スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスガ捕鯨型、最終調整

 前回→化物語ひたぎデッキの立ち回り

 こんばんはー、ビークルです。最近のマッタリ感がハンパないです。
 やっぱり不定期更新よりは定期更新の方がいいんですかねー。

 今回はこの前の大会での調整についてお話したいと思います。

 ネオスタン
 レベル0(15)
 リリアンの狂子x3
 天才魔法剣士x4
 ナイスバディ・エトナx3
 無敵ロボット サーズデイx1
 優秀な赤魔法使いx1
 “世界で一番強いやつ”エトナx2
 箱入りお嬢様ロザリンドx1

 レベル1(16)
 地獄に堕ちてきた中学生フーカx4
 弓、復活!x3
 飛天無双斬x2
 すべてはあたしのモノx1
 元・天使 フロンx2
 仲直りx4

 レベル2(6)
 死神エミーゼルx2
 最強の魔王x3
 誇り高き悪魔 ヴァルバトーゼx1

 レベル3(5)
 超魔王ラハールx4
 神への反逆者 ヴァルバトーゼx1

 CX(8)
 プリニーウォーズx3
 天界からの刺客x3
 『絆』のチカラx2


 大会前に晒すのはどうかと思いましたが(ネームでデッキが割れる為)、捕鯨型に限っては同志もいるはずなので そちらの方々に支援も込めて詳細を解説したいと思います(遅いですがw)。良い部分だけ吸収して大会で戦績を残してください。
 さて、前回(ディスガ捕鯨型机上論レシピダイジェスト)から大幅に変わりました。その上でまずは仮想敵について話さなければなりません。
 というのも現在の著者のガチ枠は化物語ひたぎデッキの立ち回り地区大会で優勝したハルヒデッキの解説なので仮想敵はこの2つが主流……とも言えるでしょう。

 キツいのは化物語ひたぎデッキの立ち回りの方です。
 化物語はタイトルカップがあるので流れる……と思いきや、数多くの化物語が入賞しています。アイマスも見えますので警戒を怠ると大変です。
 その中で最もキツいのは恋人同士 阿良々木暦&戦場ヶ原ひたぎです。
 このカードはCXシナジーで手札補充できる上にアンコール持ち。パワーも標準で対応CXがソウル+2であり、山札削り能力があるのでソウルビートに入られるとほぼ確定で負けます。
 まずこのデッキで目指すのは『相手の息切れ』です。手札補充がツラいのは言うまでもありません。
 またロックデッキですので早期決着もできるなら望ましくありません。特にソウル+2と手札増強のCXは最高に相性が悪い……。
 さらにはレベル1時点でアンコール除去する手段はありませんので、運よくキャンセルが絡んでも盤面制圧されてしまいます。あちらは応援つけて常時5500以上ですが、こちらはCIPで8000まで行くものの通常は5000しかありません。
 そしてそれらをようやく片づけてロックに入ったとして……
 扉で手札に入れば速攻でループがはずれてしまうってのが最大の問題です。集中と違って恋人同士 阿良々木暦&戦場ヶ原ひたぎは山札調整が意味をなしません(“山札を見て”から控え室に送るので)。

 化物語ひたぎデッキの立ち回りの恐ろしいところはソウルビートをどうにかしても、裏で蟹に行き遭った少女 戦場ヶ原ひたぎを準備されればアドはガッツリ取られてしまうってのもです。素のパワーで負けてる上に効果で後列の除去はフツーに痛い。

 ということをふまえて、ディスガ捕鯨型を使う上で最高に相性は悪いです。なので化物語ひたぎデッキの立ち回りを仮想敵に据えてます。
 まあ入賞デッキを見る限り恋人同士 阿良々木暦&戦場ヶ原ひたぎの採用率は低いどころか見向きもされてませんですけどね。なんであの壊れカードを使わないんでしょうね。

 ・デッキの3色化
 4色での色事故発生率は非常に高く、フリーならともかく大会仕様となると安定化を図らざるを得ません。プリンの山の性能も非常にピーキーで役に立たないことが多かったのも原因の1つです。
 またビートでの増強を図るために最終兵器デスコの採用も検討しましたが、事故率に見合った働きはないと予測したので採用には至りませんでした。

 死神エミーゼルの採用、飛天無双斬の増量
 メタカードとして挙げられたのは死神エミーゼルでした。このカードはディスガイア唯一の条件なしでアンコール封じという性能を持っており、サイズもバニラと次第点。アンコール封じは瞬間火力の高いこのデッキと非常に相性が良く、ソウルも高いのでソウルビートに移行できます。
 ただしこのデッキの特性上 打たれ弱いという弱点も備えていたのでアンコール付与の元・天使フロンの採用が決定しました。超魔王ラハールなどの場持ちをよくさせ、自身も1コストでレスト不要という性能の高い回収能力でソウルビートでの相性も良好です。ただしパワーが低いので前列には出しづらいという欠点はあります。
 そして後から増量することになったのが飛天無双斬です。仮想敵は恋人同士 阿良々木暦&戦場ヶ原ひたぎではあるものの、家庭の事情 羽川翼を早めに焼ける点や死神エミーゼルを疑似早出しできることから増量しました。積み過ぎると後半で事故率が上がるので枚数は少なめ。

