スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『“地球委員長”ルチア』と新能力について

 前回→『中津 静流』について

 長い前置きになります。飛ばしたい方は下までスクロールどうぞ。

 そういえば一向に上がらないAB!の小説についてですが、時間がないという理由以外にもいろいろと理由があるんですよねぇ……。
 まずAB!には膨大なキャラが1話から出てきます。これはイラストが使えるアニメだからできることであって、文字だけの小説では読者が覚えることができません。小説の鉄の掟として「1話に登場人物は2人、多くても3人まで」というのがあります。
 例えばゼロの使い魔ですが、1章ではサイトとルイズさえ覚えてれば読めてしまいます。1巻を通してもシエスタを覚えてれば読むことはできるでしょう。タバサ、キュルケ、ギーシュなどのキャラは出てきますが、覚えなくても読める程度にサブキャラです。
 他にも例を挙げるなら、とある魔術の禁書目録もそうですね。トウマとインデックスを覚えてれば1巻は読めます。
 生徒会の一存は5人も登場しますが、基本的には1対1の対話なので比較的 読み手に優しく作られています。
 とまあこのように「登場人物は少なくあるベし」というのが美徳とされていますが、AB!は1話からして12人ものキャラ(音無、ゆり、かなで、日向、松下、TK、椎名、高松、大山、藤巻、野田、岩沢)が出てきます。しかも生徒会の一存のように1対1の対話とは遠くかけ離れたギャグタッチの会話が描かれていますね。
 複数人のギャグコメディですので、これをこのまま進めてしまえば名前を覚えられない読者は置いてきぼりにされてしまいます。
 「ならば そのように改変したらいいのでは」と思うかもしれませんが、2/4で強行したのは読者さんの見た通り。理由は以下です。

 こちらは著者の都合ですが二次創作は大嫌いです。
 実は小説というのは頭の中に浮かんだ情景を100%できる描写を持っていません。ここでは仮に描写された文を脳内の80%と仮定しましょう。
 80%の作品を見て二次創作を作ったとして残る20%を知ることはかなわず、またこちらも20%の削減があるとして原作者の脳内の64%しか再現できていません。
 また二次創作は本編にはないものを取り入れる必要があります。本編と同じ内容なら本編を見た方が良いですからね。つまり原作者以外の意図が入ることになります。
 その差が強烈な違和感となります。
 なので著者が二次創作を書くとしたら「本編では描かれてないことはやらないし、意図は加えたくない」と思い、『アニメで使われていないセリフは全くいれない』という縛りを加えました。

 とまあつまり『アニメをそのまま小説にすると読者が置いてきぼりになるが、改変を加えると原作を見てる方に強烈な違和感を残す可能性がある』という板挟みに立たされている訳です。ちなみにあれから3/4は全く進んでいません。
 選択肢は2つです。アレンジするか、打ち切りか。
 アレンジをする場合は著者視点のAB!を書くことになるので、著者に違和感は残りません。しかし読者さんから違和感が残って自己満足な作品になる可能性を否定できませんね。
 打ち切りの場合は著者が別の作品に取り掛かる抵抗がなくなります。ですが「原作は見てないけど、小説は読んでみた(という方がいるか分かりませんが)」という方の期待に応えられないのが心残りになります。

 あれから小説が投稿されてないのはそんな理由ですねー。まあ短編が上がらないのはネタが思いつかないからですが。

 今日の本題。新能力の発表ですね。

 a1.gif

 解説に入る前に比較対象を張ります。

 平凡な僧侶<<神>><<魔法>>
 0/0/2000/1(トリガーなし)
 【起】集中 [(1)] あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000。


 特徴を除けば、似たようなスペックを持っています。
 それを踏まえた上で解説を見てください。

 まず、シフトという概要について。これは公式のをそのまま貼ります。

 『シフト』は「Rewrite」から登場する新しいキーワード能力です。

 あなたのクロックフェイズが終わった後のメインフェイズの始めに、
 あなたのレベルが、『シフト』に書かれているレベル以上であれば、
 あなたのクロック置場の『シフト』を持つカードと、
 同じ色の手札のカードを、入れ替えることができます。
 交換する手札のカードは、色が同じであれば種類やレベルは問いません。

