スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『しっくり来るウィニー』について考える

 前回→『夜天ではないはやてデッキ』を考えてみた

 動画を見ながらポケモンの育成していると気づけば夜になってます。
 ヴァイスはどうしたかっていうと、暇な友人がいないので触れてないですw
 うーん、ヴァイスのゲームが出たらオンライン対戦できますかねぇ。できたら記事もはかどりそうですが……。その前に著者は没収されたPSPをどうにかせねばなりませんが。

 みなさん、『ウィニー』というデッキタイプをご存じでしょうか。
 元はマジック・ザ・ギャザリングというカードゲーム、通称マジックやらマジギャザやらMTGって呼ばれるモノの専門用語だったんですね。
 意味としては『小型を並べて一斉攻撃、みたいなコンセプトのデッキ』という風になります。
 しかしヴァイスには前列に3枚、後列に2枚の計5枚までしか並べることができず、ウィニーと言われても首をかしげることでしょう。一斉攻撃できませんからね。
 しかしヴァイスにもウィニーっぽいデッキタイプはあります。ヴァイスのウィニーとはどういうものなんでしょうか?

 単刀直入に言えば、当ブログの『夏服の葉留佳』スポーツ処刑の立ち回りなんかがウィニーに当てはまります。
 小型というのは「数多くて場持ちが悪い」というのが前提です。杉並エンジン著者が白サイドでガチを組むとこうなるのようなコンセプトは当てはまりません。サイズは控えめですけどね。
 まあつまり、小型キャラを使ってストックを消費しないように注意し、余ったストックで手札を補充して小型キャラを投げつける……というのがウィニーになります。場アドとハンドアド風に言えば、場アドを捨てて潤沢なハンドアドで継続的に攻撃する、というような感じでしょうか。

 他のカードゲームのウィニーでは十何体も出して一斉攻撃します。
 一方ヴァイスのウィニーでは、出して攻撃しては倒され、そしてまた出して攻撃そして倒され……というのを繰り返します。結果として十何体も出して攻撃しています。
 つまり十何枚のカードで攻撃している点が似ているので、ヴァイスではそういうデッキをウィニーという訳です。
 場持ちの良いキャラは攻撃回数が一緒でも3枚のカードでしか攻撃してませんからね。そういうデッキはどちらかというとコントロールという感じです。
 一斉攻撃で一気に決着をつける……という趣旨とははずれているものの、戦法が似ているんですね。それが「ヴァイスのウィニー」。

 この戦法は相手にストックで圧縮されるので、一斉攻撃で決着をつけるのはなかなかに難しいです。大抵はちまちまと攻撃することになるのですが、それだとウィニーって感じはしませんよねぇ。「ヴァイスっぽいウィニー」って感じはするのですが、既存のウィニーにはほど遠い。
 一斉攻撃で終わらせるという趣旨に沿うならば、“華麗なる剣聖”唯湖微熱のキュルケが近いかもしれません。
 潤沢な手札とストック、アンコール付与があるならキュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストーがそれっぽいかも。でもそれだとコントロールに近くなるでしょうか。
 とにかく、ストック圧縮されても確定ダメージを作れる山札の上に任意のカードを乗せるカードは、上手く作れば「ウィニーっぽいウィニーデッキ」になるのではないでしょうか?

 そこで目に着いたのがシルバーカーテン“迷惑少女”葉留佳です。対象キャラに関係なく、条件がそろっていればキャラを補充できます。
 それに加えて“華麗なる剣聖”唯湖煉獄の業火リームシアンなのは&ヴィヴィオ微熱のキュルケなどの山札の上に乗せるカードを一緒に入れます。
 こうすると「既存のウィニーっぽいウィニー」って感じにならないでしょうか? 相手に防ぎきれないほどのダメージを最初から着実に与えて行く……というコンセプトなので、一斉攻撃というよりは波状攻撃ですけどねw
 偶然にもキーカードが赤一色なのでデッキ構成は楽です。本当はショットやバーンを入れたかった所ですが……まあクライマックス枠が空かないので難しいですね。

 以上が、シルバーカーテンをなんとなく眺めていて思ったことです。
 ウィニーっぽいウィニーってどんなんだろ、というのがまあお題でしたね。ヴァイスではウィニーという言葉がメジャーではないので、その説明と由来から入ってしまいましたが……。
 閑話休題:ダメージレースに特化したデッキとは別の意味でダメージレースに特化してます。処刑とか入れても面白い……かもしれませんw

 次回→『ヴァイスのゲームのデッキ』について
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

毎ターン三面アタック出来るようなデッキて強そうですね


最近アッシュデッキやエヴァのアスカデッキを使ってて思うのですが、専用CXを握っててキャン率が下がってるからでしょうか。
盤面制しててもウィニーのようにハンドを補充する手段があって攻撃回数が多くなるデッキや、ソウルがやたら高くて一気にダメージがとぶデッキに勝てないので、レベル3までCXを持たなければいけないアッシュて弱いのかなと疑問に感じました


トラブルガールハルヒやユーロ空軍のエースアスカはバーン効果があるから例外なんでしょうか…

Re: タイトルなし

 コメントありがとうございます。

> 毎ターン三面アタック出来るようなデッキて強そうですね

 ですね~。[かけがえのない仲間]みたいな回収サーチ兼手札補充みたいなカードがあると、普通のデッキで事故ってもウィニーっぽく戦えます。

> 最近アッシュデッキやエヴァのアスカデッキを使ってて思うのですが、専用CXを握っててキャン率が下がってるからでしょうか。
> 盤面制しててもウィニーのようにハンドを補充する手段があって攻撃回数が多くなるデッキや、ソウルがやたら高くて一気にダメージがとぶデッキに勝てないので、レベル3までCXを持たなければいけないアッシュて弱いのかなと疑問に感じました

 アッシュデッキってことはスタンダードですかね? そしたら[最強キャラ みゆき]が激しくオススメです。メガネ・委員長は準メジャーですが、3コストでCX回収、余った手札とストックで回復もできます。これを入れればキャンセル率を下げずにCXシナジーが使えるでしょう。まあ[略奪者アッシュ]は強制思い出なので、ウィニーは元々 苦手の部類ですが。

> トラブルガールハルヒやユーロ空軍のエースアスカはバーン効果があるから例外なんでしょうか…

 そうかもしれませんね。あっちは1回くらいキャンセルしなくても、与ダメージが多いのであんまり関係ないのでしょうか。
プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。