スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキのレベル配分 ビート(通常)型

 前回→デッキのレベル配分 ウィニー型

 はっはっは、オフ会の未公開デッキできちゃいましたよ。
 あたいったらてんさいね!!(⑨)
 しかも新作っすよ、新作。また“なのは”ですけど!w
 もう著者は“なのは”デッキのレシピを10個以上つくってるような気がします。なんか才能がある気がしてきましたww

 今回はビート型について。
 しかしカッコで通常型と銘打っている通り、ビート型は一番ポピュラーの型です。
 ビートは高いパワーのキャラを次から次へと出すデッキですね。
 尖ったビートとして有名なのはフェイトビートや動物なんかはこのデッキタイプです。高火力でガンガン押す感じのデッキ。

 ……でもそれって普通のデッキですよね。
 火力の差はありますけど、例えばトライアルデッキで戦う時も出せるキャラで一番高いパワーのキャラを出しますよね?
 まあよくも悪くもヴァイスは攻めやすく守りにくいんですよね。ダメージ発生させるのだってアタックするだけで十分です。でも回復するのって回復する能力やイベントを使わなければなりません。
 パワーが上回ったらフロントアタックしやすい。下回ったらしにくい。だったらパワー高いキャラ出せばいいじゃん……ってのがビートもとい一般的なデッキの考え方です。

 このような いわゆる“一般的な型”っていうのはすでに研究されつくされてるんです。テンプレですからね。
 枚数も実は決まってます。

 レベル0:18枚
 レベル1:8枚
 レベル2:6枚
 レベル3:4枚
 残り:遊び枠


 プラスマイナスは約2枚。
 遊び枠というのは高レベルの応援いれたり、カウンター入れたりってとこですね。珍しいところだとアラームとかイベントとか……。
 あとは余裕があるならキャラ枚数増やしたりとかですね。

 さて、ここで終わっても格好がつかないのでレベル0だけ突出して多い理由を置き土産としておきましょう。

 まず応援はレベル0から欲しいのは分かりますね?
 500でも勝てば、キャラの運用がずっと楽になります。
 3000のキャラに対して3500のキャラを出して勝てる。これが定石です。

 応援を4枚入れるとして、残りの枠は14枚。全てアタッカー枠だとしましょう。
 それで3面アタックするには3枚ひくことが必要です。
 1枚ひいてレベル0をひく確率が30%くらい。
 つまり期待値的には9枚ひいて やっとレベル0のキャラを3枚ひくことができるのです。

 これが10枚だったら?
 1枚ひいてレベル0の確率が20%。レベル0アタッカーはやっぱり3枚必要。
 ってことは15枚ひかなきゃ3枚揃わないわけです。
 5枚マリガンしてクロック2ドローしても まだ届きません。そりゃ無理だ。

 というわけで18枚くらいが3枚のアタッカーを引くのに現実的な枚数というわけです。
 でもレベル高いキャラが枚数すくない理由は?って方もいるかもしれませんので、こちらも解説しましょう。

 ドロー、クロック2ドローで毎ターン3枚のカードがめくれるわけです。
 5枚マリガンだとして1ターン目で13枚、2ターン目で16枚、3ターン目で19枚
 ちなみに8枚のレベル1を3枚ひくには18枚くらいひけば、確率論的にはオッケーなのでクリアです。

 同様に5ターン目は25枚6枚のレベル2を3枚ひくのに必要な枚数は24枚なのでクリア。
 7ターン目は31枚4枚のレベル3を3枚ひくのに必要な枚数は36……なので若干たりませんが、全く不可能って数値でもないですね。

 まあとりあえず、必要な時に3枚は引ける計算ですよっていう数値なんですね。
 トライアルデッキでも、溢れかえってるデッキがこれに似た比率なのもこれが原因。だって安定するもん。確率論的に。
 しかし計算はレベルアップが2ターンかかることが前提です。
 ですが皆さんもご存じの通り、ダメージがキャンセルしなかったりキャンセルしまくったりで少なからず計算は狂いますけどねw

 そういえば、ちょこちょこ出てた広告はしばらく消すことにします。
 「ヤフカテ(ヤフーカテゴリ)に入れたら」ってアドバイス貰ったんで……。しかし広告を張ってると5万かかるんです(たけぇww)。
 ちなみに広告がないだけで無料。なのでヤフカテが必要ないやって時か、5万払うわーって時に貼ろうかなぁーと思ってます。
 お騒がせして申し訳ありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