 カードの入れ替えなので、クロックが6枚の時に『シフト』を使っても、
 途中でクロックが7枚にはならず、レベルアップは行いません。
 また、『シフト』を使っても、他のクロックの並び順は変わりません。
 『シフト』を持つカードがある位置に、入れ替える手札のカードを置きます。

 なお、左上のアイコンは『クロックアイコン』と呼び、
 『シフト』や『アラーム』など、クロック置場で有効な能力を持つ場合、
 ゲームを進行する上での目印として、今後の新商品において記載されます。


 とまあ こんな感じですね。
 “クロック置き場の自身”と“手札の同じ色のカード”を入れ替えることができます。

 これは非常に強力な効果で、このカードに限ってしまえば腐ることが考えられません。
 レベル0ではダメージとして入れば、アタッカーとして即戦力になります。流石にキャンセルしてしまえば その限りではありませんが、一部以外のデッキはアタッカーの数がカギとなるレベル0でアタッカーを増やせるのはありがたいでしょう。流石にパワーは低いですが、効果付き相打ち持ちや応援程度なら倒せます。
 レベル1では集中要員として仕事があります。ディスガイアを使ってる方は平凡な僧侶でその強力なデッキ破壊能力を使用した経験があると思いますが、ストックが少しあればリフレッシュに追い込むことすらできる削り効率です。また その時に出たクライマックスで5500→7500と強化できれば、1ターンとは言え1/1/7000に迫るパワーを手に入れることができます。
 レベル2、3でも集中要員、チャンプアタッカーとして活躍できます。「クロックに置いたはいいが、2ドローで引いたのがキャラじゃなかった!」というのはままある話で、引いたカードが緑に限り 入れ替えることができます。

 とまあ集中+自動回収+0/0という組み合わせは非常に強力で、腐りにくい1枚になるでしょう。
 そして同じようなスペックを持つ平凡な僧侶とパワーが500しか差がありません。つまりレベル0のシフトレベル0ではパワー補正がマイナス500ということです。
 もちろんレベル2などのシフトレベル0ではパワー補正がマイナス1000でもおかしくはありませんが、シフトにレベルが設定されているのなら そのレベルを上げることによってマイナス補正を少なくすることができると考えてます。例えば2/2/8500のシフトレベル2とか。

 パワー補正がシフトのレベルを調整することによってマイナス500にすることが可能だとしたら とんでもないことになります。
 例えば回収能力のないを加えなくても安定した立ち回りができると言うことです。

 想像してみてください。爆発力はあるものの「安定性に欠ける」という理由だけで中堅以下にくすぶっているフェイトデッキを。
 そしてカードのほぼ全てにパワーマイナス500をしてシフトが追加されたとしたら?
 レベル0で自ターン中レベル0パワー5500(代わりの人形フェイト-500)、レベル1パワー8500(戯れる フェイト&アルフー500)、レベル2パワー11500(ソニックフォーム フェイト-500)、レベル3パワー14500(分け合う気持ち なのは&フェイト-500)。
 これらのパワーがほぼ確実に並ぶとしたら。
 もはや中堅なんて問題にならず、すぐにトップメタに躍り出ます。

 流石にほとんどのカードにシフトが付くほど効果が出回るとは思えませんが、それほどの可能性もある夢の能力ということを考えた方が良いでしょう。
 現在横行している「赤最強説」が容易く崩される可能性すら秘めています。

 とまあ新能力についてはこんな感じ。まあ今 言ったことが本当になるかどうかはカードプールによるでしょうけどね。

 次回→シフト考察+α
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

シフト…これまた強すぎる能力が出ましたね…

これはちょっとリライト買ってみようかな(^^;;