 リリアンの狂子の増量、ナイスバディ エトナの減量
 さて、このデッキには1つ困る状況があります。それは序盤から相手がキャンセルしない場合です。
 相手のクライマックスがあればアルフが揃った代わりの人形フェイトどころかレベル1キャラですら突破できてしまいますが、クライマックスがなくなった途端にナイスバディ エトナ頼みの非常に心もとない戦線になります。しかしナイスバディ エトナの問題はいくつかあり、ソウルビートで役に立たないのももちろんですが何より単体で長門 有希やアンコール付与された天海 春香を突破できないのが非常に心もとないです(相打ちではアンコールされる)。トップメタと戦うならこの2枚は意識せざるを得ません。
 しかしこのリリアンの狂子があれば上から殴ることができます。序盤のキャンセル率は高くありませんし、何よりキャンセルしなかった場合は相手ターン4500という非常に頼りになる存在に変わります。また相手のクライマックスがある=天才魔法剣士が使えるということなので条件も『フロントアタックした時のキャンセル』以外では特に問題なかったです。一応ですが“世界で一番強いやつ”エトナを使えばこの事故は回避できます。
 ナイスバディ エトナは前述の通り、仮想敵を単体で倒せないことや後半で腐りやすい点、ソウルビートで役に立たないなどの問題があり減量しました。ただし序盤の壁としては優秀であり、デッキの目的を偽装しつつCXを戻しやすいという点では非常に頼りになるので-1枚にとどめています。

 優秀な赤魔法使いの採用、無敵ロボットサーズデイの減量
 さて、レベル0をいろいろと削った結果15枚という「3パンできるかは運任せ」という枚数にまで少なくなってしまいました。そうなると問題になるのは方向音痴あずさです。このデッキはそもそも2500以下のレベル0が多いので方向音痴あずさには元々弱いのですが、さらに拍車がかかる結果となりました。ですが優秀な赤魔法使いを握れさえすれば そもそも殴る必要すらなくなります。またアンコール持ちを確殺してくれたり、隠密凶師チャンプル先生を抜いて弱くなった相打ち持ちを安全に狩ったり、1コストで実質ソウル+1でソウルビートに移行しやすい点でもなかなかに優秀な能力を持っています。自身も2500なのでパワーは次第点です。1枚で複数相手にできるのもポイント。
 それから死神エミーゼルを採用したのを機にデッキ自体の燃費が悪くなったり、あとは元・天使フロンの回収が優秀だったり、悪魔じゃないので回収や居座りが困難なことを加味すると無敵ロボットサーズデイは絶対安心なカード……とは言えなくなりました。もちろん居座りつつ回収できる点やそれでもコスト0が多い関係で試合によってはまだまだ活躍できる為、1枚は残すことになりました。1枚さえ採用できれば回収して使うことができます。

 の差し替え
 このループの完封手段である普通の女の子 かなでのチェンジからの別れの言葉かなで“百人力の手練”椎名ですが著者はスッパリ諦めることにしました。レベル0の条件無しパワーパンプ手段は実質プリニーウォーズのみであり、ソウル+2がないとデッキが機能しないので抜けません。となるとクライマックスは変えようがないのですが、著者にはどーしてもを入れないといけない理由ができたので苦心して悩んだ末にを抜きました。無限ループ一択から柔軟な対処する戦法に鞍替えしたのもありますけどね。要は無限ループがはずれても場アドが確保できれば勝てる状況に持ち込めば結果、問題ないわけですね。“百人力の手練”椎名は2500カウンターですので、パワー差を3000にすることで躊躇させることができます。
 CXシナジーの関係上、採用する『絆』のチカラ一択です。CXシナジーの詳細については後述しますが、必要パーツが多くなったのでで安定化したかったんですね(元・天使フロン死神エミーゼル箱入りお嬢様ロザリンド。ビート時の超魔王ラハール“世界で一番強いやつ”エトナなど)。地味にトリガーがないので無限ループで無駄アタックを減らせる点や、回収したカードですぐにCXを落とせる点も優秀です。

