スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニバスの動物をピックアップ

 アニバスの個人的評価はあんまり高くないですね。確かにレベル0は強くなったんですけど、回復メタが出てしまいましたし、レベル3唯湖が……。
 ちなみにコメントで「耳掃除があるから2→3チェンジは来ないだろう」とか言ってましたが、3枚も出ました。というか今日のカードでとっくに公開してました。著者の目は節穴です。あの3枚で使うなら小毬が良いと思います。


 “可愛いは正義”クド<<動物>>
 1/0/4500/1(トリガーなし)
 【永】 他のあなたの《動物》のキャラ1枚につき、このカードのパワーを+500。


 今まで“猫まみれ”鈴“クォーター少女”クド等の高性能なレベル1アタッカーはいましたが、今回でこれを凌駕しました。動物デッキならパワー6500で採用しない理由がありません。
 ただし動物デッキは“帰国子女”クドが主流なのでパンプ込み7500。コスト0としては破格ですが、7500アンコールや8000を並べられるちょっと厳しい数値です。
 そこまで考えると威嚇する鈴“一緒にお手伝い”クドの採用も考えられます。

 ちなみにリトルバスターズのクドは共通して科学を持っていません。クドだからと言って宇宙への憧れ クドを採用しないように注意しましょう。



 “優しい寮長”あーちゃん先輩<<動物>>
 0/0/2500/1(トリガーなし)
 【永】 他のあなたのキャラが1枚以下なら、このカードのパワーを+1500。



 “蒼天と海神”アリカ&ニナの互換で優秀なレベル0。同ブースターに“リトルバスターズ”クドというトップチェック動物以外でクロック送りの3500(桜並木のシャロと互換)というアタッカーも含め、採用の幅が広がりました。
 これまでのオーバースペック枠だったくんくんクド(CXが使えない)と風船の光 クド(2体以上ならべられない)もデッキによっては使いづらかったので、デッキに合わせて採用すると良いでしょう。特にその2枚は『すき』のはぐるま クドと致命的に相性が悪いというデメリットを持っているので、『すき』のはぐるま クドでデッキを組みたい方には朗報です。

 しかしいくら『すき』のはぐるま クドが良いとは言え科学を持ってないので、氷室 優希に繋げるようなデッキ(『氷室 優希』等)には使えません。まぁ氷室 優希を使う方が少ないので、このような心配はほとんどないと思いますが。



 “秘密を求めて”鈴<<動物>>
 1/1/3500/1(トリガー+1)
 【永】 他のあなたの前列の中央の枠のキャラに、パワーを+1500。
 【自】 相手のキャラが、控え室から手札に戻った時、あなたは自分の山札の上から1枚を、ストック置場に置いてよい。



 4枚目に出た回収メタで小さな頃みたいに 音姫の互換。個人的には高評価。
 まず回収がほとんどのデッキに入っているのでほほとんどの試合で有効。そしてストックブーストは腐りにくい能力の1つ(3コストアンコールがあるため)。
 そしてストックブースト持ちにしてはパンプを持っているので腐りにくいです。それにリトバスには大活躍があるので中央だけでもパンプする恩恵は非常に大きいでしょう。
 “エクスタシーモード”沙耶のように単体で驚異的な能力を持っているキャラとも相性は良いですね。

 しかし欠点もあります。
 ストックブーストが相手依存なため、その能力は場面によってまちまち。のストックブーストに依存したデッキにしてしまうと使えなかった時に腐ったり、逆にストックブーストを意識しないデッキで使うとストックが宙に浮いてしまいます。
 次に同じ回収メタの正々堂々 レオのパンプに比べると、ストックは使用するのに時間がかかるので即応性を欠き、その能力は手札に依存するので安定はしません。
 そして生粋のストックブースト持ちである手作り料理の毎日 クド夏服の葉留佳に比べると安定性が、“一緒にお手伝い”クドなどの生粋なパンプ持ちにはパンプの広さが負けています。つまり器用貧乏なのです。

 このように器用貧乏で安定しないので、このカードをメインに組んではいけないと思います。
 やはりメタカードらしく、数枚だけ入れて必要になったら回収するということを徹底すべきでしょう。




 “リトルバスターズ”鈴<<動物>>
 2/1/4500/1(トリガー+1)
 【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+X。Xはそのキャラのレベル×500に等しい。
 【自】[(1) 手札を1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を見て《動物》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。



 リトバス初のレベル依存応援……というか上位後衛がこのブースターで初です。
 メリット、デメリットを特に考える前に、とりあえずレベル3が活躍できる環境(本体が貧弱だとどうしようもありませんが)が整ったと言えるでしょう。

 ぶっちゃけ、宇宙への憧れ クド“一緒にお手伝い”クド“心からの信頼”葉留佳などのカードがあるのでレベル依存応援の有用性には疑問符が付きます。
 しかしこのカードはサーチ能力が付いてるので動物デッキなら採用の余地はあるでしょう。
 そもそも動物はパワースペックこそ高い(出た当初は)ものの、回収が木陰の膝枕 クドから始まって相部屋のひととき“頑張り屋さん”クドなどのクロック回収が筆頭で、『すき』のはぐるま クドなどのドローが申し訳程度にあり、あめりかんな遊びを突っ込むかどうかという具合なのです。