面白いですね(何だその消防みたいな感想ry
なんとなく引きやすそうな配分で自分のデッキを組んでいたんですけど基本的に記述通りの配分でした。
大体引けるのはこういった確率的な根拠があったからなんですね。
この配分を守ってその上回収を交えるんですから毎試合基本的に同じような動きが出来るのも納得です。
普段意識してはいないけれど普通にネオスタンとかで組むなら無意識にこんな配分になります。
理屈ではなく、大概のプレイヤーは慣れてくると体が勝手に理想的な枚数をデッキに突っ込んじゃうんじゃないかな。そう考えると学校で習う数学も無駄なものではないな~と思ったり。

コメントありがとうございます

> 面白いですね(何だその消防みたいな感想ry
> なんとなく引きやすそうな配分で自分のデッキを組んでいたんですけど基本的に記述通りの配分でした。
> 大体引けるのはこういった確率的な根拠があったからなんですね。
> この配分を守ってその上回収を交えるんですから毎試合基本的に同じような動きが出来るのも納得です。
> 普段意識してはいないけれど普通にネオスタンとかで組むなら無意識にこんな配分になります。
> 理屈ではなく、大概のプレイヤーは慣れてくると体が勝手に理想的な枚数をデッキに突っ込んじゃうんじゃないかな。そう考えると学校で習う数学も無駄なものではないな~と思ったり。

 お久しぶりです。おはようございまーす。
 まあ実際はもっと難しい計算式を用いるんですよね。例えば最初に狙ったカードをひく確率は【枚数/50】ですが、次に狙ったカードをひく確率は【枚数/49】です。でも著者は無学なんで「簡易式でいいや」ってことでww これぐらいの簡単な式なら暗算できますしね。

 プレイヤーは体で覚えますね、確かに。
 でもブシロード側にも「早く慣れてほしい」っていう意図でTDの構築を考えたんでしょうね。TDをこの枚数にして、プレイヤーが改造する時に「取り返しのつかない失敗はしたくないから、少しずつ改造していこう」って意識を持ってると配分が大きく変わることはないので。そうやってだんだん慣れてったのも原因かなぁーと思ってます。ここら辺はグッジョブ、ブシさん。

 数学が日常生活で役に立たなさそうに見えるのは、問題文のせいです。
 小学生「りんごが7つありまして、かずくんが3こ、りんちゃんが2こ たべました。のんちゃんはなんこ たべられるでしょう」
 中学生「バナナを3つ、いちごを4つ買った時の金額は1100円。バナナを6つ、いちごを3つ買った時の金額は1200円。バナナ、いちごのそれぞれの値段は?」
 高校生「3X^3-5X^2+X-7を微分しなさい(^=累乗)」
 小学生はかなり日常に密着してます。でも中学生は現実的ではないですよね。値札のない店なんてないですからね(笑
 んで高校生なんて日常まったく関係なし。これでも頑張って探せば日常で役に立つのってあると思いますけどねぇ……。著者は知りませんけど(←

はじめまして、ビークルさん。ブログ、いつも楽しく読んでいます。
ところで最近WSを始めたのですが(ペルソナ3と4のTDから入りました)、タナトスラッシュの配分を特集して頂けないでしょうか?

近頃のレベル配分の記事も大いに参考にしてデッキをいじっています(^^;

コメントありがとうございます

> はじめまして、ビークルさん。ブログ、いつも楽しく読んでいます。
> ところで最近WSを始めたのですが(ペルソナ3と4のTDから入りました)、タナトスラッシュの配分を特集して頂けないでしょうか?
> 近頃のレベル配分の記事も大いに参考にしてデッキをいじっています(^^;

 初めまして~。管理人兼著者のビークルです。
 楽しく読んでいただけて光栄です。

 た、タナトスラッシュとはまた渋いですね。友達がP3買って挑戦してましたが、資金で挫折してましたよw
 しかしまあ……あれですね。
 「机上論でも情報を発信しよう」と思って持ってないデッキもバンバン記事にしていた昔と違い、現在は「使ってみると全然 違うことがよくある」と思い始めまして。で、実は著者はペルソナ持ってません……orz 最近はプロキシ作る時間もありませんしね。
 ですので、コメントでの解答にとどまらさせてください。

