スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『やりこみ大将みゆき』について

 前回→『SOS団って不遇……』と思う

 結果は家でポケモン……というか、親とか友人に予定をぶちこまれたぜw
 なんでゴールデンウィーク前に予定組んどいて、もっと早めに知らせんのか……。

 今回はこのカードについて。

 ちらっと前にも言ったと思いますが、らき☆すたはネオスタンではなく白限定やスタンで使うタイトルだと思ってます。
 らき☆すたは揃えるべきカードはないんですが、異色なカードが多いので個性的なデッキを作るのに便利です。
 例えば、このカードですね。

 やりこみ大将みゆき<<メガネ>><<委員長>>
1/1/6000/1(トリガー+1)
 【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、そのターン中、このカードのソウルを+50。
 【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠に【レスト】して置く)


 なんと登場時ソウル+50
 まあぶっ飛んだ性能っていうのは見て分かると思います。

 本来はソウル+50ってデメリットなんですよ。
 1/1のアンコール持ちは5500が標準なので、6000という点でも明白なんですけど。
 やってみれば分かりますが、キャンセルしないことはありません。通常は、ですが。
 レベル3のソウルー1を目の前にしてサイドアタックしてもソウル46っていう。初期の山札よりも多いですね。

 ですが例えば、相手の山札にクライマックスが無ければどうでしょうか?
 クライマックス+3面攻撃だと、ソウル2+CXソウル2+トリガー+2を3回やっても18ダメージです。まあ十分に強いですが、相手がレベル0だと決められませんね。
 それを可能にするのがこのカード、という訳です。

 何をそんな馬鹿なと思う方もいるかもしれませんが、『夏服の葉留佳』辺りに入れておくといい仕事をしてくれるんじゃないでしょうか?
 手札があまりやすく、小型キャラが多い。ということは相手はキャラが残りやすいので、ストックを使う機会が少なくなります。そうするとストックにあるクライマックスを回収しないかもしれませんね。
 その上 クライマックスを思い出にできるカードが多いので、積極的にクライマックスを減らせます。

 ……とこのように、らき☆すたには尖りすぎた性能ゆえに限られた局面、限られたデッキで絶大な威力を発揮するというカードが多いです。
 まあ守護者セイバーのように高性能な調整のカードも存在しますので、あえて使いたいという方はいないかもしれませんが……。
 こういうカード達はえてして考えてみれば面白い動きができるものが多いです。そういうのを考えるのも一考かもしれません。

 次回→『世話好きあやの』について
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。