 神への反逆者 ヴァルバトーゼ誇り高き悪魔 ヴァルバトーゼの採用
 レベル3になって毎試合 思うのが「超魔王ラハールが足りない!」というものでした。このデッキはストックを使う機会が少ないのでストックに流れると回収困難で、また思い出に飛んでしまったりリフレッシュで戻るとサーチできなかったりととにかく強力であるものの回収手段に困ったレベル3だったりします。手札+控え室に4枚あるのが理想ですが、むしろ1枚もない時の方が多い始末ですからね……。最近はレベル2のクロックに貯めるという学習をしましたが、それでもレベルアップ+リフレッシュをされると厳しいものがあります。ちなみにレベル3だと死神エミーゼルはパワーが低くて話になりません。
 そこで目に留まったのが神への反逆者 ヴァルバトーゼです。本当は最終兵器デスコが良かったのですが、考えてみればCIP回復ならラハールでもできますし、クロック0からでも出していけるソウル-1も悪くありません。またパワー11000もデスコの最高パンプ値と同値であり、CXシナジーを使ってパワーが高いキャラも突破できます(このデッキは後衛のパワーパンプが期待できない為、高パワーが突破できるのは利点)。穴を開けることができるのでダイレクトアタックでダメージを高くすることもできます。
 誇り高き悪魔 ヴァルバトーゼの採用は相手の前列に穴を開けるので採用しました。悪魔なので超魔王ラハールで回収でき牽制もできます。また戦線が限定できればそこにパワーを集中しやすくなりますので、レベル2で使っていっても使いやすいカードです。自ターンパンプと違って使えば確実に勝てますし、勝てなかったとしてもアンコールコストに使えます。助太刀orアンコールが強くて使いやすいのは周知の事実でしょう。

 ……と、今日はこんなところでしょうか。
 もうちょっと何かあった気がしますが、レシピから抜き出せるのはこんなところですね。『採用しなかった理由』は今は眠気でカード自体が思い出せませんのでコメントで訊いてください。あ、それ以外でも疑問はコメントで受けます。メールでもいいですけど。

 うー、久々に疲れたー。

 次回→化物語ひたぎデッキをもっと解説!
スポンサーサイト

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めましてw
ディスガ捕鯨型、すごく面白い発想でした
こっちも、後で作ってみよう・・・捕鯨さんに感謝!
で、1つ思ったのですが
シナジーで回収ができて攻撃力もそれなりの「絶対の忠誠 フェンリッヒ」を使うのはどうでしょうか?

Re: No title

 初めましてー、ビークルです。

 面白いですよねーw 著者も初めて対峙した時は『驚愕』の二文字でした。

 それでフェンリッヒですが……まずレベル1同士の対峙でパワー5000が下の部類であることを前提にお話しします。
 このデッキは無限ループに入るためにアタッカーを潰す必要がありますので『相手のパワーを超えての3面アタック』が基本となります。ところがフェンリッヒのパワーではレベル1キャラを倒すのは容易ではありません。
 となると相手がレベル0の時……つまり先にレベルアップをした場合に出番があるかと思いきや、専用CXがなければ発動できないフェンリッヒよりも[ラハール&マオ]が優先されます。理由はフェンリッヒの『CXを引いた上でキャンセル』という発動条件よりも『相手の控え室にクライマックスがある』という条件の方が圧倒的に楽だからです。ソウル+2が対応CXでなくても ほぼ同じ以上動きできてしまいます。

 ですがソウルビートに入った時に[ラハール&マオ]の回収能力は極めて使いにくいので、後半で入り用になります。ソウルビートに比重をよらせる時には出番があるでしょう。その場合は無限ループから一歩遠ざかりますが。

 著者の認識はこんな感じです。「無限ループがあるからこその捕鯨型」という認識の著者は採用しないですかねー。

No title

なるほど、分かりやすい説明ありがとうございます・・・!
それにしても、レア5枚でここまで強いデッキができるとは・・・
やっぱりヴァイスは奥が深い(ノ ̄□ ̄)ノ

No title

初めまして、銀の人形と申します。ちなみにヴァイス歴3ヶ月の初心者です。 このサイトの記事をいつも見て初心者脱出の参考にしていますが、このディスガイアは圧巻しました!まさかこんな構築があるとは! 自分も組んでみたいものです。 p.s いつかビークルさんと手合わせ願いたいです笑

Re: No title

 >winさん

 お役に立てれば幸いです。
 言われてみればR5枚のRR0枚ですね……。まあ[飛天無双斬]やら[超魔王ラハール]やら強カードは結構ありますけど……w

 >銀の人形

 初めましてー、ビークルです。

 初心者向けの記事が少なくて申し訳ないです。ホントはもうちょっと書ければいいんですけど、更新頻度が減ってる始末ですからね……。
 デッキ自体は[超魔王ラハール]と[元・天使フロン]さえ集めてしまえば、あとは安いので比較的簡単に組めますよ。まあ初心者の方と著者たちの『簡単』は認識がちょっと違うと思いますが……w

 手合わせ……そうですね、機会があればやりましょう。

No title

自分は町田に近いところで生活しているので、予定があえば(ビークルさんが町田に来たときとかに)対戦の機会があるかもですよ笑

Re: No title

 なるほど。
 まあたまに告知しますのでその時にでもどうぞ。
プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。