかを落としつつ、手札消費なしで回復というのは優秀だと思います。

 あとは実際戦ってみないと分からないですかね。今日はヴァイスの大会という訳ではないのですが、行って来ますので誰かしらと戦ってきますw


 >やる機会

 いやー、そうじゃなくて……12月から1月は大会がなかったというのは話したと思いますが、2月になってからも「雨かー……今日はいいや」みたいなことをやって、ほとんど大会に行ってないんですよw
 メンド臭くなったりして、昨日はホントに久々に大会に行きました。ただしFate限定とまどマギ限定なんで紙束回してるだけでしたが……w


 >PC

 うわー、全然分からないw 勉強しないとなぁー。
 とりあえずはメモリ増設ですかね。クリーンインスコ?もググってなんとかするとして……。
 アプリ削除はやろうとしたことはあるんですが、覗いてみてどれが重要でどれがそうじゃないのかが判断できませんでしたw

 まあ余裕ができたらボチボチ……って感じでw 情報ありがとうございます。



 長文はまあ問題ないです。返しは散漫になったり、長文になっちゃうかもですが……w
プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。