スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『本質を見抜く能力は得』について

 前回→『神木 秋成』について

 ペルソナのネオスタンを作ろうと思っても、小説の時間を取るともうできないですね。
 神木 秋成の記事を断罪者 ネモのように研究しつくしたいのですが……やはりネックは時間。金がない以前に時間が足りない。バイトできるのかな。
 あ、そういえばバイトは落ちました。ネット応募より電話で面接とりつけた方が良いんですかね。ネット応募で一次選考に受かった試しがない。

 さて、今回は小ネタについて。え? 赤の能力はどうしたって?
 読者の予想を裏切るもの著者の仕事かなと。……どうでもいいですかね?w

 まず今回の話をする前に皆さんには『需要と供給』について知っていただきます。
 需要とは「ソレは欲しい人がどれだけいるか」、供給とは「ソレはどれだけ出回ってるのか」という意味。
 例えば、“一つ屋根の下”美琴&黒子は入るデッキを選ばずCXを縛らず力を発揮できます。超能力デッキには『必須』と言わしめるほどの終盤の強力なバーン効果のお陰ですごい人気です。誰もが欲しがります。こういうものを需要が高いと言います。それに比べて裏打ちされた自信 美琴はパワーこそは標準値なものの、CXシナジーのパワーパンプと除去能力が噛み合ってない上に対応CXはマイナーなストックブースト。CXシナジーのタイミングも「置かれた時」なので好きなタイミングで発動できずに流れたCXが回収できない等の問題点が多いカードです。こういうカードを欲しがる人は少ないのでこのカードは需要が低いと言えます。
 供給の例は、ブースターパックとエクストラパックでしょう。ブースターパックは店舗さんから注文されればすぐに生産されお店に並ぶので需要が高ければそれに比例して生産数が多くなります。店と会社と需要がなくならない限り生産は実質無限ですので(エクストラパックに比べて)供給が多いと言えます。逆にエクストラパックは初回生産限定なのでその数は有言、それも非常に少ないです。これを供給が少ないと言います。

 需要が高くなればなるほど供給が少なければ少ないほどソレの値段は上がり需要が低ければ低いほど供給が多ければ多いほどソレの値段は下がります
 例えばモノAの供給量は1000個であり、それを500円で買いたいと思っている人がのべ1500人いるとします。売り切れて、売上は50万円となります。
 供給を需要が上回ってしまったのでモノAを700円にしてみます。それを買いたいと思ってる人がのべ1200人いるとしましょう。そうするとまたもや売り切れ。売上は70万になります。
 お店側にとってはどちらにしろ売り切れになります。ということは単価を上げて儲けたいというのがお店側の考えになります。つまり需要が供給を上回ると値段が上がります
 他の例えでモノBの供給量も1000個ですが、それを1000円で買いたいと思ってる人がのべ30人しかいません。ということは商品が大量に売れ残って売上はたったの3万円
 供給が需要を大幅に上回ったので値段を500円に下げてみることにしました。それならば買うという人がのべ600人くらいに増えました。そうすると売上は30万
 例え商品が半額になってしまっても、欲しいと思う客が倍以上に増えれば結果的に売上は上がります。お店側としては商品を入荷するのにお金がかかってるので売れない商品を抱えることだけは絶対に避けたいのです。ということは買うお客さんを増やす為にも供給が需要を上回ると値段は下がるのです。
 これをまず理解してください。

 ※今回の例はあくまでも売上の話であり利益は考えてません。原価などの指摘はしないでください。
 ※「のべ~人」というのは、1人で2個買う人は「のべ2人」と数えます。……分かりにくかったら、のべを脳内で消してください。

 まあ長ったらしい話を一言でまとめれば「みんなが欲しがるカードは高い」という結論になります(笑
 みんなが欲しがるカードは強いんでしょうねぇ。弱いカードは欲しがりませんから。
 つまり簡単に強くなるには高いカードを買えば良いってことなんでしょうか?
 ……ですがみなさん、一つ忘れてませんか?

