スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不意をつく助太刀、牽制する助太刀

 前回→カウンターの特徴

 さて、前回はカウンターについてお話しました。
 今回はその中でも助太刀(パワーを上げるカウンターイベント)の有効的な使い方についてお話しましょう。

 突然ですが皆さん、こんな経験はないでしょうか?
 どうしても倒したいキャラがいて、自分にはそのキャラに勝つキャラがいる
 当然のように勝てるキャラでフロントアタックしたが、助太刀を撃たれたことによって負けてしまう
 どうしても倒したいキャラが倒せなかった上に、前列に穴が開いてしまいました
 「パワーアップすることが分かってれば、事前にパワーを上げたり、バトルを避けることもできたのに……

 同じような場面に出くわした時、あなたはそう思ってるはずです。
 それが、助太刀の強さです!
 正に不意打ち。心境は「まさか」の一言。

 しかし、逆の事例もあります。

 相手が扉回収で+3000助太刀を握ったのは知っているから、それを見越してイベントで前持ってパワーをあげておく
 相手は当然 助太刀を撃ちませんが、次のターンで更に強力なキャラを出しました
 そのキャラを倒すためのイベントは前のターンで使ってしまった上に、相手は+3000助太刀を保持していることが分かっている
 「さっきのキャラが囮ってことが分かってれば、イベントを使ってまで助太刀を警戒しなかったのに……

 不意打ちではないのに、助太刀をせいで圧倒的に不利になってしまう。
 これも助太刀の強さなのです!
 助太刀を消費させるまで、常に相手を倒すためには助太刀分のパワーを計算しなくてはいけない。

 このように、助太刀は使いようによって絶大な威力を発揮します
 しかし見えない助太刀、見せる助太刀を有効に利用してこそ、強くなります。
 それぞれの特徴をよく理解しておきましょう

○見えない助太刀
 さて、見えない助太刀というからには、助太刀を持っているということを悟らせてはいけません
 回収サーチで公開しないことはもちろん、場合によっては白河 ことりのような見せた方がいい状況でも見せないという選択をする勇気も必要です
 また、無闇に相手のパワーを訊ねるのもやめた方がいいでしょう。それで計算が狂っては元も子もありませんが、応援などの効果を事前に聞いて自分の中で計算する癖をつけるのもいいでしょう。
 あるいは、手札がない時やパワー差が圧倒的な場合でもパワーを訊ねるのもアリです。助太刀を握っている場面にそれとなくパワーを訊ねても悟られる確率はある程度は下がります。
 それから手札に助太刀があることを覚えておいて、相手のターンは手札をテーブルに伏せておくこともやっておけば成功する確率はグッと上がるでしょう。
 伏せてあるカードを使うことはありえない、と考えるのが人間の心理です。

 ここまで読んでもらえれば分かるかもしれませんが、まずはドローで助太刀を引けなければ話になりません
 ここぞという場面で助太刀を引く確率は限りなく低いので、引いたら取っておくということも時には重要です。
 または、ドローカードを多めに積んでおくのも手です。

 さて御膳立ては十分だったのに、ここぞという場面で読まれたというんでは意味がありません。
 これは繰り返し何度も言います。
 故に、手札を持つことに疲れて手札を傾けないことに注意しましょう
 これは上級者でも稀にやってしまう人がいます
 相手の目線より手札が下にある場合は、常に手元を意識しましょう。もちろん、手札を伏せたり手札を高くしたりして工夫するのもいいです。

○見せる助太刀
 見せる助太刀というからには、相手に助太刀を持っていることを知ってもらう必要があります。
 見えない助太刀と違って、手札に入れる方法は問いません。というかむしろ、回収サーチで相手に見せつけながら手札に入れた方がいいです。
 更に言うならそんなことをしなくても、見えない助太刀でやるなと言ったことを進んでやりましょう
 つまり、パワーを訊ねて考えるフリをしたり、手札を傾けたり、手札を表にしてテーブルに置いたりしてもオッケーです(もちろんあからさま過ぎても怪しいので、慌てる等のフォローは必要ですが)。

 こちらに助太刀があることをチラつかせておけば、こちらがいらないと思っているキャラでも過剰攻撃してくれるかもしれません
 それの地道な積み重ねによって本命が生きてくれるのです。

 逆に注意すべきは、本命(倒されては困るキャラ)がいる時に同じことをしないように注意しましょう。
 助太刀自体に戦闘力を求めることはできないので、「助太刀(笑)」ならないように。
 本命が倒されては元も子もありません。

 以上、助太刀についてはそんなところでしょうか。
 「助太刀なんて無い方がいいぜ」なんて内心では思っている方も、最低1枚は入れておいてください。
 相手のデッキが50枚公開になった時点で、助太刀が見えなければ非常に楽です。
 なぜなら、相手が突然パワーアップして返り討ちになる、という可能性を考慮しなくてもいいからです。
 なので、デッキに最低1枚を推奨します。できれば威圧感のある、2/1+3000助太刀辺り。

 さて、次回は何事もなければ保留にしていたクライマックスシナジーについて語りたいと思います。

 次回→デッキクラッシャー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。