 タナトスラッシュの強みは「絆と合わせ、コスト3でチェンジができる」この一点に尽きると思います。パワー8000は低く、能力は良くも悪くも平凡。この特性を活かせないと他の早出しに見劣りしてしまいます。
 あとは知っているかもしれませんが[堂島 遼太郎]の投入をオススメします。自バウンスというのは強力な能力で「リバースすると手札に戻る前に控え室に行く」というデメリットがありますが、それは[主人公&タナトス]のクライマックスシナジーで前列を空けることができます。[主人公&タナトス]を11000までパワーアップできるのも良いですね。
 また、ペルソナでは回復手段が非常に限られています。コストの重い[処刑]あるいはプロモで入手困難な[聖夜のマーガレット&エリザベス]、パワーの低い[平賀 慶介]の3枚になります。ストック管理に自信があるなら前者、資金に余裕があるなら後者を入れましょう。どちらも入れられないなら[平賀 慶介]を入れて前半でダメージを稼ぐ必要があります。

 [主人公&タナトス][主人公&オルフェウス][ファルロス][堂島 遼太郎][処刑]or[聖夜のマーガレット&エリザベス]or[平賀 慶介][最後の選択]……ここら辺がキーカードになると思います。

レベル配分はビート型が原型になると思います。[平賀 慶介]を入れるならレベル3は抜いて全体的にスピードの早いキャラを多く入れると良いですね。

アドバイスありがとうございます。

 コメントでの回答ありがとうございます。
 なにせ、WS入門者なもので、とりあえず、wikiに載っているデッキ(に近いもの)を使って感じをつかんでみようと思ってのタナトスです。実戦不足のためwikiのデッキレシピを見てもカード選択の意図がわからない・・・ので挙げてもらったキーカード、 [主人公&タナトス][主人公&オルフェウス][ファルロス][堂島 遼太郎]を中心に一旦組んでみようと思います。[主人公&タナトス]はともかく、後の3枚は何枚投入するか意見 が分かれるところのようですね。自バウンスの効果を活かすには4枚入れそうですが、そういうものでもないようですし。
 回復カード、おっしゃるとおりほとんどカードプールに無いので、今まで使ってませんでした。[処刑]を打てるプレイングも無いので、[聖夜のマーガレット&エリザベス]を入手するまで[平賀 慶介]型(?)で回してみますね。
 未だ、どのカードを入れて(例えばCXとか)どうプレイングすればいいのかわからない部分も多いですが、とにかくアドバイスありがとうございました!

お役に立てれば幸いです

>  コメントでの回答ありがとうございます。
>  なにせ、WS入門者なもので、とりあえず、wikiに載っているデッキ(に近いもの)を使って感じをつかんでみようと思ってのタナトスです。実戦不足のためwikiのデッキレシピを見てもカード選択の意図がわからない・・・ので挙げてもらったキーカード、 [主人公&タナトス][主人公&オルフェウス][ファルロス][堂島 遼太郎]を中心に一旦組んでみようと思います。[主人公&タナトス]はともかく、後の3枚は何枚投入するか意見 が分かれるところのようですね。自バウンスの効果を活かすには4枚入れそうですが、そういうものでもないようですし。
>  回復カード、おっしゃるとおりほとんどカードプールに無いので、今まで使ってませんでした。[処刑]を打てるプレイングも無いので、[聖夜のマーガレット&エリザベス]を入手するまで[平賀 慶介]型(?)で回してみますね。
>  未だ、どのカードを入れて(例えばCXとか)どうプレイングすればいいのかわからない部分も多いですが、とにかくアドバイスありがとうございました!

[堂島 良太郎]が4枚は多いような……。超パワーアップさせるつもりなら何枚も出すので4枚ですが、自バウンスで数多くアタックしたい場合は2~3枚でいいと思いますよ。1枚ひければ十分ですので。初心者だと余った枠に何をいれるか迷いそうですけどね(w
 このブログの記述は目安ってだけなので、やっぱりやって覚えるのが一番ですね。行き詰ったときにまた質問してみてください。では~ヾ( ´ー`)ノ~
プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。