 強いカードとみんなが欲しがるカードはイコールとは限らない

 ってことです。
 繰り返しになりますが、みんなが欲しいカードっていうのはそりゃ強いんでしょうね。なんてったって多くの人に評価されてるんですから。
 ですが欲しがられないカードが強くないかっていうと、それは違いますよね?
 姉妹の抱擁って決して「みんなが持ってるカード」ではないんですよ。地元では20円で売ってます。
 “姉御肌”唯湖だってみんなが欲しがるカードではないです。これも地元では40円で売ってます。同じレアで供給量は同じはずの棗 鈴はなんて700円もします。雲泥の差です。
 ですが、この2枚を使って大会優勝することは十分可能。というか著者が店舗大会ながらもこのデッキで優勝しています。
 これって安いカードでもモノによっては強いという話になりますよね。

 なぜ安いのかって言ったら人気がないからです。なぜ人気がないのかって言ったら弱いと思われてるからです。
 ……ということは「みんなが弱いと評価してても強いカード」を見つけられれば安くて強いカードが手に入る訳です。
 例えば自分が「これは強い!」と思って友人やネットでそのカードの評価を訊いてみれば「弱い」って返ってきたとします。
 「ふーん、そうなんだ」って言って他のカードを物色するのは簡単です。
 しかしその前に「本当にそうなのか? このカードにしかできないことがあるんじゃないのか?」と疑問に思って、そしてそのカードが本当に強かったら。みんなが強さに気付いて値段が上がる前に手に入るから得なのです。
 もちろん自分視点でモノを考えるのと1万人でモノを考えるのでは視野が全然違います。1万人が「弱い」と評価したものの中から強いカードを見つけるのは本当に大変なことです。実際に買ってみて「評価通り弱かった!!」なんてことは少なくありません。

 ですが、リターンも大きいことは確かです。
 自慢混じりに実例を出すと今は入手困難なカードの1枚である処刑。売っていても400円近くもしていて、Uでその値段だと少し手が出しにくいですが。著者が強いなと思って買った当時は100円で買えました。著者に更に慧眼があれば買い占めたのですが、まぁ自分の分だけ買えただけでも良しとしましょう。
 というように「高いものを安く買えた」ってのはちょっと快感です。それを忘れられない著者はやっぱり「マイナー厨」であり「地雷プレイヤー」をやめられない一端なのかなぁーと思います。

 次回→『有名なメディアが気付く前に』について
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

前回のコメ返信ありがとうございます。
そうですね、自分の好きなレベル3をちょいちょい挟んでいきたいと思います(笑)

自分はペルソナを買ったことはないんですが何故か処刑だけ四枚持ってました。
姉妹の抱擁も。
“現環境では前準備が面倒だけど、クリアしてしまえば強いカード”、“現環境ではカードプールが狭くて使いづらいけど、広くなれば強いカード”はとりあえず手元に置いておくことにしてます。
元々コンボデッキが好き、ってのもあるんですがw

コメントありがとうございます

> 前回のコメ返信ありがとうございます。
> そうですね、自分の好きなレベル3をちょいちょい挟んでいきたいと思います(笑)

 そうですね、それが良いと思います。

> 自分はペルソナを買ったことはないんですが何故か処刑だけ四枚持ってました。
> 姉妹の抱擁も。
> “現環境では前準備が面倒だけど、クリアしてしまえば強いカード”、“現環境ではカードプールが狭くて使いづらいけど、広くなれば強いカード”はとりあえず手元に置いておくことにしてます。
> 元々コンボデッキが好き、ってのもあるんですがw

 なるほど、確かにそうですね。
 今だと……ミルキィエクストラが出ますし警察とか値段が上がりそうな予感w まあ警察のカードプールは把握してないですけどね。

No title

各地域の大会で、屋根下どんどん活躍してますねww
規制されそうなくらい強いみたいですねww

まぁ規制まではないでしょうが・・・・

コメントありがとうございます

> 各地域の大会で、屋根下どんどん活躍してますねww
> 規制されそうなくらい強いみたいですねww
> まぁ規制まではないでしょうが・・・・

 確かに評価は高いですよね。同じブースター、同じレアリティの[裏打ちされた自信 美琴]とはなんだったのか……。
 サポートカードも優秀なので使いやすいですが、制限とまでは行かないと思います。今までの制限と禁止は「大会環境やデッキ構築を固定化し、健全な大会環境の維持に大きな影響を与えるため」というのが主な理由なので『強い』と言わしめても『必須』とまでは言えない[一つ屋根の下 美琴&黒子]はないかな、と。いや著者が「しないだろう」と言ったからってそうであるとは限らないんですけどね?
プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。