 まぁ動物の優秀なカードはに固まっているので今度は色の問題が出てくるのですが、その時は“着ぐるみ”佐々美などでフォローしてあげましょう。



 ここからは駆け足気味に。


 “踏み出した勇気”鈴CIP回復にCXシナジーでパンプとショットを付けたレベル3の鈴です。スペック自体は強いのですが、最近は何度も言ってる通りショットは並べてこそ真髄を発揮します。そして先ほど言った通り動物は回収サーチが弱いです。
 なのでカードプールで恵まれてないカードですかね。しかし動物に限定しなければ忙しい佳奈多を筆頭に優秀な回収カードがあるので、もしかしたら専用デッキを組んだ方が早いかもしれません。
 ついでにレベル3クドを紹介しますとCIP回復持ちで、自ターン中で相手キャラリバースさせると1コストでスタンド封じができます。しかしチェンジタイミングがアンコールステップなせいで早出しメタには使えず、かと言ってパワーが高くないのでレベル3ではリバースさせることが難しいでしょう。著者にはこのカードをどう使えばいいのか分かりません。


 "悩ましい思い”鈴はアタック時に1500パンプとCXをストックに送る能力を持ってます。変化する日常 一方通行世話好きあやのを組み合わせたようなサポート特化のカードですね。
 CXをストックに置くことは良くないこととされていますが、最初からストックを使うつもりなら恩恵は受けやすいのでデッキに入れても良いでしょう。特に1ドローCXと組み合わせると手札を減らさずにストックを増やせるのでかなり相性が良いです。しかしここまでパワーが低いと確実に1面空いてしまうので、そこが悩みどころかもしれません。
 ちなみにCXをストックに送るカードとしてすでに妹の味方 佳奈多がありますが、低パワーにアンコールをつける意味は薄いと思うのでが若干優位かなと思います。色拘束もないですしね。



 今回は以上です。2ndと違ってキャラが多いので、後半は短くなってしまいました。
 そういえばヴァイス三大強能力は『回復』『回収』『アンコール』だと思ってますが、回復メタ回収メタが強いというのは聞いてもアンコール封じが強いというのはあまり聞いたことがありません。逆説的にアンコールが強くない可能性が……? いやアンコール封じは○○飛ばしも含めるから……。
 回収メタの鈴の記事を書いてる時にそんな益体のないことを考えてました。






 
スポンサーサイト

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

2ndをピックアップ @その他

 回復メタェ……。
 Rwriteだけでおとなしくしてるかと思いきや、リトバスに登場しちゃってるじゃないですかーやだー!
 しかもリトバスって普通に後列除去があるんですよね。これでリトバス天下になっても著者は全然嬉しくないんですけどぉ……。

 今回で2nd紹介記事は最後になります。



 守るべきもの シグナム<<魔法>><<武器>>
 3/2/10000/2(トリガー+1
 【永】 あなたのターン中、他のあなたの《魔法》のキャラ1枚につき、このカードのパワーを+500。
 【自】 この能力は1ターンにつき1回まで発動する。このカードが手札から舞台に置かれたターン中、このカードの与えたダメージがキャンセルされた時、あなたは相手に1ダメージを与えてよい。(ダメージキャンセルは発生する)
 【自】 このカードのバトル相手が【リバース】した時、あなたはそのキャラを思い出にしてよい。



 CIPショット持ち、攻撃値12000で思い出飛ばし内蔵とマルチな能力を持っています。著者的にはちょっと器用貧乏なイメージ。
 自ターンパンプと思い出飛ばしの相性は悪くないですし、ショットも弱くはないのですが、いかんせんこのカード1枚をポンと出したところで大した戦力にならないんですよね。
 『バーンと回復』についてでも述べましたが、追加ダメージは1点ぐらい与えたからって大した意味はありません。2点、3点と追加していくことこそ追加ダメージの強みを発揮できます。
 そうなると並べて戦いたい所ですが、なのは(タイトル)にはかけがえのない仲間達のような優良回収イベントがないので難しいところです。

 つまりこのカードを使う際に焦点になるのは「回収が少ないカードプールの中で、いかに並べて戦わせるか」というところでしょう。
 また、攻撃値と詰め能力が高いということなので、後上がりが有利です。と、なると早くからダメージレースを意識する必要があると思います。
 それらを満たすデッキ……となると例えばなのはデッキが該当するでしょうか。レベル1はアリサ・バニングスを中心にストックを集められますし、なんと言ってもレベル2にはソウル2でCXシナジー持ちの全力全開なのはが使えますからね。
 ソウルもありますし、回収できるので相性は悪くないと思います。


 ……ちなみに後列はなのは&フェイトが相性良いかもしれません。思い出送りがあるので自ターン中に上回れば、防御値はあまり気にしなくていいですからね。



 戦闘態勢 リンディ<<魔法>><<お茶>>
 2/1/7500/1(トリガー+1)
 【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、そのターン中、このカードのパワーを+3000。



 登場ターンに10500になります。それだけ。
 ですが、このカードは“無条件”で“1万越える”という点が強いと思います。

 例えば同じ2/1である理想の家族 フェイトは“魔法キャラが2枚以上なければならない”という条件を持ちながら“パワー10000”です。
 他にも管理局員シグナムとかも“魔法を追加で出す”という条件を持ちながらやはり“パワー10000どまり”です。
 他にも“1クロック”でパワー12000出せるフェイト with バルディッシュ・アサルトや、“対応クライマックスがあれば”パワー12000になる武人 シグナムやらありますが、やはり無条件で越えるカードはありませんね(まぁ後半は条件というよりはコストですが)。

 攻撃値がすごく高いカードはすなわちクアットロとの相性がかなり良いということなのです(断言)
 相打ちメインで組むと相手の早出しに困ってしまうので、早出しを確実に狩れるとは言わないまでも打ち負かすことができるのは結構重要ではないでしょうか。



 別れの時間 リインフォース<<魔法>><<本>>
 2/1/10000/1(トリガー+1)
 【自】 あなたのドローフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置いてよい。そうしないなら、このカードを思い出にする。



 このカードも戦闘態勢 リンディと同じように、汎用性の高いレベル2パワー1万です。
 戦闘態勢 リンディが「レベル3に攻撃できるカード」なら、別れの時間 リインフォースは「レベル2に有利を取るためのカード」でしょうか。

