スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ndのフェイトをピックアップ

 今回の『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's』ですが……中身がすさまじいですね。近年稀にみる非常に強力なブースターだと思います。
 フェイト、シグナム、ヴィータが大幅に強化され、なのは、はやてもそこそこ強化されました。まぁカードがカードなので安定性とは無縁ですが、上位に食い込める程度にはなったのではないでしょうか。
 今回はその中でもフェイトのカードで気になったものを解説したいと思います。


 雷の帰還 フェイト<<魔法>><<クローン>>
 3/2/9500/2(トリガー+1)
 【永】 あなたの山札が5枚以下なら、あなたの手札のこのカードのレベルを-1。
 【永】 記憶 あなたの思い出置場の《魔法》のキャラが2枚以上なら、このカードのパワーを+1000。
 【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。



 今回のトップレアですね。
 フェイトネーム初のCIP回復に加え単体早出し、ついでにパンプが付いています。フェイトデッキだと記憶条件が若干厳しいですが、他の単体早出しと違ってパワーが高くなり、使い魔アルフの性質もあって終盤まで戦うことができるでしょう。
 ただし早出し条件が山札5枚以下ということで非常に厳しく、安定した運用はできないと思います。ただでさえ手札とストックがキツいフェイトに、回収をしながら山札調整……などという芸当はできません。

 記憶条件、早出し条件を鑑みると安定はしませんが、それを達成した場合にはレベル2パワー10500で回復持ちという高次元で強いカードに化けます。
 「安定しないけど回れば強い」というフェイトを分かりやすく表してるカードではないでしょうか。

 とは言え、今までのレベル3フェイトと言えば分け合う気持ち なのは&フェイト“雷光”フェイト、さらに高速戦魔導士 フェイトという、どれもこれも回復を持っていないカードばかりなので、例え条件達成せずとも回復持ちフェイトというだけで十分に価値があると言えるでしょう。



 久しぶりの再会 フェイト<<魔法>><<クローン>>
 0/0/2500/1(トリガーなし)
 【起】 集中 [(1)] あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、そのターン中、このカードのパワーを+1000し、ソウルを+1。



 キャロ&フリードリヒの互換の集中持ちです。効果自体はO(≧◇≦)人(≧◇≦)O 亜美&真美と同じですね。
 このカードの注目すべき所はなんと言っても色拘束のない1コスト集中という部分でしょう。今までは無理にタッチ黄にしてキャロ&フリードリヒを積むか、コスト度外視で高町 ヴィヴィオを積むか、デッキクラッシュは諦めるか、という選択肢しかありませんでしたが、このカードの登場で少なくともCX事故は防ぎやすくはなりましたね。

 ただ、黄単のフェイトデッキということであればノーコストで回収も兼ねるFの遺産があるので、そちらでは選択肢に挙がりにくいかなと思います。サーチで無理矢理に持ってきてもそこまでコストに余裕がありませんし、少なくとも前列に穴が開くのであまり歓迎できないでしょう。
 タッチ赤だと回収で持ってきて調整で使えるので、こちらだとFの遺産が使いにくいこともあって候補に挙がると思います。というか、なのはタイトルのデッキなら全てのデッキが候補に入るでしょうね。

 フェイトネームなのにフェイトデッキで活躍しにくいとは、なんとも面白いカードだと思います(笑)



 勝利宣言 フェイト<<魔法>><<クローン>>
 1/0/5500/1(トリガーなし)
 【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードが《魔法》のキャラなら、そのターン中、このカードのパワーを+2000。(公開したカードは元に戻す)
 【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の【スタンド】しているカード名に「フェイト」か「アルフ」を含むキャラを1枚選び、【レスト】する。



 これはなかなかぶっ壊れたカードですね(笑)
 フェイトでデッキを組む場合、魔法以外のキャラを使うことはないのでパワーアップ条件はだいたい達成できると思います。結局は運になりますが……。
 筆頭候補が使い魔アルフがレストコストなしなので大したデメリットになりません。

 後衛込みパワー9500と非常に火力が高いのが特徴で、パワーアップなしを考えても7500とまずまず戦えます。トップチェックとしても優秀で、Fの遺産などのデッキトップが影響するカードとも相性が良いでしょう。

