スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『暦の恋人 戦場ヶ原ひたぎ』について

前回→『プロモの強い弱い』について

 今日、思い込みって怖いと思いました。
 化物語のTDが地方大会で準優勝しているのですが、それを見ただけで自信満々に「化物語のTDは強いから買った方が良いよ」って薦めてる人を見てしまって……。
 冷静に考えれば、収録してる内容はアタック時に+1000、2コストキャラ回収、アンコール……など他のタイトルでも普通に存在しているレベル。なおかつ、回復や特徴パンプはなし……。
 化物語TDが弱いとは決して言いませんが、正直 大会で上位に上がれたのはその人の実力がものすごく高く、また運にも恵まれていたのだと思います。本人コメントにもガチ構築ではないことは明言されてますしね。
 それに大会の人数も書かれてなかったので、何人中2位かは分かりませんでした。流石に地区大会なのでそれなりの人数はいるでしょうけど。
 皆さんも情報を鵜呑みにしないように注意してくださいね。


 さて、今回はネタが思いつかなかったので今日のカード。

 66a8d8b3.gif

 著者は経験を使う機会に恵まれなかったのですが、経験自体はすごく優秀な能力だと思います。
 (高レベルが入らないデッキはダメですが)基本的に入れるデッキを選ばず、比較的に達成しやすい条件ながら多くの効果はなかなか優秀です。
 まあ早出しをする時には注意が必要ですけどね。それさえ気をつければ、なかなか仕事をしてくれるのではないでしょうか。

 このカードもレベル3をレベル置き場に置ければ、レベル2時点で9500、レベル3では11000ものパワーになります。
 レベル2で9500、レベル3で11000はどちらともデメリットアタッカーのみ。その他の効果は特にないですが、パワー面ではなかなか優秀と言えます。
 まあ所詮はその程度……っていう人もいるかもしれませんが、重要なのはレベル2でもレベル3でも標準超えのパワーを持っていることです。
 普通のレベル2のデメリットアタッカーはレベル3では若干パワー不足です。逆にレベル3のデメリットアタッカーでは早出しを除いてレベル2に出せません。
 つまり長い間 力を発揮する訳です。ここが他のデメリットアタッカーとの違いです。

 特徴が化物語標準の特徴を持っているのも優秀な点でしょうか。
 これまでの経緯からして、特徴が統一されたエキスパンションは特徴パンプが出るようですし。ネオスタンでの活躍は期待できるのではないでしょうか。

 逆に特徴がスタンでは役に立ちませんね。
 そうなるとレベル依存応援を受けにくいので、ネオスタン以外では使いづらい印象を受けます。
 また、レベル置き場にレベル3のカードを置けなかった時にリスクは大きいです。レベル3のカードを確実に置ける構築も必要でしょう。
 ……というように活躍の場面は選ぶと思います。クセに強い感じはしますね。

 とまあ今回は短めに。
 ちないに著者は読み方を知りません。名前を他の作品にかぶらないように努力するのは結構ですけど、覚えやすい名前っていうのも必要な気はしますが……というとファンの方に失礼ですかね。

 次回→『アリサ・バニングス』について
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

化物語は回収の多いトライアルです。

比較的3面アタックはしやすいです。

3面アタックのソウル2クライマックスが面白いように通って

キャンセル率が異常に良かったんでしょうww

チップ回復のないトライアルデッキで地区勝てるとはおそるべき運の持ち主ですねww

Re: No title

 コメントありがとうございます。

> 化物語は回収の多いトライアルです。
> 比較的3面アタックはしやすいです。

 まあ“TDにしては”回収が多いですよね。扱いやすいことは否定しません。
 ですが自由にネオスタンを使っていいなら“なのはデッキ”の方が遥かに回収面その他もろもろが上回ってるんですよね。2コスト回収を使うまでもなく1コストで回収でき、レベル3ではほぼ上位互換の[分け合う気持ち なのは&フェイト]がいる訳ですし……。

> 3面アタックのソウル2クライマックスが面白いように通って
> キャンセル率が異常に良かったんでしょうww
> チップ回復のないトライアルデッキで地区勝てるとはおそるべき運の持ち主ですねww

 そうですね。実力にしろ運にしろ、はたまた両方でも著者的には「すごい」の一言です。
 それか対戦相手が知らなかったのかもしれませんね。初見のデッキと既知のデッキと戦うのでは対処のしやすさが違いますから。
プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。