 例えばレベル2で中心のカードというと"ミルキィホームズ”シャロのようなパワー9000のキャラが多いです。コスト2のキャラはほとんど見かけませんね。
 という訳で、これらを一方的に攻撃できるカードでもありますし、倒されるにも一苦労するカードなんです。
 維持コストが1クロックとかなり重いので1ターンしか寿命がないですが、性能は十分でしょう。その性能を利用して「無理すれば倒せるけど、どうせ次のターンに死ぬならレベル0で適当にアタックしておこう」などと相手が思ってくれたらさらに良いですね。



 闇の書の覚醒
 3/2/イベント
 このカードは、あなたのカード名に「はやて」を含むキャラがいないなら、手札からプレイできない。
あなたは自分の控え室の「将の宣言 シグナム」を1枚までと「屋上の邂逅 ヴィータ」を1枚までと「サポート役 シャマル」を1枚までと「突貫 ザフィーラ」を1枚まで選び、舞台の別々の枠に置く。



 個人的にはちょっと物足りないカードですね。
 まず、レベル3というタイミングで出てくるカードがレベル1以下と固定。
 次にという色も固定。
 続いて後衛のパンプ値が+500で能力も地味、普通の運用にもイマイチ性能が低い。
 そして将の宣言 シグナム屋上の邂逅 ヴィータは魔法参照なのに突貫 ザフィーラは魔法を持っておらず、またはやても魔法を持っていないことが多いのでイマイチ能力が噛み合ってない。

 ということを乗り越えたられれば、2コストで3アド取れるという破格のハンドアドをとることができます。ここがセールスポイントでしょう。
 過去、ここまで低いコストでここまでのアドを取れるカードはなかったはずです(多分)。なので、このカードを使いこなすならこの性能を活かすのが重要でしょう。

 具体的には……ソウルビート?
 一応早朝訓練というコスト0のソウルパンプもあるので、そういうのもアリなんでしょうか。
 イマイチ、イメージしづらいです(笑)



 ここからは駆け足気味に。


 あふれ出す激情 リインフォースは登場時に魔法3体以上いれば登場した次のターンまで6000になるキャラです。このカードは査定的にちょっと、いやかなり弱いです。
 例えば夢見るレディー さくらですが、こちらも魔法3体以上いれば永続でパワー6000になります。一応2面返り討ちに合うとあふれ出す激情 リインフォースの方が一瞬だけ強くなるのですが、正直2面たおされるならその片方は夢見るレディー さくらな気がするのでこの優位性はあんまりなさそう。
 それからパジャマのマミは登場ターン+2000なので一見互換のように見えるのですが、こちらは魔法のキャラ2枚以上で発動します。効果が互換なのに条件が互換じゃないのはかなり不思議ですね。
 正直この効果なら、元のパワー4500でも良いので6500にならないと割に合わないと思います。


 査定が不思議と言えば、お寝坊さん シャマルの査定もおかしかったり。
 森の妖精 ティファニアも1コスト1ハンドで魔法をサーチする訳ですが、パワーやコストが変わらないのにシャマルははやてもサーチできるのでこっちの方が少しだけ範囲広いです(笑)
 一応ティファニアは虚無を持っているので、無意識の力 ルイズの回収対象になったり、虚無の力のトリガーになったりできますが、基本的に特徴の有無で差異はないはずなのであんまり関係ないですね。
 あ、シャマル自体はふつうに強いです。


 感謝の気持ち アルフは記憶2枚で3500助太刀になります。はっきり言って白限などになると経験で発動するドロシー役のシャナの方が優秀に見えます(笑)
 それで肝心のネオスタンの方ですが……、記憶発動する機会は割と増えたので効果自体は良いでしょう。しかし問題は特徴で……。
 特徴は使い魔、動物です。そして今回のブースターで使い魔および動物の回収サーチは収録されてません(ナンダッテー
 一応 過去作品で動物と使い魔の回収サーチはあるんですが、とてもじゃないですけど実用範囲内じゃないんですよね(というか全て色が違うという)。
 という訳で、性能はそこそこなんですけど回収サーチで報われないかなと思います。


 補助魔法のエキスパート シャマルは登場時2コスト1点回復です。八神機動六課部隊長のレベル1版ですね。
 回復するのは普通のレベル3CIPと同じ2コストですが、こちらは序盤に引いてもアタッカーとして戦える点で優秀です。まぁパワーは高くないので戦線を支えにくいと考えると、扱いは難しいかもしれませんが。
 2枚のカードはどちらも登場時2コスト1点回復の査定は-1000なので基本スペックに差はありません。ですが八神機動六課部隊長は色拘束がないので、採用範囲が広いという意味ではあちらの方が優位です。
 しかしあちらはプロモなので入手難度は圧倒的に補助魔法のエキスパート シャマルは分があります。というか八神機動六課部隊長が修正されて再録されたって考えた方が良いんですかね。
 しかし机上論で考えるなら入手難度を考慮してはいけないので、ブログやってる身からすると難しいカードですね。八神機動六課部隊長を考慮しなければ悪くないカードだと思います。



 今回はここまで。
 次回は未定です。リトバスにはちょっと早いんですよね……。そういえばヴィータビートはまだ掲載してないんでしたか。著者がまだ2ndを買ってないので書くとしても机上論レシピですね……。
 それか初心者の方用にデッキ作りFAQとかまとめたら良いかもしれません。……以前にも似たようなもの書きましたっけ?
 まぁそんな感じで未定です。





 

