スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ行

 相討ち
 バトルした結果、引き分けること。または、相討ち持ちとのバトル、あるいはそのもののことを指すこともある。

 相討ち持ち
 リバースした時、条件を満たせば相手もリバースさせる能力を持っているキャラのこと。
 勘違いしている人は多数いるが、効果は任意なので、宣言しなければ相討ちにはできない。
 また、応援やアラームによってキャラに付与させることも可能。

 アイマス
 作品名「アイドルマスター」の略。

 アタックトリガー
 攻撃する時に発動する効果の総称。
 攻撃時の順番は、攻撃宣言→アタックトリガー→トリガーチェックとなるので注意。

 圧殺
 キャラがいる枠に手札からキャラを出すと、前からいたキャラが控室に送られる現象。
 控室に送られるので、そのタイミングで発動する効果が使える他、そのキャラをアンコールすることも可能。

 圧縮
 山札の総数に対するクライマックスを増やすこと。場合によっては、山札と控室の総数に対するクライマックスの数になる。
 これが高ければ高いほど、クライマックスを引く可能性が高く、ダメージをキャンセルする確率も高い。
 意識してやるならば、クライマックス以外のカードをストックまたは思い出に貯めることが多い。

 圧縮率
 圧縮がどれだけできてるかを数値かしたもの。キャンセル率とも言う。
 一般的には高ければ高いほど良いと言われている。
 分数表示が一般的で、クライマックス/山札と表す。
 言葉にするならば、何枚めくればクライマックスが出る、という表記でも問題ない。

 アドバンテージ
 略してアドとも言う。また、手札アドのように何かに付与して、~アドと言う場合もある。
 自分が相手に対してどれだけ有利に動けているかを示す。
 自分の手札と場を増やすか、相手の手札と場を減らすと有利に働く。また、逆は不利になる。
 ヴァイスシュヴァルツから始めた人はたまに勘違いするが、ダメージレースとの関与は全くない。
 有効活用法については、アドバンテージって何ぞ?に続く記事を参照。

 アラーム
 クロックの一番上にある時に発動する効果。
 助太刀などと同じくレベル・コストに対してのパワーは低く、狙って効果を使うには難しいため、よっぽど使える効果ではない限り採用率は高くない。
 相手のアタックに対して発動する場合には、ダメージ→バトルとなるので注意。
 つまり、アラームが発動しているならキャンセルが来なければバトルまで継続できないし、バトル前にアラームがなくともダメージによってはアラームが発動することはありえる。

 アンコール
 キャラの効果の一種で、舞台から控室に送られる時に指定のコストを払うことによって舞台の元の位置に戻すことができる。
 また、テキストにはかかれていなくとも、全てのキャラは3コスト払うことでアンコールできる。
 能力詳細はアンコールの種類の記事を参照。
 勘違いされやすいが、疑似アンコールと呼ばれる「舞台から控室に置かれる時、代わりに舞台の元の場所に置く」という効果とは違うので注意。

 アンコールビート
 デッキタイプの一種であり、手札アンコールと豊富な手札補充による場持ちを追求したデッキ。
 雪村 杏を中心としたデッキが有名。
 キャラの登場コストを節約できる為、圧縮がしやすいデッキタイプ。

 アンタッチャブル
 効果に選ばれないキャラを指す。
 効果に選ばれないからと言って無効化できるわけではない。全体効果などは受けるので過信は禁物。

 アンリエッタループ
 デッキタイプの一種であり、デッキ圧縮をしてキャンセル率の向上と共にアンリエッタ・ド・トリステインを使うダメージキャンセル&回復に特化したデッキ。
 主力カードがアンリエッタ・ド・トリステインのみである為、青のカードが必須という条件以外ではかなりの自由度を誇るデッキでもある。
 ストックで圧縮するデッキはもちろんだが、思い出に送って圧縮するデッキも存在する。

 イベント
 カードの種類の1つで、使用する時は舞台ではなく解決領域に置かれ、効果使用後に控室に置かれる。
 ただし、例外的にストックや思い出に置かれるイベントもある。
 普通は自分のターンのメインフェイズで使うが、カウンターアイコンがついているものはフロントアタックされた時にも使える。
 助太刀とは違い、使用する際にはレベルまたはクロックに同じ色のカードが必要。

 
 カード名前の枠の色を指し、黄・緑・赤・青の4種類がある。
 クライマックスあるいはレベル1以上のカードは使用する際に、同じ色のカードがレベルまたはクロックに必要。

 運ゲー
 運が強い方が勝つゲームのこと。運さえあれば勝つゲームに対する揶揄として使われることもある。
 ヴァイスシュヴァルツは運要素が強いため、多くの人はこのゲームを運ゲーとして扱う。
 まあ運が絡むのは事実としても実力も反映されるゲームなので、著者としては勝つための研究は怠って欲しくない。

 永続能力
 キャラが舞台にいる限り、発動している能力。
 キャラには能力欄には、黒い四角の中に「永」の文字が入っている。

 エヴァ
 作品名「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の略。

 エクストラパック
 500円で販売されている、ヴァイスシュヴァルツの拡張パック。
 販売を初期出荷で打ち切るため、値段の割には人気が高いことが多い。
 その為か、人気の高いシングルカードは高値で取引される。

 エラッタ
 カードテキストの誤表記や印刷ミスなどを言う。
 これらのカードはブシロードHPで公開されている。
 ゲーム進行に致命的な影響を与えるものは、ブシロードで正規品と交換してもらえる。
 ただ、エラッタは今後に手に入らないカードなので、使わないなら取っておくのもまた一興である。

 エンビー
 作品名「Angel Beats」の略。
 一応クドわふたーとは同一ブースターであり、混ぜてもネオスタンダード形式にはなるが、組み合わせが悪いことから2つを混ぜた俗称はない(著者は聞いたことがない)。

 応援
 後列のキャラが前の2体のキャラに与える能力。
 「~~を含むキャラに~~」など、応援の能力ではなくとも後列向きの能力を応援と言う場合もある。ただし、公式なものではなく俗称である。

 思い出
 何らかの効果により、ゲームから除外されたカード。
 普通はゲーム中に使うことはできないが、例外は存在する。
 能力「記憶」の発動条件であり、また記憶にあると効果発動するカードも確認されている。

 思い出ボム
 アイドルマスターにおいて、思い出に送ると他のキャラの効果が発動するカードの総称。
 衣装変更寄り道プレゼントある日の風景明るい親子 愛&舞の5種類がある。

 ・か行
 ・さ行
 ・た行
 ・な行
 ・は行
 ・ま行
 ・や行
 ・ら行
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。