Re: No title

 シフトはカードプールによるんですよね……。
 例えばミルキィでシフトなんか出てもパワー低くて逆にいらないんですよね。せいぜい[慌てるコーデリア]とか[本好きなエリー]についてれば便利っていうレベルです。

 まあ[“地球委員長”ルチア]が単体で強いのは間違いないんですけどね。

シフト…、これは強いですね
好きな時にカードを入れ替える効果は本当に強いです。これは遊戯王やデュエマでも言えますね(*_*) まさに安定した効果!
まだなんとも言えませんが、コンボの幅を広げてくれそうですね( ̄∀ ̄)

Rewrite買おうかな…

Re: タイトルなし

 強いですよねー。そしてリライトの人気がうなぎのぼりww

No title

経験の発動にも一役買ってくれそうです。
置きたいレベル3とシフトの色を合わせれば安定しそうですね。

とはいえ、持ってこれるのはシフトのカードだけと言うこと、同じ色のカードが手札にないといけないこと、クロックドローでレベルが上がってしまっては元も子もないこと。
で少し赤からは性能落ちますかねw

なので赤最強説が揺らぐよりは、赤+一色が
「うはwww回収とシフトで手札充実しまくりんぐwwww」
ってさらに安定するだけという気もします。

そして「能力初お目見え作品は恵まれない」の法則で次にシフトを出した作品が猛威を振るう気がしなくもないです(笑)

更新お疲れ様ですm(_ _)m

シフト強すぎますね・・・
さらに今日は黄色のシフトも公開されましたねw
このままいくと神戸小鳥のシナジーで出すキャラがさらに狙いやすくなりそうですw

不確定情報のせいかwikiに効果が書いてないので書いておきます。

神戸小鳥 
青のRR
LV3 コスト2 トリガー1 パワー10000 ソウル2 特徴<植物>
[自]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を控室においてもよい
[自]1コスト:CX置き場に「小鳥の心」が置かれた時、前列にこのカードがいるなら、コスト払ってもよい
そうしたら、自分のクロック置き場のキャラを1枚選び、前列のキャラのいない場に置き、そのターン中、そのキャラに次の能力を与える。「[自]バトル中のこのカードがリバースした時、このカードをクロック置き場に置く」

シフト後列はやばいって!

>heeroさん

 あー、経験もありましたね。[姉妹の抱擁]とかクロック関連はなんかいじれそうな予感。

 赤との組み合わせは個人的にはイマイチですかね。強力な後列があまりいませんし。
 相打ち持ちがいるなら別ですが……。

 能力初見えに関してはレベル依存応援のシフトが出ました……orz
 こりゃヤバいですなぁ……。

>Forteさん

 レベル依存応援持ちシフトとか……めっちゃヤバいですよねww

 レベル3の小鳥ですが、それが本当ならレベル制限なしに特徴指定なしとかヤバいですね。その分、チャンプアタックはしづらくなってるようですが。高パワー+ソウルダウンが出れば、トップレアになるのは間違いないですね。

No title

今度出るものにもシフトはあると嬉しいですね。

fate zeroに対する期待がどんどん高くなってきました。

Re: No title

>『シフト』は「Rewrite」“から”登場する新しいキーワード能力です。

 公式で『リライト“から”』って言ってるんでFateにも出ると思いますよ~。まあ経験みたいに疎らに出る可能性も否めないですが。

No title

>能力初見えに関してはレベル依存応援のシフトが出ました……orz

ちょw最初から飛ばしてますねww
これはどうなることやら

神戸小鳥のテキストの意味するところは・・・
姉妹の抱擁で早出しですね分かります
そうでなくとも実はチェンジ先という恐ろしい秘密も隠されてそうですが(笑)

Re: No title

 あー、[神戸小鳥]で[姉妹の抱擁]は失念していました。
 CXシナジーなんで安定性はないですが、6コストでできますね……。むしろ[“姉御肌”唯湖]との両立もアリですかね。3色は安定しませんが。

 チェンジの心配はなさそうです。Forteさんの情報が正確ならばCIP回復に「チェンジして~」というテキストがないので。

Shift...