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

2ndのはやてをピックアップ

 アニバスですが……今のところ使いたいカードはないですね。佐々美(シナジーでパンプ&ストブ)も面白いですけど、「面白いね」で終わっちゃいます。
 そもそも公開されてるレベル3の2枚が弱過ぎてお話にならないので、インパクトが若干……。L3唯湖はよ。


 今回ははやてです。


 一心同体!はやて&リインフォース<<魔法>><<本>>
 3/2/10000/2(トリガー+1)
 【永】 記憶 相手のターン中、あなたの思い出置場の、《魔法》かカード名に「はやて」を含むキャラが2枚以上なら、このカードのパワーを+2000。
 【自】[(1) あなたの【スタンド】している《魔法》のキャラを2枚【レスト】する] このカードがアタックした時、クライマックス置場に「石化の槍 ミストルティン」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのパワーを+2000し、あなたは相手のレベル3以下のキャラを2枚まで選ぶ。それらのキャラは次の相手のスタンドフェイズに【スタンド】しない。
 【自】 このカードがフロントアタックされた時、あなたは自分の山札を上から1枚見て、山札の上か控え室に置く。



 個人的にいろいろと物足りないカード。ちなみに専用CXです。
 物足りない部分を列挙していくと、まず相手ターンに発動する効果があるのに攻撃値が低く、容易にフロントアタックできない。レベル3だとサイドアタックが通らないのでこれが特に顕著。
 次に、肝心の専用CXなのでレベル3を倒さなくても良いのにサイドアタックが通らない。
 そして最も致命的なのが、スタンド封じをしたキャラがアンコールした場合は効果が解けてしまうことだろう。これでは何の為にパンプが付いているのか分からない。

 ……とここまでボロクソ書きましたが、よくよく見てみると良い所も見つかります。
 まずは防御値が12000、後衛も考慮すると14000という越えられない壁が出来上がり、これが早出しできるのが強みです。防御値の高いカードは相手キャラが弱いうちに出してフロントして行きたいので、防御値が高いのと早出しは相性が良いんですよね。
 もう1つ、早出しできて防御値が高いので生存時間が長いです。そうすると永続的に発動する被フロント時のトップorクラッシュが活きてくるでしょう。
 ちなみによ~く見ると、CXシナジーのスタンド封じは後列を対象に取れます。レスト集中なりレストパンプなりは少なからずあるので、好意的に解釈すればそれらを封じるととることも……(笑)
 専用CXがソウル+2なら著者は言うことがなかったんですけどね。このカードの欠点はサイドアタックが通ってしまえば全てチャラになりますので……。

 ……とここまで書いて、もう一歩踏み込んで考えてみることにしました。
 相手からするとスタンド封じしたキャラを助太刀を使ってまで助けたくない。つまりこのスタンド封じは助太刀を撃たせないためにあるのではないだろーか!
 助太刀を撃たれなかった場合はほとんどのレベル3を倒せると思うので、そのまま突破できます。2枚目がシナジーパンプを使わなくても12000あるので、パンプと後衛の両方がかかってなければ一応越えられる範囲ですね。
 生き残れば14000の壁が残るので盤面的には非常に有利。
 ここまで考えると非常に強いカードに思えてきました。まぁアンコールを持ってればスタンド封じはどっちみち意味がないですし、シナジーパンプができなければ相変わらず攻撃値には悩むんですけど、これはこれでアリなのかもしれません。
 




 ユニゾンイン!はやて<<魔法>><<本>>
 2/1/2500/1(トリガー+1)
 【永】 他のあなたの、《魔法》か《本》のキャラすべてに、パワーを+1000。
 【起】[(2) あなたの舞台の「まどろみの時 リインフォース」を1枚とこのカードを思い出にする] あなたは自分の控え室の「一心同体 はやて&リインフォース」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。



 一心同体 はやて&リインフォースを紹介したので良いかと思った方、結構いると思いますがこのカード自体はだいぶ重要だと思います。
 まずは基本性能である早出し(はやてデッキでは普通風の癒し手シャマルで完結する)に注目していると、キーパーツであるまどろみの時 リインフォースは手札交換を持ってますので、それを握ってれば手札を圧迫することなく準備できるでしょう。
 また早出しで思い出に飛ぶのが地味に重要で、圧縮率云々はもちろん、記憶条件をすぐに発動させることもできます。
 ちなみにまどろみの時 リインフォースのハンドコストを手札の一心同体 はやて&リインフォースを払うことによって、他のチェンジと同様にリフレッシュ直後も安心して早出しすることが可能です。


 まぁここまでは一般的な話です。そして本題に入りましょう。実はこのカードの登場によって息の根を止められたカードが多数いるんですよね。
 狼形態アルフ"強く支えるもの”リインフォース過去の記憶 リンディなのは&フェイト後方支援 ユーノなど……。
 (元々息してない? アーアーキコエナーイ)
 つまり1000パンプの方々です。まぁユーノはイベントメタがあるので完全とは言えないですけど、『なのは』『フェイト』『クロノorリンディ』と言えば間違いなく魔法を持っているのでパンプ範囲で完全に勝ってます。
 とは言え特徴1000パンプなんて他タイトルでは珍しくないので、それに合わせたということなのでしょう。まぁこんくらいないと現環境ではやっていけないので、犠牲になるカードが出てしまってでも出したのはしょうがないと思います。御冥福をお祈りしましょう。

 さて、このカードによってアースラの切り札 クロノなどのカードがだいぶ使いやすくなったり、別れの時間 リインフォースがL3狩りに貢献してくれたり、レベル2を中心に後衛としての使い道も探せるのではないでしょうか。
 著者的にはクアットロのような立ち位置で汎用性が高いので、探せば活躍できるデッキもいくつかあると思います。まぁ広いと言ってもさすがにに動物まではカバーできないのですけどね(笑)



