スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンコールのタイミング

 前回→アンコールの種類

 さて、前回は読んで字のごとく、アンコールの種類について書いていきました。
 アンコールはクライマックスと同じ、ヴァイスシュヴァルツオリジナルのルールです。
 他のカードゲームでは「何かを犠牲に生き残るカード」も存在はしますが、全キャラクターに付いているのはヴァイスだけ。
 クライマックスと同じく、初心者のつまずく壁と言えるでしょう。
 というわけで今回は、アンコールのタイミングについて説明したいと思います。

○次のターンに攻撃する強いキャラがいない!(相手ターンのアンコールステップ)
 今、あなたのレベルは3に上がりました。
 「次にレベル3出すし、レベル2なんてアンコールしなくていいや……」
 ドロー、クロック2ドロー。あれ、レベル3どころかレベル2も来なかったぞ!

 さあ、困りましたね。レベル1以下のキャラではほとんどバトルに勝てないので、一方的に攻撃されてしまいます。
 (フロントアタックをすれば、次の相手の攻撃はダイレクトアタック。サイドアタックすれば、ソウルはマイナスから始まる)
 こういう事態を避けるために、高いレベルのキャラを引ける見込みがなければアンコールしましょう。
 例えば、全ての高いレベルカードが控室にあったり、山札の多さに対して高いレベルのカードが山札に少なかったり
 もちろん、自分よりレベルの高いカードを手札に握っても仕方ありません。その時もアンコールしましょう。

○次のターンに攻撃するキャラがいない!(相手ターンのアンコールステップ)
 自分はレベル0。しかし、手札にはレベル0のキャラがいない。
 「……あ、攻撃するキャラいないorz」
 そんな時はアンコールしましょう。

 管理人の経験上、攻撃できないターンがある試合は負け試合です
 次にドロー、クロック2ドローでレベル0のキャラを3枚引く確率は限りなく低いので、「前列が埋まって無駄になる」というのも少ないはずです。
 攻撃できないというのは、ダメージを与えられない、ストックがたまらない、ダイレクトアタックされる、相手キャラを倒せない……など悪いことづくめです。
 積極的に攻撃しましょう。
 3ストックがない時のために、雪風のタバサ長門 有希などの手札アンコール持ちを採用しても良いと思います。

○回収・サーチカードがデッキに入ってないのに、後列キャラが倒された!(常時)
 「~~でフロントアt……あれ、パワーが足りない……?」
 後列カードは数が少なく、揃えるまでに時間がかかります。
 その間に前列のキャラが倒されては目も当てられません。即座に3コストアンコールで復活させましょう。
 (回収→控室から手札に加えること。 サーチ→山札から手札に加えること)

○デッキリフレッシュ寸前なのに、ストックの中にクライマックス入っちゃった!(自分のターンのアンコールステップ)
 「フロントアタック! 2点からの……あ、扉回収ウマー……くない!?」

 なぜクライマックスを9枚以上は入れてはいけないのか。
 それはクライマックスが多ければ多いほどダメージをキャンセルをするので、ダメージが通りません
 つまり、勝てます。
 クライマックスはそれほど重要なカードです。
 山札にあればあるほどいいのはクライマックスの使うタイミングっていつ?にも記しましたね。
 デッキリフレッシュ寸前でクライマックスがトリガーしてしまったら、とりあえずアンコールしておきましょう。
 もちろん、カウンターを使う時に消費できるのならする必要はありませんが
 その時は、ダイレクトアタックから先に来る可能性も考慮しておきましょう。

○カウンターで強キャラが倒されて、このキャラがいないと戦線を維持できない!(自分のターンのアンコールステップ)
 相手「弱キャラのダイレクトアタックおいしいです」

 自分の強いキャラが倒されてしまい、こちらが立て直す前に手もつけられなくなってしまうのは避けたいところ。
 特に赤緑は回収で助太刀などを持ってこれる上に、余ったストックでパワーアップ! なんてことになりかねません。
 助太刀を使うということはこちらのパワーが上回ってるはずなので、そうそうパワー負けすることはないでしょう。
 こちらに助太刀があるとなおいいです。

 ただし、このパターンで相手ターンにパワーが負けると圧倒的に不利になります。
 何故かと言われても初心者の方に説明するには答えを窮しますが……。
 体感してください。不利になるということが、体感できるでしょう。
 中級者まで行けば、理屈で不利になることが分かるでしょう。


 大体の目安はこんな感じです。
 徐々に上にステップアップするにつれ、アンコールをするかどうかの判断力が身についていくことでしょう。
 何事も反省です。勝負を振り返ってみて、悪いと感じたところがあるなら直してみましょう。
 1つ言えることは、自分のターンより相手ターンにアンコールする場合が多いです。
 何故なら、相手ターンでアンコールしたキャラは次の自分のターンで確定的に使えますが、自分のターンにアンコールしたものは状況によっては再び倒されてしまうからです

 以上のことを踏まえて、実践してみてください。
 アンコールの使い方が少しずつ分かってきたでしょうか?

 次回→カウンターの特徴
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。