スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プロモの強い弱い』について

 前回→『色拘束デッキ』試験運用

 友人に断罪者 ネモの話をしたら「ビートに水着の環と一緒に入れてクライマックスを送るのもおk」って言われました。
 確かにそれもアリなんですよね。
 著者は前の他にもアンコール付与にて無理矢理 色を縛るデッキとかも考えましたが……流石に連日で同じカードは飽きますかね?w
 久しぶりに面白いカードで研究しがいはあるんですけどねぇ……。

 さて、今回はプロモカードについて少々。
 プロモカードとはなんかの購入特典や大会参加賞などTDやパックに入っていないカードのことで、手に入る時期を逃すともう正規手段で手に入りません。従って後から手に入れたかったら中古カード(未開封も含む)を買うかトレードかの2択になります。
 これがとんでもなく強かったり(“常に優雅たれ”凛、昔のオレ様至上主義者ラハールなど)普通だったり(ブラック★ロックシューター探偵チーム ミルキィホームズなど)めちゃ弱かったり(シリル&アミタリリ&ファークリンプリニー隊など)といろいろありますが、そもそもプロモカードの目的はカード自身の強さではなく広告ということを忘れないでいただきたいのです。
 どういうことかというと例えば あるゲームにプロモカードがあったとして、ヴァイスユーザーは「あのプロモ欲しいから買っとこ」と思わせたり、ゲームユーザーには「せっかくカード入ってるし始めてみるか」となって、双方に繁盛するのがプロモカードの会社側の意議なんです。「あのカード超強いから4枚 集めるしかないな」とか「あのカード弱すぎw誰得だよw」となってはいけないと思うんですよね。

 プロモカードが強過ぎると持っている者と持っていない者に明確な差が出て来てしまい、昔のプロモを正規入手できない新参がやたら入ってきにくい環境になってしまいます。また運で手に入らない場合もありますし、何千何万で買い取って無理矢理そろえようとする人も出てくるでしょう。そうするとデッキ構築自体が運ゲーと言われたり、資産ゲーと言われてしまって容易く廃れてしまいます。ネオスタンで多少は柔和されているとは言え、「あのカードがないからあのデッキは作れないのか……」となってしまえば好きなキャラで戦えるというヴァイスの特徴を完全に殺すことになるでしょう。

 逆に弱すぎても「あのカードいらないし、買う意味ないな」「せっかくカードが入ってたけど、どうもこれは価値がないらしい」となると宣伝効果は全くなくなってしまいます。これはこれで問題であり、ゲーム自体に影響はないもののプロモカードの存在意義はコストがかかってる分マイナス評価です。これでは全く意味がありません。

 という訳で『ゲームバランスを壊さない強さにしなければならない一方、弱いカードだと宣伝効果がない』という風になるでしょうか。これがなかなか難しいと思います。
 ですが、著者は考えます。そんな難しいこと考えるより、もっと楽にプロモカードの意義を果たす方法があるんです。
 そもそもの話、上の例だと「ヴァイスユーザーにはゲームを買わせたい」「ゲームユーザーにはヴァイスをやって欲しい」という購買意欲を湧かせればよいのであって、それがカードの強さだけとは限りません。

 著者が考えるベストなプロモカードの形は『カードパワーが標準以上、壊れ未満であり、イラストが神がかってる』こと。これに尽きます。
 これならヴァイスのゲーム環境を壊すことなく、消費者に「欲しい」と思わせるプロモカードではないでしょうか。
 “クォーター少女”クド衣装交換!? かなで辺りがこれに当てはまるカードではないかと著者は考えてます。
 前者はそこそこ強いですがなんと、ブースターにも入っています。イラスト替えだけとはまさにプロモカードといったところではないでしょうか。著者の主観ではプロモ版の方がちょっと可愛いかなと思ってます。ちなみに通常版はこちら
 後者は弱くもないけど、強くもないってカードですね。実はこのカード、地元で4000以上の値が付いてます。この絵はヴァイスシュヴァルツオンリーのイラストであり、正規商品で他にこのイラストは存在しないってのが特徴です。何よりこの絵は神です。異論は認めませんw