 悪い子にはお仕置き はやて<<本>>
 1/1/6500/1(トリガーなし)
 【起】[あなたのキャラを2枚【レスト】する] そのターン中、このカードのパワーを+2000。



 このカードもはやての中ではかなり革新的なカードです。
 今までのはやてのレベル1と言えば1/0バニラの"八神家”はやてかパワー5000のはやて&シグナムの2択しかなかったので、正直さやを使った方がマシなんじゃないかというひどさでしたが、このカードを筆頭とした追加カードでレベル1でも比較的に戦えるようになったんじゃないでしょうか。
 その中でもこのカードはパンプ込み込みで9500と攻撃値が高くてフロントアタックできるという点が非常に優秀です。はやては攻撃値が低いカードが多くてCX張ってのサイドアタックが関の山ですからね。

 ただしレストコストを使うので、基本的には単体運用になってしまうのが難点です。このカードを使う際はおとなしく一点突破にしておきましょう。



 楽しくお電話 はやて<<本>>
 1/0/4500/1(トリガーなし)
 【永】 記憶 相手のターン中、あなたの思い出置場にカードがあるなら、このカードのパワーを+1500。
 【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠に【レスト】して置く)


 
 このカードは賛否両論あると思います。
 まず後衛込み防御値が8000とかなり硬く、さらにアンコールも持っているので突破するのに難儀します。さらに助太刀まで持ってるとどうしようもありませんね。
 攻撃値の低さはCXでソウルを上げてサイドアタックをする、と割り切れば気にならないでしょう。
 その辺りを見るとものすごく強く見えるのですが、一方で欠点も存在します。

 はやての上位レベルの記憶と言えば一心同体!はやて&リインフォース別れの時間 はやての2種類がありますが、どちらも記憶条件は2枚です。そしてこの2枚はユニゾンイン!はやての早出しコストで補えます。
 つまりこのカードの記憶を発動するには別途でレベル0(多分“八神家”の主 はやて)を採用し、思い出に飛ばすコストを用意しなければなりません。
 加えてライバルカードの存在もあります。“八神家”はやてですね。
 防御値が-500に対して攻撃値が+1000と総合的なパワーで上回っていて、絆あり、早出しありで非常に小回りの効くカードです。こちらは後衛込み攻撃値が6500もあるので、どのCXでも満遍なく適正を発揮します。

 つまるところ、アンコールに1コストの価値を見出せるかということが焦点になるのではと思います。
 個人的に1コストあったら絆で手札増やせるなと考えてしまうので“八神家”はやて寄りの考えです。まぁこの辺りは好みの問題になるでしょう。



 ここからは駆け足気味に。


 別れの時間 はやては記憶2枚で9000になるカードです。上でも申した通り一心同体!はやて&リインフォースの早出しで自然に達成されてしまうので、一心同体!はやて&リインフォースが入るなら使うでしょう。
 そもそもレベル2のはやてと言えばなのは&フェイト&はやて(8000)と戦闘服 なのは&フェイト&はやて(8500)というパワーに不満のあるカードばかりだったので、まともなレベル2が増えたことに安堵しています。
 ただし早出しなしで記憶条件達成させるとなるとかなり苦労すると思うので、その際には考慮した方が良いでしょう。はやての中では珍しい魔法持ちですから、もしかしたらはやてデッキ以外にも出番があるかもしれません。


 探しもの はやては1コスト4枚集中持ちでキャラ1体に相手ターンまで+1000します。
 対象キャラを選べるのは便利なんですが、パンプ値が低くて悩みますね……。集中持ちならはやてデッキでも久しぶりの再会 フェイトは候補に入ると思います。こちらはソウルが上がりますからね。
 ただ風の癒し手シャマルの恩恵は受けられるので、レベル0アタッカーとしては探しもの はやての方が優秀です。この辺りも好みになるでしょうね。


 呪いからの解放 はやては普通の1/0助太刀です。
 そして青の1/0助太刀はブースターでは初めてです。プロモを含めると天邪鬼 ヴィータに続いて2枚目になります。
 このカードも魔法持ちなので探せば入るデッキには少なからずあるかもしれません。まぁ基本的には赤が優秀なので結界魔導士ユーノの方が優先度高いかもしれませんが。



 今回はここまでで。
 記事を書いてて面白いと思ったのが一心同体!はやて&リインフォースの評価がころころ変わることでした。
 ちなみに1段落目が初見の評価、2段落目が書いてる時の評価、3段落目がこの記事を書き終わる時の評価です。最初は弱いと思ってたんですけど、深く考えるとだんだん強く見えてくるんですよね。う~ん、不思議だ(笑)

 ちなみにストレートで強いカードよりも少しくらい欠点があった方が書くネタが多いので、記事書く側としてはそっちの方がありがたいのかもしれません。あとは比較できるカードとか。
 悪い子にはお仕置き はやてはほとんどメリットだけ書いて量が少なく、他のカードはデメリット書いたりして長くなってるのが分かると思います。まぁこれだけ書いて今更気付いたのかよという感じですが(笑)




 ※なお、攻撃値防御値はこのブログのみで使っている造語です。




 

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

2ndのヴィータをピックアップ

 2ndは次の記事で終わると思いますが、そうなるとネタ切れになりそうです。来週にはアニバスが来ますので、そっちでも良いかもしれませんが……。


 怒りの眼差し ヴィータ<<魔法>><<人形>>
 3/2/10000/2(トリガー+1)
 【永】 あなたの控え室のクライマックスが6枚以上なら、あなたの手札のこのカードのレベルを-1。
 【永】 このカードは相手のキャラの【自】の効果によって【リバース】されない。
 【自】[(1)] あなたのターン中、このカードのバトル相手が【リバース】した時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手の前列のレベル2以下のキャラを1枚選び、山札の上に置く。



