スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プレイヤーの好み』について

 前回→『灼眼のシャナのCU』について

 今日はみなさんにはあまり関係ないですが、著者が「あ、このプレイヤーは仲良くできないな」って思ったのを紹介しようかなと思います。
 それって誰得……という話ですが、まあプレイの参考程度にw 小ネタは個人的に自由にしたいと思ってますw

 1、アタックする時に「(x)点確定のぉ――(x+1or2)点」って言う人。
 これ聞いた瞬間に「あ、この人は無理だな」って思います。
 というのも著者は小説を読んだり書いたりしてるので言葉というものに敏感です。漢字の誤字脱字はもちろん、言い回しや表現方法、語尾なんかが間違ってるとすごく気になるんですよね。
 確定って言葉は分かってると思いますが、数値が変動しません。その数値が変動する度に「確定してないじゃん」って内心ツッコミを入れてしまうんですよね。
 もちろん、意味は分かってるんですよ? 「(x)以上は確定の……」ってことですよね。
 分かってはいるんですけど……初見の人には誤解を与えるような言い回しに激しく違和感を感じてしまうんです。言う度に「確定してないじゃん」ってツッコんでしまうので、最早その人との通常の会話、およびフリープレイは無理ですね。大会中は流石に我慢しますが。

 2、ヒトのカードに気安く触れる人。
 もう少し解説すると、「行動が確定してないのに相手のカードを移動、および状態を変える人」ですかね。
 もちろん著者だって、相手のカードを触れる機会はあります。相手がスタンドを忘れてドローした時にスタンドさせたり、カード落として拾う時とかですね。いちいち許可を取っては手間や時間を取るので、黙ってやるのがスマートでしょう。
 もしくは天才魔法剣士等で相手のカードに触れる機会がある時ですね。気が効く相手ならどんなカードがあるかを広げて簡単に教えてくれるのですが、そうでない場合は許可を貰って自分で見ます。
 まあそういうのなら相手がやっても特に気にしないのですが。

 しかしパワーが高いキャラでフロントアタックしたからといって勝手にリバースさせたり、除去カードを使ったからといって勝手に控え室に置いたりなんかされたら……流石に温厚な著者でもイラッときますね。
 野球大会のように超パンプカウンター(著者は過去最高+8500)等……一見リバースしそうな状況でもそうしない場合があります。また除去の場合はアンコールがあるので、それをするかどうかはこちらの判断です。決して除去した側ではありません。行動の余地があるなら相手のカードをイジるなど言語道断としか言えません。
 まあ相手の「そうなって欲しい」という心理も理解できなくはないですが……、相手がそうなって欲しいということはこっちはそうなって欲しくはない訳で、状況にもよりますが出来るなら相手の望まないことをします。それが権利、というか勝負なんですからね。
 プレイにはマナーや節度を持ってしてもらいたいものですね。

 3、ミスを許容できない人。
 著者は非常に不思議ななんですが……ヴァイスの実力に「ミスをしないこと」を含みたがる人がいます。
 例えばパワー計算を勘違いしてカウンターを使い、実は上回らなかった時に「すいません、今のやめていいですか?」と言って「ダメ」っていう人達です。
 確かにルール上は使った効果は取り消せません。なので言い分は正しいです。
 ですが、器量はたかが知れていると思います。
 正直に言えば、ミスが許されないのが好きなら将棋やそろばんの世界に行けばいいわけで……「なんであなたはヴァイスやってるんですか?」と訊かずにはいられません。
 確かにミスはないに越したことはありませんが、それでも人間はミスします。「優勝者はミスをしなかった人」なんていう大会……なんてつまらないんでしょう。自分が行動する前に「自分の行動は間違ってないか?」と確認し、間違ってないことを確認してから行動するなんて時間の無駄です。
 会社で「ミスをしてもいいから挑戦しよう」っていう上司と「ミスは会社の損失だから絶対にするな」っていう上司はどっちが良いかなんて明白。間違えてないか確認して遅延するよりも、とりあえずやってみて間違ったら謝って直す方が相手にも迷惑かからなくてスマートだと思いますけどね。
 押しつけはしないつもりなので対戦相手に「ミスを直すのを認めろ」とは言いませんが、フリープレイやりましょうって言われたら「お断りします」って言いますね。面白くない娯楽に価値はありません。

 とまあ、こんな感じでしょうか。
 押しつけはしませんので読者様にはこういう風になるなとは言いませんが、「こういう風に感じている人はいる」という認識を持ってもらえれば、と思います。ヒトの意見を受け入れる必要はありませんが、見識を深める為に知るのは悪いことではないでしょう。
 逆に仲良くできるプレイヤーですか? もちろんありますよ。次回で語りましょうか。需要があるかは知りませんけどねw

 次回→『プレイヤーの好み』について2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。