スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『同じ状況が存在しない』ということ

 前回→『運要素の重要さ』を考える

 著者は一日一回はヴァイスゲームの公式HPを見るんですが、あれから1回も更新されませんね。
 とりあえず公式HPができたから公開したのでしょうか。ちょっと期待外れ感はありますが……。

 運要素編2。実いうとヴァイスをやってて、同じ状況に遭遇することはありません。
 本当は限りなく0に近い確率なので無くはないのですが、山札が下から45枚は同じカードが“お互いに”並んでる必要があるので、自分と相手が同じデッキを使っているかつ1/45x44x43……4x3x2を2乗した確率で出てきます。12桁の電卓では余裕でエラーが出るので、この確率はまず出ないと言って差し支えないでしょう。リフレッシュ後も考えると一般家庭にある電卓じゃ無理です。
 ちなみにデッキパーツを1枚変えただけで同じ状況は作り出せません。それを加味しても同じ状況を体験するのはあり得ないと断言しましょう。

 前記事のガッシュベルの話に戻りますと、シャッフルしないので“お互いに同じデッキ”を使っていれば同じ状況を作りだすことは容易いです。お互いに最善手を撃つだけで全く同じ状況が作り出せます。
 ……ここまで言ったらこの記事での著者の言うことが想像できてしまうと思いますがw
 えぇ、シャッフルをするだけで状況のバリエーションが大幅に広がるのです。まずはそれを理解してください。

 突然ですが、われわれ人間には“慣れ”という習性があるのはご存じですよね。
 “書類整理に慣れたので、最近はスムーズで書類整理ができる”“吹雪の寒さに慣れれば、粉雪の寒さなど毛ほどにも感じない”……みたいに慣れというものは良いイメージを持ちます。
 がしかし、慣れの裏返しとして“飽き”があるのも事実です。
 “毎日が鬼ごっこで飽きた”“最初は水やりも楽しかったけど、今は飽きてきてダルい”みたいな感じでしょうか。
 この2つは「変わった出来事をやり続けると平常化する」という働きがあるのは共通してるんです。慣れは便利なもんですから、飽きがあるのも仕方ないと考えるしかないでしょう。

 この飽きという奴は厄介でして、どんなに楽しくても嬉しくても、同じことが続けば何も感じなくなります。
 最初に感動した新築も3日過ごせばただの住居です。
 どんなに面白いネタでも3回聞けば「もういいよ」ってなります。
 とまあ飽きに関しての解説はこれくらいでいいでしょう。皆さんにとっても身近でしょうから、共感されるトコもあるかもですし。

 さて、ここでヴァイスの話に戻りますか。
 桁が数えられないくらいの数の試合があろうとも、試合には似たような状況や流れはある程度 決まっています。
 気づけば後列に“多重能力者”木山、前列にマーカーあり一方通行が揃ってて詰んだ……なんてのは日常茶飯事かと思います。逆にストック圧縮でキャンセルしまくって勝ったとかね。
 ですが「どうせ勝つんだろうな、負けるだろうな」と思ってても逆の結果になることもあります。神キャン、神引き、ガン通りなどいろいろですね。「負けの流れ⇒負け」といういつものパターンが運によって「負けの流れ⇒勝ち」といういつもとは違う結果になりえるのがヴァイスです。このような緩急のついた流れによって、お互いに同じデッキでもしばらくは飽きることなくヴァイスをすることができます。
 これが運要素を上手く絡めたヴァイスの面白さです。

 まだありますね。
 とりあえずブースター参戦のタイトルは22個もあります。1タイトルから3種類のテンプレデッキを作れるとしましょう。
 すると66デッキもあることになります。これはお互いに使えるので、66x66=4356通りのデッキ対戦が楽しめる訳です。
 そんなにあって飽きることはあまりないと思いますが、それでも飽きてしまった場合には更に白サイド、黒サイド、スタンダード構築……と他のルールも楽しめます。
 運要素も上手くできてますが、作品というデッキ作りの枠があることによって数多くのデッキがあり、飽きにくいカードゲームになっています。遊戯王やデュエルマスターズでエキスパンション縛りやってたら、それなんてMプレイwとか言われますしね。

 ヴァイスシュヴァルツはこのように、同じ状況を作らないことに特化しているカードゲームです。
 ここら辺が上手く飽きさせない上手いシステムであり、徐々にヴァイスユーザーが増えている要因かなーと思ってます。