 前にも紹介しました、レベル3ヴィータです。
 ヴィータネームでレベル3ということももちろん重要なのですが、効果も強力。ソウル2なのでダメージ調整がしやすく、早出し条件が控え室CXなので湖の騎士 シャマルである程度コントロールしやすいですね。
 また、相手リバース時の効果はレベル2以下ですが、紅の鉄騎 ヴィータでレベルを下げることによりレベル3も狩れるようになります。パワーは平凡ですが、このコンボと早出し性能による早出し狩りが主な役割になるでしょうか。

 ただしCIP回復はないですし、パワーも高くないのでヴィータデッキ以外で入ることはないでしょうね。そういう点で、ヴィータデッキ専用カードと言っても過言ではないと思います。



 もぐもぐ ヴィータ<<魔法>><<人形>>
 0/0/3500/1(トリガーなし)
 【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードが《魔法》のキャラでないならクロック置場に置く。(そうでないなら元に戻す)



 戦線への勧誘 ゆり桜並木のシャロの互換。ただしこれらと違ってレベル0の全体パンプが存在しないので、この2枚ほど使い勝手が良い訳ではないでしょう。
 とは言え、ヴィータでは初のレベル0パワー3000越えなので注目すべきカードだと思います。対象が『魔法』であるので湖の騎士 シャマルなどとのシナジーも噛み合いますね。

 ただ、既存のレベル0(特になのはVSヴィータ)との相性は悪いかもしれません。
 例えば自ターン中になのはVSヴィータが1枚あるとして、相手キャラを倒すなら戦闘教官ヴィータで相打ちを取るとパワーが4000になって2面突破できます。あるいはレティ・ロウランで相手の相打ちを倒しつつパワーを上げてやれば5000にもなります。
 パンプが期待できない3500……ということもあり、少々扱いづらいところもあるでしょう。もちろん3500というだけで優秀なのですが、デッキを考える際にはここら辺を考慮して組むのが良いと思います。ヴィータはレベル0だけで候補カードがたくさんありますからね。



 屋上の邂逅 ヴィータ<<魔法>><<人形>>
 1/0/5000/1(トリガーなし)
 【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時か「闇の書覚醒」の効果で舞台に置かれた時、そのターン中、このカードのパワーを+X。Xはあなたの《魔法》のキャラの枚数×500に等しい。



 これはかなり強いカードだと思います。というのもレベル1のヴィータと言えば最高パワーが5000(0コストなら4500)で、まともの戦えたもんじゃありませんでしたからね。
 このカードの何がすごいかって言うとヴィータデッキでフロントアタックが選択できるようになったのが重要でしょう。というのもヴィータデッキはパワーが低く相打ちが多いという性質上湖の騎士 シャマルかCXでソウルを上げてサイドアタックを通し、ダメージレースを有利に進めて行くというデッキになることが多いです。
 CXは手札が減りますし、湖の騎士 シャマルでソウルを上げられるのは2体なので、まともなキャラを3体並べられた場合はどこかで苦し紛れにチャンプアタックするしかなかったのです。屋上の邂逅 ヴィータはパワーが7500もあるので、1面突破するに十分な値でしょう。

 とは言え、注意すべきは『魔法』主体でないと効果を発揮できない点です。普段は意識しなくても良いのですが、例えば幻惑の使い手 クアットロや各種アリサとは相性が悪いですね。
 あと舞台のキャラに依存する関係上、複数体を出す場合にはパワーが下がります。7000でも十分なパワーだとは思いますが、3枚も並べるキャラでないことは確かです。構築の際にはこの辺りを意識した方が良いでしょう。



 初めての共闘 ヴィータ<<魔法>><<人形>>
 2/1/4500/1(トリガー+1)
 【自】 他のあなたのバトル中のキャラが【リバース】した時、あなたは自分のカード名に「ヴィータ」を含むキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。
 【起】[このカードを【レスト】する] あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+3000。



 中々面白いカードだと思います。
 いずれもパワー依存ですので一見パワーの低いヴィータと相性が悪いように見えますが……。上でもちらっと説明しましたけれども、なのはVSヴィータ戦闘教官ヴィータの例のように、リバース時パンプと相打ちは相性が良いんです(※ただし攻撃面に限る)。
 2枚揃えた状態で、例えば鉄槌の騎士ヴィータにレスト6000パンプを入れ、ヴィータ&ザフィーラで適当なカードと相打ちを取りつつ4000パンプが入ればパワー15000まで跳ね上がりレベル3も軽々と倒せるようになります。

 ただし優秀なレベル0の後列がいないのでレベル2までの後列に困るでしょう。流石にレベル1→レベル2の繋ぎは効率が悪いですね。
 しかしながら湖の騎士 シャマルが抜けると思うので、『魔法』で固める必要がなくなりはやてからの贈り物などが採用できるようになります。いっそのこと『リバース時のパンプ対象』しかネーム指定してないので、ヴィータで固める必要もないかもしれません。

 アンコール持ちでそこそこのパワーを持ったヴィータがいれば、めちゃくちゃ強かったのですが……。まぁそれも加味しての破格な能力でしょうから、叶わぬ願いという奴ですね。



 以下駆け足。


 悲壮な決意ヴィータはCXシナジーで全体に疑似アンコールを付けます。竜宮小町 亜美の互換ですね。
 まんま竜宮小町 亜美なら相打ち持ちが腐るほどあるヴィータなのでかなり強かったのですが、登場1コストに加えてCXシナジーでさらに1コスト。重すぎて実践級からは程遠いです。
 もしかしたら初めての共闘 ヴィータと相打ちと組み合わせれば使えるかもしれませんが……どうでしょうね。