 ただまぁフェイトの常ですが、相手ターンは普通のパワーなのでアンコールには弱いですね。
 さらに言えば登場時にレストが必要ということは、後衛にレストできるキャラがいないと出せないということです。普通は使い魔アルフがあるので問題ありませんが、逆に言えば事故って握れなかった場合はその度合いが顕著になります。ひたすらに一途 フェイトの単純な上位互換という訳ではないんですね(とは言え、それでも勝利宣言 フェイトの方が使いやすいと思いますが)。
 ついでに、アルフ以外の後列を採用する時はこのカードを採用することができなくなります。具体的には“お姉さん”アリシア失われた過去 プレシア優しい母親 プレシアを使っている場合は採用できなくなるので注意が必要です。



 ソニックドライブ フェイト<<魔法>><<クローン>>
 1/1/6000/1(トリガーなし)
 【永】 記憶 あなたのターン中、あなたの思い出置場にカードがあるなら、このカードのパワーを+1500。
 【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠に【レスト】して置く)




 これまた強力なカードです。
 安定性がないフェイトには貴重なアンコール持ちです。前からもうひとりの魔法少女フェイトというアンコール持ちはいましたが、こちらは5500しかパワーがなく活躍しづらいカードでした。
 1/1のカードとしても今まで使われていた戯れるフェイト&アルフと比べて防御値が1000下がった代わりに、攻撃値が500も上がってアンコールが付くのでかなり使い勝手が良いでしょう。

 それに加えてチェンジ元もかなり優秀で、登場時に+1000と1コスト+自身思い出で同レベルチェンジができます。
 特にこのチェンジが優秀で、チェンジコスト=チェンジ先の登場コストなので、思い出に飛ぶ分だけ圧縮できるのでとりあえずチェンジした方が良いです。

 この非の打ちどころがないカードに見えるペアですが、最大の問題となるのが枠です。例えば2→3の通常のチェンジの場合はレベル2とレベル3の枠でそれぞれバラバラになりますが、同レベルチェンジの場合はその2種8枚を入れるだけでそのレベル帯の枠がカツカツになります。
 もう1つの問題点として、チェンジコストを含めてフェイトは手札から控え室に送る手段がないので、レベル0の時点でチェンジ先が落ちてないとチェンジできない点が挙げられます。チェンジ先の記憶条件を達成するためにはチェンジをしなければなりません。それを考えると、このカードもやはり安定性がないと思います。

 まぁもちろん集中で落としたり、思い出に飛ぶカードを使ったりすることもできなくはないですが、そこまでして使う魅力はありませんね。このペアを使う利点はチェンジの強さにありますし、使わないのなら素直に1/0のフェイトが優先されるでしょう。
 他にもネーム関係なく1/1アンコールが使いたいなら枠的にもアンコール方法的にも執務官 クロノの方が優秀かなと思います。強いですが、デッキや使い方は激しく選ぶのがこのカードの特徴ですね。



 理想の家族 フェイト<<魔法>><<クローン>>
 2/1/8000/1(トリガー+1)
 【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、他のあなたの《魔法》のキャラが2枚以上なら、そのターン中、このカードのパワーを+2000。



 これまでフェイトデッキのレベル2と言えばパンプでダメージが入るフェイト with バルディッシュ・アサルトか、コストの重い母を想うフェイト、そしてコストもダメージも問題あるソニックフォーム フェイトの3択でしたが、理想の家族 フェイトの登場で扱いやすいレベル2が選択できるようになりました。
 打たれ弱いという欠点はあるものの、コストが軽くて後列込みパワーが12000と次第点。かなり扱いやすいカードだと思います。

 ただ、このカード一択と言えるほどの強カードではないでしょう。
 フェイト with バルディッシュ・アサルトは後列が揃ってなくても仕事ができ、コスト2フェイトは打たれ強いという長所があるので、それぞれ好みで選択して良いと思います。
 ただ、何も考えずに投入するなら、理想の家族 フェイトで間違いないでしょうね。雷の帰還 フェイトの登場でコスト2のフェイトは需要が落ちていますから……。



 個人的に注目すべきフェイトはこの辺りだと思います。とは言え、見れば分かるというレベルで強いので解説するまでもなかったかもしれませんが……。
 あとは流し気味に少し紹介します。


 これからのこと フェイトはなのはにアンコールを付けるカードで、同じ効果を持つのは意地っ張りアリサまっすぐな心 なのはと次いで3枚目になります。
 しかしこの2種類のカードを持っているならこれからのこと フェイトは使う必要はないでしょう。なのはを使うデッキにはほとんどアリサ・バニングスが入るので、色が出せるアリサと後列でなのはネームを出せるなのはで悩むことはあっても、フェイトは候補に挙がらないと思います。
 ただしこの2枚は廃版カードとPRカードなので入手が難しいカードです。これらを持ってなくてなのはデッキを組みたい人向けに作られたカードなんでしょう。


