スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンターの特徴

 前回→アンコールのタイミング

 さて、アンコールを学んで似たようなカードがあることに気づくはずです。
 それは、カウンターアイコンのついたカードです。
 他のカードゲームをやっている方には、デュエルマスターズで言うニンジャストライク、遊戯王で言う罠カード、ヴィクトリースパークで言うパートナーブロックと言えば分かりやすいかもしれません。
 手札を消費してキャラを生き残らせる……。まさしく、手札アンコールによく似たカードと言えます。

 カウンターカードには以下のような特徴があります。
 1.カウンター以外の性能では、他のカードに圧倒的に劣る
 2.ダイレクトアタック、サイドアタックでは使えない
 3.助太刀はレベルクロックの色に縛られない。イベントカウンターは縛られる。

 1は例を出しましょう。
 狙撃手ヴァイスシャッハ・ヌエラ朝倉姉妹のお料理王の威厳
 前者は完全互換です。助太刀以外に相違点はありません。強いて言うなら名前は違いますが、お互いに専用カードもないので関係ないでしょう。
 さて、ほぼ同じ性能のカードですが、なんとパワー4000も違います。助太刀カードは助太刀以外での性能が低いことを如実に語っているでしょう。
 後者のカウンターイベントは色が違うことが残念ですが、ヴァイスは色で優劣をつけてないので問題はないでしょう。
 後者の2枚は、キャラ1体を選んでパワー+6000。ですが、カウンターイベントである王の威厳+2コスト必要です。
 このように、カウンターカードは相手ターンに使える代わりに、それ以外の場面では弱い傾向にあります。

 2は普段は意識しない故に、忘れられがちです。
 ホラーは苦手のようなダメージ操作カード、夢のような生活のように相手キャラをコントロールするカード、ツインテールのように複数キャラを選んでパワーアップするカードなど。
 上記のようなカードはサイドアタック、あるいはダイレクトアタックでも使用したいですが、フロントアタックでしか発動できないことを覚えておきましょう。

 3は中級者でも知ってない人はいます。
 例えば、狙撃手ヴァイスはレベルまたはクロックに青のカードがなくても使えます。
 逆に王の威厳はレベルまたはクロックに緑のカードがなくては使えません。
 これは、イベントは普通に使用するが、助太刀の場合はキャラを出すのではなく起動効果を使うからだそうです。

 さて、カウンターの特徴はある程度わかりましたか?
 カウンターは確かに強力ですが、使いどころがなければ弱いカードです。
 その為、状況次第では役に立たない場面もあるでしょう。積みすぎは事故の元ですね。

 今回は短いですが、ここで一旦区切りましょう。
 次回は助太刀を有効活用するテクニックを紹介します。

 次回→不意をつく助太刀、牽制する助太刀
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。