 シュワルベフリーゲン ヴィータは加速でパワー3000になり、リバース時1コストで回収できます。……なんでしょうこれ。
 これを採用するなら素直に絆持ちで良いと思います。加速したところでほとんど何も倒せないですし、クロック絆と違ってクライマックスフェイズに入ってしまってるのでレベル上げも意味なし。これはどう見ても開発の設定ミスです。


 管理局員ヴィータはごく普通の3000カウンターです。
 2つ目の特徴があまり意味のない人形ですが、ネーム持ちなので助太刀としては優秀。古代史学者 ユーノも本を持っているとは言え、お役御免と言って良いでしょう。



 今回は以上です。
 思ったよりもカードが少なかったので最後は適当にお茶を濁した感じになってしまいましたが、実践級の追加カードは他のカードと比べても遜色ないと思います。





テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

2ndのなのはをピックアップ

 思い出型アンリエッタループで回復メタ対策を考えたんですが、神奈川の大会がないってどういうことなの……。東京に行くかは未定です。
 それにしても白限のトップメタは何になるんでしょうね。全く分かりませんが、生徒会とか魔法辺りになるんでしょうか。
 アンリエッタループと2ndとどっちが需要があるのか分かりませんが、とりあえず今回は2ndで。



 カートリッジシステム なのは<<魔法>><<武器>>
 1/0/4500/1(トリガーなし)
 【永】 他のあなたの《魔法》のキャラが3枚以上なら、このカードのパワーを+1000。
 【自】 加速 [あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く] あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのレベルを+1し、パワーを+3000。



 著者の中ではなのアリなら絶対に注目すべきカードだと思ってます。
 なのはにアリサでアンコールを付けて戦う、通称なのアリですが、アンコールを付けて戦うので1/1で戦う方が良いかと思えるかもしれません。しかし実際に使ってみるとフェレット形態ユーノで毎ターン1コスト使うのとL2で全力全開なのはを並べたい都合上、アリサ・バニングスでフォローしきれないほどストックがかつかつだったりします。
 かと言って1/0の最高パワーと言えば祝福するなのはの5500で、なのアリって正直に言ってしまうと天然少女シャロを並べられただけで詰みかねないデッキだったんです。上位でなのアリを見かけないのはこれが原因なんですよね。

 ここまで説明すればカートリッジシステム なのはがなぜ重要なのかはっきり分かったでしょう。コスト0でパワー8000が出る。これに尽きます。
 もちろん1クロック払うので安くはないコストですが、パワー不足に喘いでいたなのアリももう少しマシな戦いにできるでしょう。サブアタッカーが4500ですし、フェレットはリバース時させなきゃいけないのでパワーが出せるに越したことはないですからね。



 アクセルモード なのは<<魔法>><<武器>>
 1/1/5500/1(トリガーなし)
 【永】 記憶 あなたの思い出置場にカードがあるなら、このカードのレベルを+1し、パワーを+1000。
 【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時か『チェンジ』で舞台に置かれた時、そのターン中、このカードは次の能力を得る。『【自】 このカードのバトル相手が【リバース】した時、あなたはそのキャラを山札の上に置いてよい。』



 ソニックドライブ フェイトとの互換。こちらはアンコールと自ターンパンプの代わりにデッキトップ飛ばしと安定したパワーがついています。ちなみにチェンジ元新たなる力 フェイトと同様に登場時+1000と同レベルチェンジ。
 ぶっちゃけた話、登場時に発動する効果はさっさとバトルに負けてもらったら回収してもう1回出した方が強いので、踏みとどまるアンコール能力とは致命的に噛み合わせが悪いんですよね。それに加えて繰り返しになりますが、なのははL2でコスト2の全力全開なのはを並べなければいけない仕様上、1/1は採用できません。従って、なのアリで選択肢には挙がりません。

 じゃあこのカードが弱いかというとそうではないと思います。
 第一にフェイトの時にも述べましたが、チェンジ効果が非常に優秀です。コストは普通に登場させるのと同じなくせに1枚が思い出に飛ぶのでそのまま圧縮できます。まぁ枠が圧迫されるっていうのと控え室に落とす手段が……という点で欠点は持ってますが、それでも強い部類であることは間違いありません。
 第二にアンコール封じができる点です。『強い』と言われるデッキはイコールで安定性の高いデッキであり、そのほとんどはアンコールによって安定性を高めています。まぁパワーが中途半端なので実際にできるかどうかはさておき、能力としてはアンコールを封じることが可能ということです。
 第三になのはタイトルでは数少ないレベル上昇を持っています。相打ちされにくい他、サイドアタックが通りにくいというメリットを持っており、少し増えたレベルダウンとは違う強みになるでしょう。

 これらを総合しまして著者が使うならば、ずばりクアットロによる早出し狩りです。
 L1→L2チェンジがすごく不人気なので実用性があるかはさておき、例えばリライトなら"一緒に歩く道”ちはやが使われることが多々あります。さらに疑似アンコール付与の"散る桜の宿命”咲夜がセットで使われることも多いので、これを貫通して早出し狩りができるのはこのカードの強みになるでしょう。
 ついでに水着のちはやにも強いので、もしかしたらリライトにはものすごーく強いかもしれません(笑)

 このようにアクセルモード なのはは可能性のあるカードだと思います。……が、いかんせん1/1なのはという時点で需要が怪しいですし、使い方をよく考えないと使いこなすのは難しいでしょうね。



 突然の襲撃 なのは<<魔法>><<武器>>
 0/0/2000/1(トリガーなし)
 【自】[(1) 手札を1枚控え室に置き、このカードを思い出にする] バトル中のこのカードが【リバース】した時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の《魔法》のキャラを1枚選び、手札に戻す。



