スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『CIP回復とソウルダウン』について

 前回→『知らなきゃ使えない』について

 ね、眠い……。書き始めが3時です。
 小説を書いてたことに加えて、友人のニコ生に出演してしまい……もう「やり終わったぜ」みたいな感じになってますw
 という訳で今日は少し軽めな更新で……w

 レベル3で広く存在しているCIP回復と正面のソウルー1というカード。
 1点回復してダメージ入る。次のダメージがー1される。
 どちらにしても入ってるダメージは変わりません。しかし性質が違うのなら使いやすい方があるってことですよね。
 ではどのように違うのか、それぞれができないことを挙げていきたいと思います。

 CIP回復とは……登場時に1点回復するのをだいたいそう呼びます。
 登場した時に1点回復……ということは居座っても効果が発動しませんね。つまりカウンターやアンコールとの相性は良くないと言えます。
 また登場時に1点回復という仕様上、クロックにカードがない時は全く関係ない効果となります。

 ソウルダウン(著者命名w)は正面のキャラにソウルー1するのが該当します。
 ソウルダウンは相手が攻撃した時に発動するので……相手ターンまで生き残らないと使えません。パワーが低いキャラのソウルダウンの効果は薄いと言えるでしょう。
 またCIP回復と違って回収してもう1回発動とは行かず、1ターンに何度も!……というのは特殊な状況を除いてないです。
 他にもソウル1に対して完封能力があるものの、ダメージ調整をされやすいという欠点を持ちます。

 これをまとめると、

 CIP回復
 +ダメージに干渉しないのでダメージ調整をされづらい。
 +相手に倒されたとしても仕事を終えている。
 +回収を使えば1ターンに何度でも効果を発動できる。

 -クロックが0の時は使えない。
 -居座ってもあまり嬉しくない。


 ソウルダウン
 +毎ターン仕事する為、居座らせるだけで常時効果発動。
 +クロックが0でも発動できる。
 +場合によってはダメージ無効化。

 -居座れないと何もできない。
 -1ターンに何度も使用できない(例外を除く)。
 -ダメージ調整に利用されやすい。


 という感じになります。
 単刀直入に言えば、CIP回復とソウルダウンだったらCIP回復の方が人気です。理由は大きく3つあります。

 ○チェンジ先になれるカードがCIP回復しかいない。
 ソウルダウンは居座れば居座るほど力を発揮します。
 ということは早出ししてしまうと居座れるターンが長くなり、ダメージレースがトンでもないことになります。
 なのでチェンジ持ちにソウルダウンは存在せず、多くの方が使うキッカケになっています。

 ○ダメージ調整されないのが大きい。
 例えばクロック5の時に相手がソウル+1のクライマックスを処理したいと思っているとします。
 この時にこちらの場がCIP回復のキャラだったら相手はソウル2のキャラを圧殺してソウル1のキャラを出さなければなりません。
 それに対してソウルダウンの場合はソウル2のキャラを出せばプラスマイナスが帳消しになってそのままソウル2で攻撃されることになります。
 つまりソウルダウンが仕事してない訳です。それどころか今回の例では相手に利しています。
 それにプラスして『1点回復して3点ダメージ受ける』のと、『2点ダメージ受ける』のでは決定的にキャンセル率が違います。
 2枚めくってもキャンセルが出ず、3枚めくってキャンセルが出た場合、圧倒的にCIP回復優位になります。
 こういう地味な所がCIP有利、な状況を作りだしているんですよね……。

 ○クロック6からのリフレッシュダメージを防げる。
 レベル3、クロック6、山札3枚。
 これはほとんどの確率で負けます。2回アタックして勝てなければ負けます。ソウルダウンでは
 ここでCIP回復を引ければ3回攻撃してもまだ3キャンというチャンスがあるのです。
 0と1は全く別物です。3キャンはとても難しいですが不可能ではありません。つまりCIP回復だと負けないかもしれない状況でもソウルダウンだと確定で負ける状況が発生するのです。
 この差が響いています。

 この3つのおかげ(せい?)でCIP回復>ソウルダウンという認識があります。
 しかしソウルダウンが弱い訳ではないんですよ。55:45ぐらいしか差はありません。
 この関係について、同じ大会の常連さんの1人が上手いことを言ってました。

 「ソウルダウンは強いけど弱いんだよね

 そう! 強いんだけど弱い! 上手いこと言いますw
 基本的には同じくらい強い……んですけど、ちょっとした節々で欠陥が見えるといった具合でしょうか。同じように見えて全然違うんですよねー。

 次回→『“歌は祈命”シェリル』がなんかデジャブ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

先日の記事をまた拝見しなおしていたら、コメント数が異常だったから何かあったと思ったら、著者さんに対する質問などでした(^O^)
一度勢いつけて著者さんの記事が毎回コメントされるくらいになれば嬉しいです!!
それまで応援コメント続けたいです(^-^)

というわけでこんばんわ。
遅刻して乗る電車替えたら道迷ったり、課題やテストがあり、遅くなりました(汗

今日の記事ですが、cip回復はかなり人気なのに、ソウル-1は回復より採用率が低いのか?ということが疑問でしたが、ようやくわかりました(*^o^*)
毎回ヴァイスの謎を分かりやすく解説してくれる著者さんを尊敬しますm(_ _)m
つまり、チェンジソウルダウンがでたらヤバいってことですね(笑)
ちなみにcipと何の略なんですかね?