面白い能力ですね。黄・緑以上に赤・青が壊れる様な気がしますが…^^;
数が増えてくればアラームと経験持ちが面白いコトになりそうです。アラーム持ち&シフト持ちのみで構成…とか極端なデッキも出来る様になったら面白いかもw

そして強力なシフト持ち(デッキ)が出て来たらいよいよ「ヴァルバトーゼくぅん!!」が本格的に流行りそうな予感www
以前ビークルさんが作ってたあのデッキがとうとう日の目を見る時が…!
今の内にネモ様買い溜めしとこっと( ̄▽ ̄)


>>CIP回復に「チェンジして~」というテキストがない

其処でマスターはやての登場ですよ(ぉ
効果が前向きなんで可能性としては低そうですが…


あとレベル比例応援のシフト持ちですが、現時点ではそんな強く無いかな~と思ってます。
レベル2からなんで使える期間も短いですし。黄色はやっぱべろちょろの存在感が…w


今度出るはやて赤?にこれ付いてくれないかなぁw
そしたら今のなのはデッキに突っ込むだけで扱えるようになんのに…w

Re: Shift...

 赤・青 壊れ意見が多いですね。著者的にはパワーが出せる黄・緑って感じがしますが……。
 シフトは面白いですよね。バランスを取るのが大変そうですけどw

 あぁー、そんなデッキもありましたねぇ……ww
 確かにネモが脚光を浴びる日が来るかもですねw

 レベル依存応援ですが、個人的にアンタッチャブルって微妙なんですよねぇ……。
 もうちょっとバウンスが流行ってくれれば採用しやすいのですが、「バウンスに強いんだぞ!」って言っても「バウンスがいないんじゃ……」って感じですかね。なのはを例に採用率は、アタッカー>魔法訓練>ママ、いい子 他回収>WAS、とほぼ最下層に位置付けられています。理由はWASが特定の相手にしか刺さらないのに対し、回収やバーンはどのデッキにも刺さるからです。もちろんWASが流行ってくれればべろちょろの強さも実感できるんですけどね。

 なんか赤いはやてが期待されてますねw
 はやてを使おうとして挫折した著者には価値が分からないんですけど、赤いはやてってなんか重要なことありましたっけ?(汗

No title

赤の主な特色
・回収・バーン・高パワー
ですが、「はやて」の赤が出た場合・・・

一番の問題はシャマルです。

・2体いれば相手ターン中2000パンプとなるので、仮に1/1/7000のはやてが出た場合、自ターン中8000、相手ターン中9000+助太刀と攻防おかしいことになる。これなら登場コスト以上のアドをとりやすい。
・CX連動持ちの「はやて」が出たとして、相手ターン中のパワーの高さから連続した連動が成功しやすくなる。
これはアンコール持ちでも同じことが言えますが、如何せんそれらはパワーが低いため、高パワーの相手キャラを倒すことができない。しかしシャマル後列ならば同様にキャラが維持しやすいですし、基本パワーの高さから相手キャラを倒せる可能性が上がる。
・詰めの甘いはやてデッキにとってバーン手段は助かる。
・回収や場維持によって、手札数の維持が比較的容易に。
・というかキャラ単で赤青作れるというのは


あとこれはGODへの期待ですが、低コストの集中が欲しいですね。なのはにはデッキクラッシュ手段が不足しているという弱点がありましたし。

Re: No title

 なるほど……。まあバーンは はやてっぽくないのであんま出てこない気はしますが、ともかくよほどの性能でない限りは活躍するってことですね。はやては各レベル足りてませんし。

 低コスト集中……のレベル0なら文句ないですね。黄ならキャロフリがありますし、レベル1以上だと色縛りがキツいですよねー。

No title

シフトでチェンジ持ちって強すぎる希ガス。

ただチェンジ先の使い方がイマイチ分かりません。

Re: No title

 シフトチェンジはなかなか……パワー的に強いかどうかって言われると微妙ですが。

 チェンジ先は要するに時限爆弾みたいなもんですね。
 レベル2なので大抵のサイドは通りませんし、かと言ってフロントするにはパワー高い(8500→10000→11500)のでダイレクトアタックを通してしまう……ということですかね。
 運用としてはこちらの被撃破は当然少ない方が良いので後列は出さない方が良いでしょう。万が一パワー突破されても良いようにカウンター、それからサイドアタックを通すためのソウル+2が欲しいところですね。