 久しぶりの再開 フェイトとは方向性は違うものの、多くのデッキに採用されるであろう汎用性の高いカードです。優秀な回収能力を持っています。
 ただし、なのアリにはフェレットがいるので高機能回収はあんまり需要ないんですよね。そういう意味でもフェイトと似たようなポジションにいると思います。

 あー、能力が簡潔(完結?w)なのでこれ以上は説明することがありませんが、例えばフェイトデッキには一考の余地があります。フェイトにはアンコール持ちがほとんどいないので安定性が上がる他、アルフが回収できる点がFの遺産を使った黄単との差別化ポイントになるでしょう。ただし回収の際にはストックを消費してしまうので、1/1の優秀なフェイト(とりわけソニックドライブ フェイト)が使いにくくなるのが欠点になります。そこは一長一短ですね。
 このように幅広い“魔法”が回収対象なので、魔法が入るデッキにはほとんど選択肢に挙がるでしょう。
 ちなみに著者はネオスタンで考える前に、速攻でアンリエッタループに入れることが決定しましたw



 伝えたい真実 なのは<<魔法>><<武器>>
 2/1/5000/1(トリガー+1)
 【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+X。Xはそのキャラのレベル×500に等しい。
 【起】[このカードを【レスト】する] あなたは自分の《魔法》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+500。



 レベル比例応援+レスト500パンプ。アミタリリの付き人 ファークリンの互換ですね。
 まず注目すべきなのは赤のレベル比例応援が出たということです。今までは青のシャマル&ザフィーラしかなかったのでデッキ構築の幅が広がったと思います。ただ、なのはタイトルは強力なL3がいないので、実際はそこまで重要性は高くないのですが……。
 もう1つは腐りにくい能力を持ったことです。シャマル&ザフィーラは2コストレストで回復能力を持っていますが、他の2コスト回復を入れてる方がほとんどいないように、2コスト回復はあまり需要がなかったりします。重過ぎて場面を選びますし、同じコストなら回復持ちL3を出せばいい話ですからね。その点、伝えたい真実 なのははノーコスト……つまり使う場面を選ばないですからね。使用頻度が全然違います。

 ただ、なのはタイトルにはもっと優秀な後列がいるので、使うかどうかは別問題ですけどね。



 あとは駆け足気味に。


 決意の眼差し なのははL3記憶込みパワー11000、登場時ストックブーストに被フロントでトップチェックです。この絶妙な微妙さ加減がなんとも……。
 パワーが低くフロント行ったら返り討ちにあうと思うのでダメレ考えるなら“揺るぎ無い意思”なのはが優秀、パワーを求めるのなら分け合う気持ち なのは&フェイトが優秀、ストック1ソウル2というソウル面で見ても“雷光”フェイトが優秀、というコレジャナイ感が半端ないです。上記でなのアリにアクセルモード なのは突然の襲撃 なのはをあまり薦めない理由はこれも含めます。
 相手ターンで効果発動するカードには自ターンパンプを付けろとあれほど(ry ……とは言え、前はパンプが全く付いていないことを考えるとマシになったのでしょうか。個人的にはCXシナジーで単体13000くらい行ってもバチは当たらないと思うのですが。



 エクセリオンモード なのはは2/2の記憶込み9500、CXシナジー2コストで3000パンプ+1点バーン。イマイチなカードpart2。
 まず記憶は魔法のキャラ2体な訳ですが、よく考えると手札2枚切ってる訳ですから同じ2枚思い出が必要な気まぐれな美希の方がよっぽど強いと思います。シナジーないことを考えても、パワーが勝ってる上に回復できる訳ですからねぇ。
 シナジー考えても重すぎて、盤面とるどころの話じゃないです。シナジーなしだと早出しL3に勝てないですしね。
 どう考えても完全武装 戦場ヶ原ひたぎか、ドジっ子探偵 シャロの方が強かったと思います。



 ウキウキなのははシナジーでアタック時に山札3枚めくって全部魔法なら回収っていう、意外とお子様 立夏の互換ですね。
 なのはのL0はクセが強いので、安定させるという意味では悪くないと思います。しかしなのははメインフェイズでの回収が苦手なのでデッキクラッシャーという役割をこなすのは厳しいでしょう。
 魔法のキャラに対象を絞っているので、それ以外のカードは極端に入れにくいと思います。例えば意地っ張りアリサであったりアリサ・バニングスであったりクアットロであったり……。構築する上ではこの辺りを注意しておきましょう。



 5月3日の朝、修正完了。夜に投稿したんですが、伝えたい真実 なのはを書いていた辺りから意識が朦朧としていて、書き終わったと同時に気力がなくなって投稿ボタンを押したらそのまま寝ました。起きて見直してみると予想通り書いてあることが支離滅裂(笑)
 なんでこんな無茶をやってるのかって言うと、著者は書きかけを放置しておくと書かないことに気付いたんですよね。まどマギやら制限やらの書きかけはあるのですが、全くやる気がないまま半年も放置してまして……。
 これではいかんと書くと決めたその日の内に書き上げることにしました。さすがに書く量が多い(この記事は4000文字ちょっと)と精根尽き果てるのでモチベと気力がある時じゃないと書けないですね。昔はこんなことを毎日やっていたのかと思うと、我ながら恐ろしい胆力だなと思いました^^;



テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

プロフィール

ビークル@ザマソー小説部

Author:ビークル@ザマソー小説部
 ようこそ!管理人のビークルです。
 このページはヴァイスシュヴァルツ好きによる、ヴァイスシュヴァルツの解説ページです。
 初心者、中級者、上級者。どんな方にでも楽しめるブログを目指したいと思います。
※コメントや掲示板への返信内容は、後日 記事になる場合があります。あらかじめご了承ください
※掲示板→http://beeclezamaso.blog136.fc2.com/blog-entry-372.html
※週一ペースで頑張り中

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。