それから、短冊の小説拝見させていただきました。
良くあんなの考えつきますね!!
著者さんがご自分でお考えになられたと言うことで、驚きです(^_^;)
ヴァイス記事に限らず、自作小説の更新も頑張ってください(笑)

コマリンマックスのデッキの全盛期の強さは私も把握できてないので、いずれ著者さんのブログ見学者で集まってヴァイスしたいですね(≧∇≦)

No title

お返事ありがとうございます。

メルブラデッキでなら、血キャラの6点積み込み+堕ちた真祖での6点ダメージをやったことがあります。
キュルケならアンコール付加応援か水着のハルヒ&長門+色褪せた世界でしょうか。
食べられないカレーも候補ですね。

恐らく思い出型のデッキは序盤から思い出行きを連発する特殊な動きをしますよね?
さすがに余程鈍い方か初心者の方でなければ、異変に気づくはずです。
デッキトップ操作ギミックを入れている相手ならレベル1帯辺りからコンボカードを掻き集めると思います。
これにより通常は4枚程度が限界のデッキトップ操作も6,7枚可能な状況まで持って行けると考えた次第です。

ソウル-1は少し不遇な感が否めないですねw
レベル2辺りから場に出てくれて、場に留まりやすい能力とセットならあるいは…?

コメントありがとうございます

>ミルキィさん
> 先日の記事をまた拝見しなおしていたら、コメント数が異常だったから何かあったと思ったら、著者さんに対する質問などでした(^O^)
> 一度勢いつけて著者さんの記事が毎回コメントされるくらいになれば嬉しいです!!
> それまで応援コメント続けたいです(^-^)

 昨日のコメントは著者も驚きましたw ありがたいことです。
 応援ありがとうございます。よろしくです~。

> というわけでこんばんわ。
> 遅刻して乗る電車替えたら道迷ったり、課題やテストがあり、遅くなりました(汗

 おくばせながらこんばんはw
 こちらもゲーセンで7時間待ちくらいしてたら帰ってきた時にはもう0時になってましたw 遅くなっても大丈夫ですよw

> 今日の記事ですが、cip回復はかなり人気なのに、ソウル-1は回復より採用率が低いのか?ということが疑問でしたが、ようやくわかりました(*^o^*)
> 毎回ヴァイスの謎を分かりやすく解説してくれる著者さんを尊敬しますm(_ _)m
> つまり、チェンジソウルダウンがでたらヤバいってことですね(笑)
> ちなみにcipと何の略なんですかね?

 ググってみたら「Comes Into Play」らしいです。意味はわからないですけどw
 『姉妹の抱擁』ではコストさえあればソウルダウンを3体召喚するということも……(((;゚Д゚)))ガクブル

> それから、短冊の小説拝見させていただきました。
> 良くあんなの考えつきますね!!
> 著者さんがご自分でお考えになられたと言うことで、驚きです(^_^;)
> ヴァイス記事に限らず、自作小説の更新も頑張ってください(笑)

 な、なんか期待されてる!? 「あー、これは批判の嵐かなー」と思ってたんでちょっと嬉しいですw
 書く時間の確保が難しい……というか、メインの小説の更新が1ヶ月以上とまってるのでこっちでまた書けるか微妙ですが、機会があれば頑張ってみたいと思いますw

> コマリンマックスのデッキの全盛期の強さは私も把握できてないので、いずれ著者さんのブログ見学者で集まってヴァイスしたいですね(≧∇≦)

 コマリンは環境によって姿変わるんで面白いというか、研究に苦労しましたw
 「[“想いを託す”小毬]を早出しして場アド稼ぐんでしょー?」と思って集めてたら「え、今は思い出貯めて氷室の時代でしょ?」「なにーっ」という感じでしたねーw 実は著者も全盛期を知らないのですが、[休憩!]があれば……と思うことはしみじみあります。

>heeroさん
> お返事ありがとうございます。
> メルブラデッキでなら、血キャラの6点積み込み+堕ちた真祖での6点ダメージをやったことがあります。
> キュルケならアンコール付加応援か水着のハルヒ&長門+色褪せた世界でしょうか。
> 食べられないカレーも候補ですね。

> 恐らく思い出型のデッキは序盤から思い出行きを連発する特殊な動きをしますよね?
> さすがに余程鈍い方か初心者の方でなければ、異変に気づくはずです。
> デッキトップ操作ギミックを入れている相手ならレベル1帯辺りからコンボカードを掻き集めると思います。
> これにより通常は4枚程度が限界のデッキトップ操作も6,7枚可能な状況まで持って行けると考えた次第です。

 良いこと聞きました! 白サイドでやるとしたらメルブラとカレーは無視して良いのでキュルケですよね。ということは……[“無愛想で無表情”佳奈多]で完封できる!ってことですよね! スモイ!
 [朝比奈 みくる]で安全圏に飛ばせるのでアンリエッタのスペース圧迫しちゃいますけど、毎ターン3コストでキュルケを防げるなら安いモン……ですかね。その時は[無類の甘党 リンディ]の効果が使えなくなっちゃうので、思い出に飛ばす余裕はなくなっちゃいますけど……。
 これは白サイドに出るのもアリかもしれませんね。

> ソウル-1は少し不遇な感が否めないですねw
> レベル2辺りから場に出てくれて、場に留まりやすい能力とセットならあるいは…?

 確かにソウルダウンは不遇っぽいんですよね。[ネコミミ みくる]も[色褪せた世界]の制限で使いにくくなっちゃいましたしね。
 つまり『姉妹の抱擁』からの[伝説のヒトデ使い 風子]なr(ry
プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。