 プロモカードはこんなカードが増えればよいなぁと思います。ファンじゃなきゃどうでもいいカードであり、ファンなら喉から手が出るほど欲しい!……というのがちょうどいい調整なんじゃないでしょうか。
 個人的には双子ネオスタンに必須なプロモがあったり、昔の<<メイド>>の主要カードは全てプロモだったり、とプロモには苦い思い出がたくさんあります。ちょっと前には必須なオタクも出ましたし。強いカードをプロモで出すのはやめて欲しい……というのが個人的意見ですね。資産ゲーは悪しき遺産だと思います。

 次回→『暦の恋人 戦場ヶ原ひたぎ』について
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

でもらきすたのPRはテコ入れ目的だとおもいますよ

コメントありがとうございます。

> でもらきすたのPRはテコ入れ目的だとおもいますよ

 そうなんですか? 僕はイラストに関しては疎いのでなんとも言えませんが……。
 著者が見る限り[大好物 こなた][妹を守るかがみ][姉を頼るつかさ]など“必須”レベルのカードが多いように見受けられました。使えないプロモを出されてもしょうがないんですが、必須カードを増やされてもどうしようもないと思います。

No title

大好物 こなたに関してはヲタクデッキ使っていた人にとっては嬉しいPRなんじゃないでしょうか?

恥じらうこなたはレベル3になって除去だけ出来ても微妙だと思いますし、最強キャラみゆきも回復こそ出来ますが特徴がヲタクでは無い上にコストが重そうでした。

チップ回復持ちで悪くない能力持ちですのでらきすたもネオスタンでそこそこ戦えるようになったと思います。

発売当初に必須カードをPR化するのは無論反対ですが
環境が変わり勝つのが厳しくなっていた昔のタイトルに環境に合わせたPRを出すのは賛成です。

最後に願望ですが

ゼロ魔にもレベル3チップ回復と1/1 7000かレベル1ノーコスト相打ちをくださいww

コメントありがとうございます

> 大好物 こなたに関してはヲタクデッキ使っていた人にとっては嬉しいPRなんじゃないでしょうか?
> 恥じらうこなたはレベル3になって除去だけ出来ても微妙だと思いますし、最強キャラみゆきも回復こそ出来ますが特徴がヲタクでは無い上にコストが重そうでした。
> チップ回復持ちで悪くない能力持ちですのでらきすたもネオスタンでそこそこ戦えるようになったと思います。
> 発売当初に必須カードをPR化するのは無論反対ですが
> 環境が変わり勝つのが厳しくなっていた昔のタイトルに環境に合わせたPRを出すのは賛成です。

 個人的にはプロモである必要がないんですよねぇ。今でこそシングル500円くらいで収まってますが、希少価値で下がることはなく上がる一方で……。一年後にオタクデッキを作ろうとする人は高すぎて作れないと思います。
 それに通常手段で欲しい時は本を4冊買うなんて無駄だと思いませんか? いらない本は捨てるか古本屋に行くしかありません。特典のない本が買われる見込みはないですし、売れない本がいつまでも古本屋に残ります。なんか「売れなかったら捨てれば良いからとりあえずホットスナック焼いとけ」って言うコンビニを代表する設ければ良いみたいな感じがすごく嫌いです。
 4枚封入とかエクストラパックとか別に良いんですよ。ですがその場限りのプロモを必須級のプロモにしてしまうのは間違いではないでしょうか?と個人的には思う訳です。デッキ作る時に必須カードが「去年の大会参加プロモだよ」って言われたら嫌じゃないですか? それでシングル価格が2000円とかだったらやってられません。

> 最後に願望ですが
> ゼロ魔にもレベル3チップ回復と1/1 7000かレベル1ノーコスト相打ちをくださいww

 切実過ぎるww
 ダカーポリトバスペルソナは後続出たのにゼロつかは出ないんですよねぇー。それ言ったらイクサだってらき☆すただって出てないって話ですが。
プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。