 友達のために フェイトは思い出に飛ぶカードです。思い出が必要な雷の帰還 フェイトが出たので需要があるように見えますが……個人的にはフェイトデッキの候補にはならないと思います。
 まず、フェイトデッキは序盤から攻めなければいけないデッキなので手札消費が激しく、レベル0は高パワーのカードが欲しいです。そうすると代わりの人形フェイト0/0バニラが優先されます。
 次に思い出に飛ぶカードを見ても、上で紹介したチェンジセットだけでも十分ですし、他にも回収が付いてくる“ヴォルケンリッター”ヴィータ突然の襲撃 なのはなど候補がいくらでもあるので、このカードの使い時ってあんまりないんですよね……。
 強いて言うならレベル上昇がついているので相打ちに強いんですが、防御値2000と狙い撃ちにされる値なのであまり意味がなかったり……。ただ、魔法で思い出に飛ぶ点は評価できるので、無類の甘党リンディを使って思い出圧縮していくようなデッキならば需要があるかもしれません。


 今いるべき場所 フェイトはCXシナジーで思い出退避にパワー&ソウルパンプがついてます。
 互換である見えざる信頼関係 ハルヒ&キョンと比べると、まずトリガーが付いていないので通常のパワー面で有利です(+1000)。またCXシナジーによるパンプは思い出退避後なので、その前にCXを含め単体7500まで上がるので相手キャラをかなり倒しやすくなってます。CXや効果の違いによりソウル3→1で攻めるか、2→2で攻めるかという違いはありますが、ダメージ面ではあまり変わりません。
 そういう所を見てみるとフェイトがかなり優勢に見えますが、唯一にして致命的な弱点がサーチカードの貧弱さです。ハルヒの場合はただの人間には興味ありませんとCXを引けば2面、本体を引けば3面展開できるという利点があるのですが、フェイトの場合はFの遺産という不確定and1枚のみという貧弱なサーチカードか、ママ、いい子という重い回収カードしか選択肢がありません。ママ、いい子は2コストな分、3枚交換なので互換と言えなくもないですが、控え室から回収なので確実を期すにはさらにデッキクラッシュまでやらないといけないという縛りがあり、労力に見合った効果は今いるべき場所 フェイトにないと思います。
 単体運用を考えると退避してるので手札確保してるかと思いきやCXを切ってるので変わりませんし、ソウル面でもダイレクトアタックを貰っているので大差なく、パワー面で有利が取れるかどうか……という話になります。しかもこれが“CXを使って”ということですから、普通のフェイトデッキには需要はないでしょうね。個人的には『面白いカード』止まりかなーと思います。


 最後に仲良しお散歩ですが、中央のフェイトに永続1000パンプするイベントです。強化カードにロマンがあるのは前からですが、パンプ値が使い魔アルフと大差ない上に1枠しかパンプがないのでは、1コスト1ハンドに見合った戦果は出ないでしょう。
 ただ、カード自体は強いと思います。なんだかんだで後衛以外のパンプが永続で入る訳ですからね。
 ではどういうデッキに入るのかと言うと、強いフェイト(ソニックドライブ フェイト雷の帰還 フェイト等)が単騎で戦うようなデッキなら入ると思います。パンプはどうせ1枠にしか入らないということは、フェイトで固める必要がない訳ですし……。まぁ具体的には思いつかないんですが、単純にフェイトデッキに入るカードではないということだけ分かってもらえればいいですかね。



 今回はこんな所です。思ったより解説するカードが多かったので長くなってしまいました。前編と後編で分けた方が良かったかもしれません(笑)
 とりあえずヴィータ編、なのは編は書く予定です。日程は決まってませんが。
 シグナムはどうしようか悩んでいます。というのも著者の中でシグナムの評価は低いんですよね。ネーム関連が湖の騎士シャマルしかないので……パンプ値1000ではネーム固める意味がないですから、『シグナムデッキ』というのはまぁないですね。シグナムのカードを解説するとしてもシグナムとは無関係な解説になるかなと思います。


 ちなみに文中で出てくる『攻撃値』と『防御値』ですが、これは「○○のターンのパワー」といちいち書くのがメンドくさくなった著者が勝手に作った造語です(笑)
 他の場所では通じないので注意してください。





 
スポンサーサイト

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。