饂飩ディ…


>>レベル依存応援ですが、個人的にアンタッチャブルって微妙

いやー、強いと思いますよ。バウンスと並ぶ黄の特権ですしw
場アドの考え方を根底から潰しに来るこの効果は、反則級だと思ってますorz

…と、言ってみた処で…


>>WASが特定の相手にしか刺さらないのに対し、回収やバーンはどのデッキにも刺さる

こう言われちゃうと「その通りですw」としか言えないんですが…^^;

どこまで行っても基幹理念に「パーミッション」が無いヴァイスは、「相手の行動を阻害する」アーキより「自分のデッキを回す」アーキの方が上位に来るんですよね。
以前流行ったハンデスなんかは素晴らしいデッキアーキでしたが、速攻規制くらいましたし。ヴァイスの理念を象徴する良い出来事だったと思いますw

バウンスやハンデス、アンタッチャブル系の効果は全てゲームバランスを崩壊させかねない強力な効果ですが、故に黄色に配置されてるものと俺は考えてます。
CXキャンセルがルールに無かったらどう足掻いても黄色が最強になっちゃいますしw
「強力な効果を集めたは良いけど調整が難し過ぎて微妙な立ち位置になってしまった」…
それが俺が感じてる黄色のイメージですかね~。

っと、話が横道に逸れ過ぎた^^;
仰る通り、ヴァイスにおけるアンタッチャブルは微妙ですorz
それに加えて赤は優秀な効果多いですし。回収・相打ち・バーン…
これ等の枠割いてまで後列除去が入るのか、と言われたら激しく微妙と言わざるを得ませんorz
場アドを重視する黄や緑ならまだお呼びが掛かったかもしれませんが…
赤や青だとそれも厳しい。この効果も色レベルでの不遇orz

今の理念が続く限り、ヴァイスにおけるアンタッチャブルはずっと日の目を見ない気がします…orz


>>赤はやて

いあ、俺はそこまで深く考えてませんでしたw
ただ単になのはと色がかち合うだけでなのはデッキに挿せる様になるんで扱い易いかな~…とw

俺としては、まだ出てない赤の「なのは&フェイト&はやて」を熱望してますw
黄は残念性能でしたが青が中々強かったので、赤もそんぐらいにしてくれたらな~…と。CXシナジーのノーコス控え室回収辺り出てくれたら文句なし♩

Re: 饂飩ディ…

>黄色の能力

 強力ですが、やっぱり安定性の問題ですよねー。毎回おなじことできるんだったらいいんですけど、引き次第でできない……だと勝ちぬきはキツいですから。
 今日の記事みたいなマーカー持ちが増えると『バウンス』→『マーカー』→『バニラ』→『アンタッチャブル』→『バウンス』→……のような4すくみができるので、バウンスとアンタッチャブルが活きてくるのですが……ww
 まあそれでもバニラとマーカーに弱いアンタッチャブルは冷遇気味ですけどね。

>赤いはやて

 今日は久々に夜天ビートを組んでみましたが、パワーを補う為に[魔法訓練]やカウンターを入れたら見事に赤が足りなくなりました。赤のはやての重要性を知った瞬間です……orz

 ちなみに黄の3人組は「回復カウンターイベントを撃たせない」ということで注目を集めているようです。アイマス2のレベル3の青い真にも強気に出れるので、パワーの低さをどうにかすれば悪くない性能だと思います。
 赤だと……コスト1のCXシナジーでキャラ回収が出るとはやてで組みやすいですね。まあ手札補充は青とかぶるんで出るとしても別な能力になりそうですが。
プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。