 次回→『灼眼のシャナのCU』について
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりですm(_ _)m
最近学業が忙しく、あまり記事を拝見させていただいてなかったのですが、久しぶりに覗かせていただきました(^O^)

運要素の大事さを上手く考察していて、読んでいて『なるほど!!』の連続でした。

また、私の意見なのですが、ヴァイスはある程度構築が出来てれば、運と言う要素のおかげで、いわゆるネタデッキや相対的に強くないデッキや著者さんが良く著している、決まれば強い!!デッキで決まらなかった時でも、勝てる場合があります。
それは嫁デッキやネタを作る人に、とても重要ですよね!(b^ー°)
さらに、遊戯王等とちがい、雑魚、ネタ、ファンデッキは、現環境最強のデッキには勝てないのがつねなねに、ヴァイスはそう言うのがなく、だれでも『デッキの強さ』の概念に縛られないんですよね(≧∇≦)
それにヴァイスは遊戯王と違い、『このカードはどのデッキに絶対必要なカード』(例:強欲で謙虚な壺など需要が多く、高額すぎるカード)などが少なく、高い金額を出さなくてもそれなりに強いデッキが作れるんですよね!
禁止 制限などもすくなく、一度構築したら一生使えるので、経済的!(^O^)
金持ってる者勝ちのカードゲームとは大分差がありますね

ヴァイスは良いとこあげるといっぱいですね(≧∇≦)

Re: タイトルなし

> お久しぶりですm(_ _)m
> 最近学業が忙しく、あまり記事を拝見させていただいてなかったのですが、久しぶりに覗かせていただきました(^O^)

 お久しぶりですノ
 高校生の友人が試験だったと言ってたので、その関係でしょうかw また来ていただけて嬉しいです。

> 運要素の大事さを上手く考察していて、読んでいて『なるほど!!』の連続でした。

 参考になったようで幸いです。
 本当はもっと考察はあったんですが、カードゲームに関係ないのでカットしました。専門家でもないので脳科学に関して確かなことは何も言えませんしね。

> また、私の意見なのですが、ヴァイスはある程度構築が出来てれば、運と言う要素のおかげで、いわゆるネタデッキや相対的に強くないデッキや著者さんが良く著している、決まれば強い!!デッキで決まらなかった時でも、勝てる場合があります。
> それは嫁デッキやネタを作る人に、とても重要ですよね!(b^ー°)

 確かにヴァイスは多い運要素のお陰で、ガチとネタの境界というのが勝率十数%違う程度です。大会では0.1%でも勝率が高いデッキが要求されますが、フリーでやる分にはたかが数%でやりたいことができるというのは他のカードゲームにはない特徴でしょう。ネタデッキ専門の著者としては嬉しい環境です。
 しかしその一方で、ガチ思考のコアなユーザーから敬遠されているのは事実です。将棋チェスのように「自分の力だけで勝った」という状況は少ないので、自分の力で戦いたい人にとっては運要素は邪魔なのかもしれませんね。

> さらに、遊戯王等とちがい、雑魚、ネタ、ファンデッキは、現環境最強のデッキには勝てないのがつねなねに、ヴァイスはそう言うのがなく、だれでも『デッキの強さ』の概念に縛られないんですよね(≧∇≦)
> それにヴァイスは遊戯王と違い、『このカードはどのデッキに絶対必要なカード』(例:強欲で謙虚な壺など需要が多く、高額すぎるカード)などが少なく、高い金額を出さなくてもそれなりに強いデッキが作れるんですよね!
> 禁止 制限などもすくなく、一度構築したら一生使えるので、経済的!(^O^)
> 金持ってる者勝ちのカードゲームとは大分差がありますね

 著者が敬愛する池っち店長も過去に申してましたが、誰にでも必須な高額レアは生産者消費者の両名にとって害悪な存在です。ライトユーザーは増えないし、上位のデッキタイプが偏るしでダメダメです。 ネオスタンにはどのデッキにも必須カードというのはない……というか存在しえないので、そこも上手く回避できてると思います。
 禁止制限が少ないのもヴァイスの良い点ですよね。著者個人で言えば[虚無のルイズ]を1100円x3、[小川で遊ぼう]x4とサインカードを交換、[休憩!]を500円レートで交換x2、[休憩!]を400円x4で揃えたので非常に涙目な状態ですが……。全体から見れば禁止制限は非常に少なく、著者のような損をしているのは極一部と言えるでしょう。

> ヴァイスは良いとこあげるといっぱいですね(≧∇≦)

 そうですね。今後もどうなるのか楽しみです。
プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。