スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【短編小説】ボイスレコーダー

 昔、ボイスレコーダーのおもちゃが学校で大流行した。
 とは言っても性能はとんでもなく低く、録音時間は7秒しかないし、ファイルは1個しかないから新しく録音してしまえば過去のモノは上書きされてしまう。それでも流行ったのはボタン1つで簡単に録音も再生もできてしまうことと、キーホルダーという手軽さ、そして学校という限られた場所での娯楽の少なさが関係していると思う。トランプなどの持ち込みは禁止されていてもキーホルダーは禁止していないからだ。

 キッカケは1人のクラスメイトだった。彼は突然ボイスレコーダーをかかげて、再生ボタンを押したのだ。内容は忘れてしまったがクラスは爆笑の渦に飲まれ、彼はその日の英雄になった。
 英雄のマネをしたいというのは子供の発想である。次の日からたちまちクラス中のみんながボイスレコーダーを手にして、「我こそは」というクラスメイトが『その日の英雄』を狙って面白いコトを吹き込んでみんなの前で披露した。
 それは瞬く間に学校中に広まり、いつの間にか伝言代わりに誰かの机に置いたり、交換日記のように互いを伝えあったり、ドラマの1シーンを録音して聞かせたりなどさまざまな用途に使われた。今にして思えば、録音することしかできない機械にそれだけの意味を見いだせる子供にアッパレと言う他ない。

 そんなある日のことである。
 オレはなんのゲームだったか忘れたが、仲間内でなにかに負けてしまって罰ゲームをすることになった。罰ゲームの内容は『告白を録音したボイスレコーダーを好きな子の机に置いてくる』というモノだ。これまた録音した内容は忘れてしまったが、みんなの前で録音させられて大変はずかしい思いをした覚えがある。
 しかし もっとはずかしい思いをしたのは次の日だ。告白した子に呼び出されたまではいいんだが、その子は誤って録音ボタンを押してしまったらしく「内容が分からなかったので何だったか教えて欲しい」と言われてしまった。返事されるつもり満々だったオレは不意打ちを食らって固まり、激しく動揺した。そこからははずかしさのあまり何も覚えてないが、これが彼女との始まりだ。

 *


 彼女がそこまで読んだ時、玄関を開く音がした。

「ただいまー」

 彼女は慌てて盗み見ていた日記をしまい、玄関まで控えめに走って夫を迎えた。

「おかえりなさい。ご飯にする? それともおフロ?」
「今日は汗かいちゃったからね。フロにするよ」
「分かったわ。すぐに準備してくるね」

 そう言ってフロの準備をして夫を風呂に送りだしたあと、彼女は自分の部屋でボイスレコーダーを取りだし再生した。

『好きです! 付き合ってください!』

 彼女はその声を聞きながら思い出に耽る。その口には笑みが浮かび、思い出をなつかしむように目を細めていた。


 ◇◆◇◆◇

 ネタバレな後書き

 

 どうでもいいんですが、これは風邪ひいた時に思いついたんですよね。唐突にボイスレコーダーのおもちゃのコトを思い出して、「ボイスレコーダーを使って何か書けないかな?」と。
 ただ思いついたのはいいんですが、風邪でダウンしてたので書くに書けなかったんでもやもやしてたんですよねw やっと書けて安心したような、ホッとしたような感じです。

 さて、謎……と言っていいのかは分かりませんが、最後に“彼女”が取りだしたボイスレコーダーが気になってる方がいくらかいると思います。
 当時 呼び出した彼女が録音したのでしょうか?
 そうヨんだ方は少し甘いですね。
 “どうして彼女は用件を知らないのにボイスレコーダーの持ち主を知っていたのか?”
 これを考えてみると この物語の“彼女”は全く別に見えるかもしれませんね。
 

 ホントは一人称視点で書こうと思っていたのですが、どーしても最後にボイスレコーダーを再生するシーンが必要だったので日記形式にしてみました。
 楽しんでいただけたら幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小説キター

彼女さん、なかなかじゃないですかww 日記を学生の時から付けてる夫の方もなかなかですがw こういう微笑ましい夫婦いいですね~。

私の所ではボイスレコーダーは流行りませんでしたね~。そもそも、何か雑誌の付録とかでしかボイスレコーダーなんて手に入りませんでしたし、子供に都合のいいボイスレコーダーあんまり売ってなかったですから……ただ、子供の時にボイスレコーダー欲しいと思ったことはあります。結局手に入りませんでしたから、うらやましい…… 懐かしいなあ、今から買ってくるかな?ww

私のところは、ちっこいトランシーバーが300円くらい…
授業中にぶつぶついって少し離れた友達のところへ怪電波が……

Re: 小説キター

 >toaruhantouさん

 彼女についてはまあそんな感じですw
 ちなみに夫の日記ですが、過去形で書かれていることから学生の時につけたものではないことが分かります。だからなんだって話ですがw

 ボイスレコーダーが流行るってのは相当ないと思いますよw
 かくいう著者も持ってはいるものの、使ったことはそれほどありませんしねぇ……。
 まあでも、こういう機器ってちょくちょく便利そうですよね。

 >アジアさん

 トランシーバー……だとw
 トランシーバーだとかくれんぼとか面白そうですよねー。おもちゃだと効果範囲がどの程度か分かりませんが……w

トランシーバー、プリーズ

トランシーバーとか今でも欲しいですわ。なんか楽しそうww ボイスレコーダーも便利そうだから、欲しいですね~。ただ、そんなお金ありませんがww

お二人様へ

お二人様へ
トランシーバーの電波ヤバいくらいちっさいですよ。
同じクラスならまだしも隣のクラスなんてたまに電波入ってきて謎の奇声が聞こえてきます。(しかもトランシーバーって会話が一方通行になるんですよね。アクセラじゃないです(笑))

Re: お二人様へ

 さすがにおもちゃだとそんなもんですよねーw
 リトバス原作だとトランシーバーを使ってケイドロするんですよね。『ターゲットはそちらに行った』『了解。南棟階段から挟み撃ちにする』とか逃げる側も仲間の指示に従って隠れてやり過ごしたり、といろいろ面白かったのですが……。流石に無理でしたねw

 3年前くらいはトランシーバーのモノホンは7千円くらいでしたが、今はどうなっているのやら……。

No title

今から欲しいのはホンモノですよwww
けいどろやってみたいです。面白そう・・・ サバゲにも使えますよねトランシーバー・・・

Re: No title

 実際にサバゲで使った例はあったと思います。ペイント弾を用いた銃撃遭遇戦だったような気がしますが……昔のコトなんでうろ覚えですw

トランシーバーが熱い!

腕時計型など色々ありますねo(^-^)o
周波数が何キロ超えたら無線の法律に引っかかるとかありますよね。
あーなんか本物欲しくなってきた(笑)
プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。